海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > 【ローヌアルプ・ドローム県】『靴の町』ロマン・シュ...

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月29日

【ローヌアルプ・ドローム県】『靴の町』ロマン・シュル・イゼールの観光


メール プリント もっと見る

【ローヌアルプ・ドローム県】『靴の町』ロマン・シュル・イゼールの観光

ローヌアルプ_ローマン・シュル・イゼール (9).JPG

5月の連休にレンタカーに乗って、プロヴァンス地方とローヌアルプ地方をドライブしました。

イゼール県のポン・トン・ロワイアンの吊り家の風景を見に行く途中、ドローム県の『靴の町』として知られるロマン・シュル・イゼール(Romans-sur-Isèreに寄り道しました。

観光情報は、こちらに住んでいる日本人のロマン市について紹介する『ようこそドローム 』というサイトが参考になります。

リヨンからロマン市までは、リヨン・パールデュー駅からヴァランスTGV駅まで電車で行き、そこからバスに乗る方法があります。でも便利ではないので、アクセスは車がおすすめです。

ローヌアルプ_ローマン・シュル・イゼール (3).JPG

観光案内所の近くにあった無料駐車場に車を止めて、1時間ほどぶらり街歩きしました。

まずは情報収集のためにロマン市の観光案内所へ。無料の町の地図とショッピングや博物館のリストをもらいました。近くにはショッピングセンターとスーパーがあります。

ローヌアルプ_ローマン・シュル・イゼール (4).JPG

【ロマン・シュル・イゼール観光案内所】

Office de Tourisme de Romans sur Isère

所在地 62 Avenue Gambetta, 26100 Romans-sur-Isère
営業時間 9h30 - 12h30、13h30 - 18h00
定休日 日曜・祝日

www.valence-romans-tourisme.com

ローヌアルプ_ローマン・シュル・イゼール (5).JPG

案内所にあった町のシンボルのジャクマール塔(La tour Jacquemart) 。

ジャクマールは、塔の上の鐘をハンマーで打つ、木製の人形の名前だそうです。

観光案内所から、並木道を抜けて大通りに出ると、とんがり屋根が見えてきます。


ロマン市の名物は、オレンジ風味のブリオッシュ「ポーニュ」

ローヌアルプ_ローマン・シュル・イゼール (7).JPG

大通りには、ロマン市の名物 Pogne(ポーニュ) の専門店「パスカリス」があります。

ポーニュはドーナツ型をしたオレンジ風味の大きなブリオッシュで、朝食やお茶の菓子にいただきます。

今回寄り道したのはこれがお目当てで、ポーニュ博物館もあるとなり町のブール・ド・ペアージュ(Bourg-de-Péage)店のパスカリスで、お土産に1個買いました。帰って食べるのが楽しみです。

専門店以外にも、ドローム県のパン屋さんのショーウィンドーにはかならず並んでいるパンです。

ローヌアルプ_ローマン・シュル・イゼール (6).JPG

パン屋さんのだまし絵

ドローム県の名物菓子パン「ポーニュ」や「スイスくん」が描かれています。


町の中心地「シャルル・ド・ゴール広場」

ローヌアルプ_ローマン・シュル・イゼール (10).JPG

ジャクマール塔が目印のシャルル・ド・ゴール広場につきました。

レストランやカフェに囲まれて、町の憩いの場といった感じの雰囲気です。


ジャクマール塔の鐘をつく男

ローヌアルプ_ローマン・シュル・イゼール (11).JPG

上を見あげると、先端にジャクマール君が立ってました。

ローヌアルプ_ローマン・シュル・イゼール (14).JPG ローヌアルプ_ローマン・シュル・イゼール (15).JPG




歩行者通り「コテ・ジャクマール」

ローヌアルプ_ローマン・シュル・イゼール (13).JPG

塔の向かいにある小さな商店街の通り。

緩やかな坂道の細い通りには、靴屋さん、服屋さんが並んでました。

時間帯のせいか、不景気なのか、あいにく閉まっているお店が多かったです。

ローヌアルプ_ローマン・シュル・イゼール (18).JPG

靴の町のロマン市だから靴屋さん情報が知りたい。

観光案内局のサイトで、Robert Clergerie (ロベール クレジュリー)、Made in romans(メイド イン ロマン)など、クリエーターの靴屋 リストが紹介してあります。

