海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > リヨン名物菓子パン「ブリオッシュ・プラリーヌ」のレ...

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月 4日

リヨン名物菓子パン「ブリオッシュ・プラリーヌ」のレシピ ~プラリュリーヌ風~


メール プリント もっと見る

リヨン名物菓子パン「ブリオッシュ・プラリーヌ」のレシピ ~プラリュリーヌ風~

プラリュリーヌ.JPG

リヨンの名物菓子パン、プラリーヌを混ぜ込んだブリオッシュを作ってみました。

今回は Pralus (プラリュ)というお店のPraluline(プラリュリーヌ)風のレシピをご紹介します。


ブリオッシュ・プラリーヌとは

プラリーヌというアーモンドを赤やピンクで色付けした砂糖でコーティングしたお菓子です。

これを砕いて、ブリオッシュ生地にたっぷり入れて焼いたのが「ブリオッシュ・プラリーヌ」です。


いろんなレシピ

ブリオッシュプラリーヌは、スイスとの国境に接するサヴォワ地方で作られているBrioche St. Genix(ブリオッシュ・サン・ジュニ)がリヨンの街で広まったのが始まりだそうで、リヨン近郊のロアンヌ市のパティスリー「プラリュ」のスペシャリテとしても有名です。

名物_プラリーヌ (2).JPG

ブリオッシュ・サンジュニの老舗であるパティスリー「ガトー・ラビュリー」の方は、オレンジフラワーウオーターで香り付けしたブリオッシュ生地に、丸いプラリーヌがそのまま包まれています。(※写真はブリオッシュ・サンジュニですが、「ガトー・ラビュリー」のものではありません。)

プラリュリーヌ_中身.JPG

パティスリー「プラリュ」の方は、パンとケーキの間のような生地に、砕いたプラリーヌがまんべんなく生地に練りこまれていてるのが特徴的です。

名物_ブーランジェリー_プラリーヌ_ブリオッシュ・オ・プラリーヌ_ペルードン.JPG

リヨンの街中でよく見るのは、この二つの中間といった感じで、ふっくらブリオッシュ生地に砕いたプラリーヌが包まれています。


プラリーヌを買う

voisin_プラリーヌ (1).JPG

プラリーヌはスーパーで1袋500g入り5.60(730円)くらいで買えます。

砕く手間が省けるので、砕いてあるものを購入するのがおすすめです。

丸いプラリーヌはそのまま食べるには歯が欠けそうなほど固いので、そのままお菓子として食べたい方はパティスリーで作っている小粒のプラリーヌがおすすめです。

リヨンの老舗ショコラトリーvoisin (ヴォワザン)で買うと1袋13€(1700円)です。


今回は、プラリュのオリジナル商品「プラリュリーヌ」風のレシピで作ります。

少し驚いたのが、強力粉ではなく薄力粉で作ることと、水や牛乳が一切入らないということです。バター1個まるまる使います。

それではレシピをご紹介します。

≪Praluline(プラリュリーヌ)風≫

Brioche aux pralines roses comme une Praluline®

プラリュ_レシピ (9).JPG

材料

薄力粉 500 g (フランスで作る場合は type 45を使う。)

バター 300 g

卵 5個

塩 10 g

砂糖 50 g

ドライイースト 20 g

砕いたプラリーヌ 250 g

※大きいの4つくらいできたので、日本人サイズにはこの半量で作るのがおすすめです。

プラリュ_レシピ (3).JPG
当たり所が悪かったのか、プラリーヌを買ったばかりの木の麺棒で叩いたら少し凹みができました。なんて固いんだ!次回は砕いてある方を買うことにします。

作り方

1、プラリーヌ以外の材料を混ぜて、生地を15〜20分練る。

2、軽くまとめて容器に入れ、ラップをふんわりかけて60分一次発酵。

3、ガス抜きして、容器に入れて冷蔵庫で一晩寝かせる。

4、翌朝生地を伸ばして、砕いたプラリーヌを包んで伸ばして練り込む。

5、分割してベンチタイム。(生地が冷えてるので1時間以上置いてやっと膨らんできた。)

6、ガス抜きして、きれいに成形。(これをする事で、生地の中の空気の穴がきめ細かくなり、やらないと大きな空洞ができて、パンがパサつきやすくなってしまうそうです。)

7、170℃のオーブンで20分。(焼きたりないようなら160℃に下げて、プラス5〜10分。)

プラリーヌの練りこみ方

伸ばした生地の真ん中に、砕いたプラリーヌを入れて包みます。

包んだら軽く上から抑え、麺棒で伸ばします。伸ばしてたたみ、また伸ばしてたたむを4~5回繰り返して、最後は丸めて完成。



外はサクッと、中はふんわりしっとり。

大成功でした。翌日にはパサッとしてしまうので、一度にたくさん作るのには向いてないと思います。

見た目がかわいかったので、サンジュニ風にごろごろのプラリーヌを上にのせて焼いてみましたが、とても食べづらかったです。パティスリーの食べやすい小粒プラリーヌでなければ、砕いて使った方が食べやすいと思います。

最後に、プラリュのプラリュリーヌについての番組です。

後半にシェフが生地を練るところがあるので、ぜひ見てみてください。



にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

にほんブログ村ランキング

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年7月 4日
« 前の記事「リヨンの8月イベント・行事・祝祭日」へ
»次の記事「7月のリヨン街歩き」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【リヨンでポケモンGO】ローヌ河でみずタイプのポケモンをゲットする
    フランス語版ジブリDVDをお土産に
    【ヴァンデ県観光】お土産は『ブリオッシュ・ヴァンデエンヌ』!ふわふわ、しっとりバターの香り♪
    リヨンからエヴィアンへ 「Evian」汲みに現地へ行ってきた その1
    【リヨンでポケモンGO】サービス開始!フランス版ポケモンゴーのアプリを使ってみた
    【ユーロ2016】ポルトガル×フランス決勝戦 フランス・リヨンの様子
    リヨン留学「必要な持ち物チェックリスト」

    フランス ツアー最安値


    2017/8/23更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集