海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > 【ローヌアルプ・ドローム県】オレンジ風味のブリオッ...

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月28日

【ローヌアルプ・ドローム県】オレンジ風味のブリオッシュ「ポーニュ」Pogne


メール プリント もっと見る

【ローヌアルプ・ドローム県】オレンジ風味のブリオッシュ「ポーニュ」Pogne

ローヌアルプ_名物_ポーニュ.JPG

フランスのオーヴェルニュ・ローヌアルプ地方の名物をご紹介します。

今回はドローム県のローマン・シュル・イゼール(Romans-sur-Isère)の菓子パン「ポーニュ/Pogne」です。


ポーニュって?

中世期に生まれたポーニュ、もともとはイースター日だけに作られていたそうですが、今では日常的に食べられています。

オレンジ風味の大きなドーナツ型をしたブリオッシュで、朝食やおやつにいただきます。ほんのり甘く、生地に練りこまれたオレンジフラワーウォーターがふんわりと香ります。日本人的にはしっとりしたのが好みで美味しいのですが、ポーニュは4~5日と長く保存できるせいか意外とパサッとした食感で売られている場合が多いです。フランス人はコーヒーに浸して食べたりします。

ドローム県のマルシェやブーランジェリーでは、必ず置いてる名物パン。リヨンのブーランジェリーではほとんど見ませんが、大型スーパー「カルフール」で売ってるので時々朝食用に買って食べています。

ローマン市では年に一度、ポーニュとラヴィオリ祭り(Fête de la pogne et de la raviole)が開催されます。2017年の今年は、6月3日・4日に行われます。


ポーニュ博物館のあるブーランジェリー「パスカリス」

ローヌアルプ_名物_ポーニュ (1).JPG

リヨンから南へ車で約1時間半、ブール・ド・ペアージュ(Bourg de Péage)にあるブーランジェリー「パスカリス」にやってきました。

ここは、ローマン市から川を挟んですぐ隣の町です。アパートや商店の並ぶ道路を走っていると、店前にポーニュの模型看板がどーんと飾ってあります。

パスカリスは、伝統的なポーニュを作っていて、ローマン市とタン・レルミタージュにもお店を出しています。ブール・ド・ペアージュにある本店では、店内でポーニュ博物館もやっています。

ローヌアルプ_名物_ポーニュ (5).JPG

ショーケースにはポーニュと、ローヌアルプ地方の名物でピンクのプラリーヌ を入れたSaint Genix(ブリオッシュ・サンジュニ)が並んでいます。(左)

間にあるcraqueline(クラクリーヌ)は、パスカリスのオリジナル商品。ポーニュの生地を伸ばしてクリームを塗り、砕いたプラリーヌをまぶしてあります。

ポーニュは1つのサイズが大きくて、ほかの菓子パンと比べると値段もやや高めです。

≪パスカリスのポーニュの値段≫

・4~5人分 500g(12ユーロ/1500円)

・6~8人分 750g(16ユーロ/2000円)

・10~12人分 1kg(20ユーロ/2500円)

ローヌアルプ_名物_ポーニュ (6).JPG ローヌアルプ_名物_ポーニュ (7).JPG

新商品の「ポーニュ・トロペジエンヌ」

こちらは1人分にちょうど良さそう。「トロペジエンヌ」は、南仏のサン・トロペの名物で、ブリオッシュの間にクリームを挟んだお菓子です。



ローヌアルプ_名物_ポーニュ (8).JPG

となりのローマン市は「靴の町」として有名です。

このお菓子の名前のエスカルパン(escarpins)はフランス語で"パンプス"を意味します。


ローヌアルプ_名物_ポーニュ (9).JPG

ドローム県ヴァランスの名物「スイス」

オレンジピールを練りこんだオレンジ風味のビスケット。頭に帽子をかぶり、口にヒゲ、目とボタンをつけた、スイス衛兵の軍服をイメージしています。

ドローム県の県庁所在地ヴァランス市に行くと、パティスリーやブーランジェリーに必ず並んでいます。

ローヌアルプ_名物_ポーニュ (12).JPG

小さいサイズもあります。1つ3ユーロ(370円)


博物館の見学は20名以上のグループのみ

ローヌアルプ_名物_ポーニュ (13).JPG

見学は要予約で、予約ができるのが20名以上のグループのみでした。ガーン。

【ポーニュ博物館】

Musée de la Pogne

料金 2.50€(1人)
所要時間 30~45分(ビデオ、製造見学、試食ができます。)
予約時間 火曜~土曜の8h30 - 18h00(製造見学ができる10時30分頃がおすすめ。)
電話番号 04 75 02 08 46

ポーニュ博物館の見学はできなかったので、代わりに店内スクリーンで流れていたポーニュとサンジュニができるまでの動画をご覧ください。

博物館の様子もちらりと映っています。


ポーニュの感想

ポーニュ_感想 (1).JPG ポーニュ_感想 (2).JPG ポーニュ_感想 (3).JPG

片手より両手で持つサイズ。4~5人分500gのポーニュを買いました。

1/8にカットして、いただきます。

しっとりと思いきや、イメージしていたよりパサッとしてます。そのまま食べるよりも、コーヒーや紅茶といっしょがのどに詰まらなくていいですね。

オレンジの風味がたっぷり口の中に広がります。オレンジフラワーウォーターの風味は男性は特に好みがわかれますが、個人的にはとてもおいしいと思いました。

サイズが大きめですが、日持ちするので、旅行中の朝食に1つ買ってみてはいかがでしょうか。


ローヌアルプ_名物_ポーニュ (3).JPG

【パスカリス】

Pascalis

ブール・ド・ペアージュ店

所在地 86 rue Jean Jaurès 26300 Bourg de Péage

営業時間 7h00- 12h30、14h30-19h00(金・土:7h- 19h、日 : 7h30-12h45)

定休日 月曜日

ローマン・シュル・イゼール店(1 Avenue Victor Hugo, 26100 Romans-sur-Isère)

タン・レルミタージュ店(1 Rue Bergier, 26600 Tain-l'Hermitage)

www.pascalis.com

www.facebook.com/jeancharlespascalis



にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

にほんブログ村ランキング

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2017年5月28日
« 前の記事「【暮らすように旅】夏のリヨンの週末は、ミリベル公園でミニBBQを楽しもう!」へ
»次の記事「【ローヌアルプ・ドローム県】『靴の町』ロマン・シュル・イゼールの観光」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【ブション】リヨン名物料理『クネル』を食べるなら、太陽のカフェ「カフェ・デュ・ソレイユ」 -リヨン5区
    リヨンの美味しいラーメン屋さん「慈山(じざん)」へ再び
    仏・アルザス料理『フラムキューシュ』を市販の専用生地で作ってみた

    フランス ツアー最安値


    2017/8/21更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集