海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > リヨン旧市街「ヴュー・リヨン」の歩き方 その2 ~...

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年3月16日

リヨン旧市街「ヴュー・リヨン」の歩き方 その2 ~トラブールとサンポール駅まで~


メール プリント もっと見る

リヨン旧市街「ヴュー・リヨン」の歩き方 その2 ~トラブールとサンポール駅まで~

リヨン旧市街「ヴュー・リヨン」の歩き方 の続き

19番地_トラブール.JPG

トラブールと中庭めぐり

松ぼっくりの館のすぐ左にある19番地のトラブールは、トロワ・マリー通りに抜けられます。出口のトロワ・マリー通りの名前は、5番地にある3人のマリア像が由来となっています。

番地は家の壁に表示があるので、それに注目しながら歩いてみてください。片方の通りが奇数、反対側が偶数になっています。

19番地には今年プラリーヌのブリオッシュで有名なショコラトリー&パティスリーの「プラリュ」がオープンしました。リヨン近郊のロアンヌ生まれで、ほかのお店のブリオッシュと比べると、プラリーヌがたっぷり入っていて、プラリーヌがでろでろに溶けださずきれいに生地になじんでいるのが特徴です。ちょっと高級なお店なので、値段が張りますが(1つ6.50ユーロ~)贈り物のお菓子にぴったりです。


28番地_トラブール.JPG

オリーブ屋さんの隣

松ぼっくりの館に戻り、この先左側にある28番地のオリーブオイル屋さん「Oliviers & co」まで歩きます。お店の右側の扉をすすむと、回路のある中庭があって、八角形の塔、螺旋階段などが見られます。


2番地_トラブール.JPG

次は、サンジャン通りをさらに進んで、右側にゲームセンターを過ぎると、1本木のある小さな広場に出ます。広場の片隅の2番地は、特に入りにくい度が高いのですが、ガイドブック(お店で買いました。日本語版もあります。)の指示に従い階段を上って中庭に出ると、屋根付きバルコニーと貝殻の装飾をほどこされた昔の井戸が見れます。その先の階段を下ると、レストランの裏道を通ってソーヌ川の通りに出ます。


クジラ通り_テラデリス.JPG

ソーヌ川に出たら右行き、また右に曲がると旧市街の中に戻れます。曲がる場所は、クジラ通り(Rue de la BALEINE/リュ ド ラ バレーヌ)の通り看板が目印です。

クジラ通り(バレーヌ通り)の突き当り右側に、おいしそうなアイスクリーム店「テラデリス 」があります。ここはリヨンで一番おいしい自家製アイスクリーム店!フレーバーの数が多くて目移りします。夏の街歩きはぜひここでアイスを買って食べ歩きしてみてください。BIOアイスも充実しています。

ギニョルのミニミュージアム.JPG

再びサンジャン通りを先に進むと、左にリヨンの伝統人形劇「ギニョル」のお土産屋さんがあります。お店前にギニョルがいるので、いっしょに写真を撮ってみましょう。ここはお土産屋さん&マリオネットのミニミュージアムになっています。名前の通り、ミニなのですが、入った時にディズニーランドみたいなミュージックが流れて面白かったです。ミュージアムの見学は、店の人に尋ねます。お店の男性定員さんは、関西に長年住んでいたそうで、日本語ペラペラです。

おすすめのお土産は、ここだけで売ってるギニョルのミニマリオネット人形です。イタリアのお土産店に売ってるピノッキオのギニョルバージョンで、紐を下に引っ張ると手足が上下します。カバンにもつけられる小さいサイズなので、お子さんや友達へのちょっとした旅行土産にぴったりです。


シャンジュ広場_道案内.JPG

お土産を買った後は、サンジャン通りの終わりシャンジュ広場に出ます。シャンジュはフランス語で両替を意味します。ここはルネッサンス期には商人たちに使われ、中世のころから定期市の際、両替商たちがお店をかまえた場所でした。

教会の向いにある角のお店は、メゾン・トマサン(Maison Thomassin)。ルネッサンスの直前時期に建てられた貴重な建築で、14世紀のファサードが見どころです。

