海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > マーレ特派員ブログ > インド洋に浮かぶ南の島 モルディブからはじめまして...

モルディブ/マーレ特派員ブログ Yasuna

モルディブ・マーレ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年4月12日

インド洋に浮かぶ南の島 モルディブからはじめまして!


メール プリント もっと見る

インド洋に浮かぶ南の島 モルディブからはじめまして!

「地球の歩き方」モルディブの特派員ブログを担当することになりました、Yasunaです。
モルディブとの出会いは2012年。青年海外協力隊の日本語教師として派遣されました。
2年半の任期中、モルディブのまだまだ知られていない魅力とビジネスにおける可能性を感じ、
2015年に単身戻って来ました。


モルディブといえば、世界有数のリゾート地。一生に一度は行ってみたい!南の島。
目の覚めるような眩しく美しい海と、その海に浮かぶ水上コテージ。
一島1リゾートがモルディブリゾートの特徴です。


1-01.jpg


1-02.JPG


旅行会社のパンフレットの印象が強すぎて、モルディブにもリゾート以外の場所があることを
知らないという方もいらっしゃるかと思います(かくいう私もそうでした。)
モルディブは1190の島々から成り、内リゾートは120島ほど、住民島は200島ほどあります。
ちなみに私が協力隊時代に配属された島は、首都のマレ島。歩いて一周2時間ほどの大きさ。
モルディブの経済・政治の中心地で、モルディブの人口(約35万人)の3分の1ほどが集中していると言われています。


1-03.jpg


1-04.jpg


モルディブの国教はイスラム教。モスクが島内に多く見られます。


1-05.jpg


国際空港もひとつの島、首都もひとつの島で橋はないため、移動するには船に乗る必要があります。
首都マレへは国際空港から10分おきに定期船が出ています。マレまでの所要時間は約10分。
片道10ルフィア(1US$=15.42MVR)。


1-06.JPG


マレにはいくつかの観光ポイントがあり、マレ市民の台所、ローカルマーケットが最大の見どころ。
日本では見られない野菜や果物、とびきり新鮮なマグロやカツオが並びます。


他にもローカルの人が通う食堂から外国人向けのカフェまで意外に多くのお店があり、島歩きを楽しめます。
車とバイクには十分注意して、基本的にドラクエ歩き(縦一列)で!日差しも強く暑いため、水分補給をお忘れなく!


これから首都マレはもちろん、外国人観光客でも気軽に訪問できる住民島について、ガイドブックには載っていない
ディープでコアなモルディブ情報を中心にお届けしていきたいと思います。


お楽しみに!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 見所・観光・定番スポット
2016年4月12日
»次の記事「未知なるモルディブ料理 欠かせない食材は日本人も大好きなアレ!」 へ
おすすめ記事
    マーレ特派員 新着記事
    空き時間にお勧め!日本語ガイドと行く首都マレ半日観光
    現地から最近のモルディブ天気情報をお届け
    手作り感満載のハンバーガーが食べられるカフェ
    モルディブのたばこ事情
    バレンタインだから?スーパーマーケットの様子
    首都マーレからのお勧めショートトリップ "ビリンギリ島"
    フライトまでの時間を有効に使う!お勧めオプショナルツアーのご紹介【その2】
    安くモルディブに滞在する方法を大解剖 LCCとローカル島

    アジア 航空券情報


    モルディブ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モルディブの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マーレ特派員

      マーレ特派員
      Yasuna
      青年海外協力隊で派遣されたモルディブ。任期後、モルディブの知られざる魅力を多くの人に伝えたいとの思いから再び単身モルディブへ。モルディブ産製品創出とサポートを目的としたKOKONOWAブランドを島民と共に立ち上げる。モルディブ現地旅行会社S&Y Tours and Travelも開始。憧れのモルディブにお得に滞在できる方法をブログで発信中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集