海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > モルディブ/マーレ特派員ブログ

リゾートにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

モルディブ/マーレ特派員ブログ Yasuna

モルディブ・マーレ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

よくモルディブのベストシーズンはいつ??という質問をいただきますが・・・

それはまさに今!!です。

地球温暖化の影響やなんだかんだで、乾季・雨季の境目やお天気もいまいちはっきりしなくなってきているモルディブ。
それでもこの3月は間違いなく乾季でベストシーズン。

乾季といっても雨が降る時もあります。
ただ雨季と比べると晴れ間が多く、海もかなり穏やかです。
そしていつもに増して暑い!です。

P_20170310_144931.jpg

現地の人にとっても、晴れた日は海日和。
家族や友人達と海へ繰り出します。
天気がいい日の海の色は格別!

このように比較的穏やかな海が続くのは5月中旬ごろまで。
5月~6月は海が荒れやすくなります。
いわゆる季節の変わり目で、7月以降は雨季に入ります。

P_20170310_144451.jpgダイビングは雨でも海が多少荒れていても、海の中に入ってしまえば影響はないそうです。
でもやっぱり!
せっかくなら晴れの日がいいですよね。

海が穏やかだと海面が水たまりのように。
初心者でもシュノーケルが安心してできます。
だたしモルディブは急に流れが速くなる場所や深くなる部分があるので、泳ぎが得意な方もライフジャケット着用は必須ですよ!

現地より最近のモルディブお天気レポートをお届けしました!



2017年3月23日

モルディブは魚料理がメイン。
レストランのメニューもどこも同じで、食事の楽しみはいまいち・・・。
というのは否めませんが、モルディブ在住外国人にも人気が高い美味しいハンバーガーが食べられるお店があるんです!
今日はそんな美味しくて且つお洒落なローカルレストランをご紹介します。

それはこちら!
JAZZ CAFE(ジャズカフェ)

jazz cafe02.jpg

無機質な雰囲気のお店や建物が多いなか、木がふんだんに使われている店構えは目をひきます。
お洒落で入りやすい雰囲気から、現地の若い女性達もひいきにしているお店です。
店名どおり、JAZZが流れています。

jazz cafe03.jpg

広々とした居心地のいい店内。
お勧めは2階席。
残念ながらビーチは見えませんが、明るくていい風が吹いてきます。

jazz cafe04.jpg多彩なお食事メニューで充実。
ビーフバーガーと一緒にフレッシュジュースもお勧めです。

JAZZ CAFEの場所はこちら。
観光エリアからは少し外れますが、徒歩で気軽に行くことができます。



JAZZ CAFE
営業時間:08:00-00:00(金曜、ラマダン期間を除く毎日)
     14:00-00:00(金曜)
※ラマダン期間は夕方からの営業になります(予約必須)。
Wi-fiなし(2017年3月現在)



2017年3月 9日

今回は、愛煙者にとって気になる現地のたばこ事情をご紹介します。

日本では分煙が進み、いまや禁煙の飲食店や施設も増え、たばこの値段も年々上昇するなど、喫煙者の方は肩身の狭い思いをされているのではないでしょうか。

とは言いながら、空港の内外にある喫煙スペースはどこの国も満員状態。
辞めたいけど辞められない…といったところでしょうか。


1.たばこの持込みについて

他の国と同様、200本(1カートン)までは免税で持ち込めるとのことです。
モルディブはイスラム教のため、アルコール類の持込みは禁止。豚肉製品もNGです。
他にもいろいろと制限があるため、あれ?たばこは大丈夫だったっけ・・・??と思う方が多いようです。

2.現地のたばこの値段・調達方法
モルディブ製の紙たばこはありません。すべて輸入品です。
日本でもお馴染みの銘柄が多いです。

P_20170221_175028.jpg

お値段は一箱380円程度。
現地独特の買い方としては、箱外ではなく、本数買い。
1箱20本入りなので、1本あたり19円程度。
日本では商品を開けて中身をバラバラに売る、…なんて考えられないですが、南アジアでは結構普通のスタイルです。

日本でいう個人商店がところどころにあるのですが、その中のたばこ販売ライセンスを保持するお店で購入することができます。
個人商店の80%ほどで販売されているという印象です。



3.注意する点
驚くことなかれ、ここモルディブでも分煙が進んでいます。
ローカルカフェやレストランの壁には、こんな表示が。
smoking.jpg


ここは禁煙エリア。
違法者には30ドルの罰金、といった警告です。
…これを守っている人は見たことがありませんが、実際に警察は取り締まっているという話もありますのでお気を付けください。

国も変わればそれぞれの、たばこ事情。
モルディブ人でIQOSを利用している人はまだ見たことがありませんが、外国人観光客の中には利用している方を時々見かけます。

たばこの煙は吸わない人にとっては公害そのもの。
喫煙者の方は、どこの国でも大人のマナーを守ってたばこを楽しみたいですね。






2017年2月22日
2017年2月13日
2017年2月 8日
2017年1月25日
2017年1月12日
⇒すべての記事を見る

モルディブ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モルディブの旅行記・口コミ「旅スケ」へ