ローヌアルプ_ローマン・シュル・イゼール (19).JPG

坂道を突き当りまでまっすぐ歩いていくと、イゼール川に出ます。


イゼール川にかかる「ヴュー橋」
ローヌアルプ_ローマン・シュル・イゼール (21).JPG

写真はロマン市側から撮ったヴュー橋。

橋のすぐ近くには、サン・ベルナール教会(Collégiale Saint-Barnard)があって、対岸のブール・ド・ペアージュ側から撮影するこの二つの建物を入れた風景が、街のイメージ写真によく使われています。

Bourg de Péage友好都市.jpg

画像:Ville de Bourg de Péage より

ちなみに隣町のブール・ド・ペアージュは、群馬県富岡市と友好都市(平成27年11月4日)になっています。

19世紀後半に、ブール・ド・ペアージュ市出身の生糸検査人であったポール・ブリュナ氏が、明治政府により富岡製糸場の設立指導者に抜擢され、1872年にフランスの技術を導入して、富岡製糸場が完成。その縁から、両市は交流を重ねてきたそうです。町には友好都市の記念碑が設置されています。

ローヌアルプ_ローマン・シュル・イゼール (20).JPG

川沿いをぶらり歩いて、博物館を通りつつ、駐車場に戻ります。


ロマン市の「靴の国際博物館」

ローヌアルプ_ローマン・シュル・イゼール (25).JPG

ロマン市は古くから高級靴の生産が盛んな町で、観光スポットの一つに靴の博物館があります。

もともと皮なめし業が盛んであったことから、中世に靴の同業者組合が発達しました。1830年以降はロマン出身のフランソワ=バルテルミー・ギヨームが木底に打ち付けた靴を発明したことがきかっけとなり、町全体が靴産業で興隆し、20世紀初頭には約3000人が靴製造に従事するまでとなりました。二つの大戦や戦後の原材料の高騰、外国製品の流入などで靴産業は疲弊しましたが、危機を乗り越えた老舗ブランドや製造アトリエが、フランス高級靴の伝統を守り続けています。最近は若手デザイナーの店舗が増えて活気づいています。

博物館では、数々の美しいピンヒールシューズや高級ブーツなどが展示されています。中には三銃士がはいていたブーツなど貴重なコレクションもあり、靴の歴史を学ぶことができます。7・8月をのぞく、毎月の第一日曜日は入館無料です。

ローヌアルプ_ローマン・シュル・イゼール (26).JPG

【靴博物館】

Le musée de la chaussure - Romans-sur-Isère

所在地 rue bistour - 26100 Romans-sur-Isère

営業時間 10h ‐ 18h(日曜・祝日14h30 ‐ 17h)

※10/1~4/30までは10h - 17h。

入館料 6€(18歳以下無料)

定休日 月曜日、1/1, 4/17, 5/1, 5/8, 6/5, 11/1, 12/25, 冬休み期間の15日間(2017年)

www.facebook.com/museedelachaussure

最後にロマン市の紹介動画をご覧ください。



にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

にほんブログ村ランキング

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年5月29日
« 前の記事「【ローヌアルプ・ドローム県】オレンジ風味のブリオッシュ「ポーニュ」Pogne」へ
»次の記事「【ローヌアルプ・イゼール県】ポン・トン・ロワイアンの『宙吊りの家』」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【ブション】リヨン名物料理『クネル』を食べるなら、太陽のカフェ「カフェ・デュ・ソレイユ」 -リヨン5区
    リヨンの美味しいラーメン屋さん「慈山(じざん)」へ再び
    仏・アルザス料理『フラムキューシュ』を市販の専用生地で作ってみた

    フランス ツアー最安値


    2017/8/23更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集