海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > マーレ特派員ブログ > 魚料理 【モルディブ編】

モルディブ/マーレ特派員ブログ Yasuna

モルディブ・マーレ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年5月 5日

魚料理 【モルディブ編】


メール プリント もっと見る

魚料理 【モルディブ編】

【魚の消費量世界ランキング】なるものをご存じですか??


魚介類の一人あたりの1日の消費量が世界で最も多い国はモルディブとのこと!

昔から漁業が盛んで、さらには食肉を食べる流通ルートが少ないためとの理由があるそうです。

漁業が盛んなローカル島の港には漁船が多く停泊し、漁から戻ってきた漁師達によって魚が売られます。

その魚は新鮮そのもの!


P_20160112_152340.jpg



家庭では新鮮な魚をモルディブ風に調理して食べることが多いのですが、魚の消費量世界ランキング1位なる地位を確立しているもう1つの理由が、魚介類の保存技術が発達していること。

その代表格が日本人にとってはお馴染みの【かつお節】なんです!


今回はそんな【モルディブ式かつお節】をご紹介します。


行って来ました!

かつお節製造が盛んな、とあるローカル島。

首都マレからローカル船で片道実に10時間!

かつおが多く獲れるエリアだそうです。


本邦初公開!

モルディブかつお節の作り方。


まずは水揚げされたばかりのカツオをさばきます。

P_20160109_212547.jpg

釜ゆでします。

P_20160109_215402.jpg


燻します。

P_20160112_094547.jpg


そして天日干し。

水分がなくなるまで、じっくり日をかけて乾燥させます。

モルディブではカレーの出汁や、日本でいう佃煮のようなものを作る際によく使われます。

P_20160110_091140.jpg


カツオをさばいた際に出た骨や皮、残った身などは、グツグツとひたすら煮込みます。

P_20160202_083351.jpg


そうすると。。。魚エキスの出来上がり!

塩は加えられず魚の旨みがギュッ!と凝縮された、日本のしょうゆのような調味料のできあがりです。

現地の料理にちょっと味のパンチが欲しい時、よく添えられます。

P_20160202_084328.jpg


そして漁業が盛んなローカル島ならでは、カツオの子&レバーカレー。

さばきたての新鮮な卵と内臓でしか作ることができません。

見た目はちょっと...な珍味料理ですが、本当に絶品!

これを食べるためだけに、片道10時間かけてもまた行きたい!と思わせる美味しさです。

P_20160111_101626.jpg



ご多分に漏れず、モルディブのかつお節はお土産の定番。

ローカルマーケットやスーパーで気軽に買うことができます。



モルディブへいらっしゃる際には是非ご賞味ください!



(5月お題"魚料理")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2016年5月 5日
« 前の記事「モルディブへの個人旅行ってできるの? 【移動編】 」へ
»次の記事「国際空港だって1つの小さな島!モルディブと世界をつなぐ空の玄関口【到着編】」 へ
おすすめ記事
    マーレ特派員 新着記事
    空き時間にお勧め!日本語ガイドと行く首都マレ半日観光
    現地から最近のモルディブ天気情報をお届け
    手作り感満載のハンバーガーが食べられるカフェ
    モルディブのたばこ事情
    バレンタインだから?スーパーマーケットの様子
    首都マーレからのお勧めショートトリップ "ビリンギリ島"
    フライトまでの時間を有効に使う!お勧めオプショナルツアーのご紹介【その2】
    安くモルディブに滞在する方法を大解剖 LCCとローカル島

    アジア 航空券情報


    モルディブ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モルディブの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マーレ特派員

      マーレ特派員
      Yasuna
      青年海外協力隊で派遣されたモルディブ。任期後、モルディブの知られざる魅力を多くの人に伝えたいとの思いから再び単身モルディブへ。モルディブ産製品創出とサポートを目的としたKOKONOWAブランドを島民と共に立ち上げる。モルディブ現地旅行会社S&Y Tours and Travelも開始。憧れのモルディブにお得に滞在できる方法をブログで発信中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集