メゾン・トマサンの一階には今年新しいお菓子屋さんがオープンしました。リヨン銘菓 のクッサン ド リヨン、プラリーヌ、ココン ド リヨンなどを販売しています。名物土産のクッサンドリヨンはvoisin(ヴォワザン)で買うとして、ここで味見をしてみたいのがココンドリヨン(Cocon de Lyon)。フランス語で"リヨンの繭"という意味で、絹織物産業で栄えたリヨンの繭玉の形をしたお菓子です。オレンジピールとキュラソーの効いたヘーゼルナッツのプラリネを、黄色いマジパンで包んでいます。1粒1ユーロくらいで買えます。

少し寄り道して、広場の近くにあるだまし絵を見てみましょう。突き当りを右に出ると見れます。(写真参照)

旧市街にある5つ星ホテルクール・デ・ロージュの中庭を描いただまし絵です。雨の日に撮ると、壁が水に濡れて色濃くきれいな写真が撮影できます。雨の日観光の特権です。

だまし絵_クール・デ・ロージュ.jpg


シャンジュ広場に戻って、道なりにまたまっすぐ路地を進みます。(レヌリー通り/rue Lainerie)

途中、左に長い階段が見えますが、そこを上っていくとフルヴィエールの丘の坂道に出られます。リヨンマラソンの時の難所にもなる階段、まだフルヴィエールの丘へ行ってない人はここから駆け上がっていくのもありです。階段からは、景色が見渡せます。

旧市街_長い階段.JPG


路地をすすむと、白い外壁のホテル「コレージュ」が右に見えてきます。

ホテル_コレージュ.JPG

壁によく注目すると、教室の椅子がたくさんくっついていて面白いデザインになっています。旧市街の便利な場所にあるデザインホテルで、「学校」がテーマになっています。朝食堂やサロンは昔のヨーロッパ映画に出てくる学校の教室のよう。客室は一面真っ白で、クール&モダンな内装になっています。周辺には学生が集まるバーやタルティーヌ(スライスパンに具材をのせて焼いた学生に人気)のお店があり、リーズナブルに食事ができます。


ローラン・ムルゲ_看板.JPG

ホテルの向いの2番地は、人形劇「ギニョル」の創始者であるローラン・ムルゲが住んでいて、ギニョルの公演を行っていた場所です。壁に"1795-1832 LAURENT MOURGUE ギニョルの創設者"の看板がついています。


道の終わりサンポール駅に着くと、12~13世紀に建てられた青いとんがり屋根のサンポール教会が見えます。リヨンで最も古い3つの教会のひとつで、教会の周りには、当時の古い建物が数多く残っています。

サンポール駅の屋根裏は、現在賃貸の部屋として使われていて、利用者に「カチカチ」がうるさくないよう、今年静かな時計が入れ替えられました。今はどんな方が利用しているんでるんでしょう。駅だから騒音があるのかな、駅の屋根裏なんてなんだか謎めいていて素敵です。

旧市街_サンポール駅.JPG

ここからもう一つの通りガダーニュ通りを通ってサンジャン広場に戻るか、坂道を上ってフルヴィエールの丘へ登るか、坂を下って橋の先のリヨン市庁舎やオペラの広場まで歩くことができます。

観光のはじめに紹介した水上バスは、サンポール駅からソーヌ川に出たところにある、左の橋のたもとにあります。階段近くに運行時間が書いてあります。もしまだ時間に余裕がある場合は、すぐ近くのだまし絵 めぐりをしてみるといいです。

水上バス_時刻表.JPG


ガダーニュ通りの散歩は次の記事につづきます。



にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

にほんブログ村ランキング

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年3月16日
« 前の記事「リヨン旧市街「ヴュー・リヨン」の歩き方」へ
»次の記事「リヨン旧市街「ヴュー・リヨン」の歩き方 その3 ~ガダーニュ通り~」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【3月のイベント】リヨンの国際見本市「フワール・ド・リヨン2017」
    三つ星シェフも使ってる!オリーブオイル専門店「ユイルリー・リシャール」
    リヨンのあっさり系ラーメンの美味しいお店『慈山(じざん)』Djizan
    【3月のイベント】暖かいスープでボランティア Soup'R bol(スーペルボル)

    フランス ツアー最安値


    2017/8/22更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集