海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > マーレ特派員ブログ > 新しい滞在スタイル!ローカル島でモルディブを堪能す...

モルディブ/マーレ特派員ブログ Yasuna

モルディブ・マーレ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年6月 6日

新しい滞在スタイル!ローカル島でモルディブを堪能する方法


メール プリント もっと見る

新しい滞在スタイル!ローカル島でモルディブを堪能する方法

モルディブのローカル島に行ってきました!

今回訪れたのはマレ国際空港からほど近い首都マレから、スピードボートで乗換えを入れて約1時間。
南マレ環礁に浮かぶ小さな小さなローカル島、グラドゥ

到着するとこんな絶景が待っていました!

グラドゥ2-3.jpg


まさに大自然のプール。
吸い込まれるような透明感と青のグラデーションが眩しい!

グラドゥ2-2.jpg

グラドゥは歩いて一周20~25分ほどの小さな島。
のどかな雰囲気で、ローカル感たっぷり。
外国人観光客を迎え入れる体制が整いながらも、昔ながらのシンプルな島の暮らしを垣間見ることができるローカル島です。


グラドゥ島03.jpg

グラドゥ2-1.JPG
モルディブと言えば海!島の子供たちにとっては格好の遊び場!
島の子供達と交流できるのも、ローカル島滞在ならでは。
島民03.JPG
ビーチでのんびりまどろむもよし、そしてもちろんダイビングやシュノーケルなどマリンアクティビティも楽しくことができます!
季節によってはマンタやジンベイザメとの遭遇も期待できる、グラドゥの海。
シュノーケル2-1.JPG
グラドゥでのお食事はモルディブ料理がメイン!
モルディブの主食はもちろん魚!しかも日本人が大好きなマグロやカツオが多く使われます。
とってもヘルシーでシンプルな味付け。
日本人好みです。

食事02.jpg
ローカル島での宿泊先はゲストハウスと呼ばれる、日本でいう民宿のようなスタイル。
部屋数は少なくこじんまりとして、スタッフや他のゲストとも距離が近いアットホームな雰囲気が主流。
最近はラグジュアリークラスのゲストハウスも誕生しています。
ゲストハウス.jpg
グラドゥには海遊びの多彩なアクティビティも。

モルディブ式の魚釣り、モルディブBBQ、無人島ピクニック、サンドバンクピクニック、ドルフィンウォッチング、リゾートの日帰り滞在まで盛りだくさん。

12449523_10156329267715265_2029919134_o 31.jpg
一人旅でも気ままに滞在できるのは、ローカル島滞在の魅力のひとつ。
12705196_1305918169425384_6650082904119421257_n.jpg


今まで一般的ではなかった、ローカル島での滞在。
リーズナブルで新しい滞在スタイルを求める観光客のニーズに合わせて、モルディブのローカルツーリズムは進化中。

高いイメージが先行して"行ってみたいけどいつか・・・"、のモルディブ旅行を実現することができる新しいスタイル、ローカル島滞在。

この夏、念願だったモルディブへ出かけませんか??



モルディブローカル島旅行手配ならお任せ!の現地旅行会社です。
S&Y Tours and Travels
現地情報発信ブログ:http://ccmtours.exblog.jp/
FB: Maldives Tours and Travels

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2016年6月 6日
« 前の記事「ラマダン中にモルディブへ! 気をつけたいことは??」へ
»次の記事「ラマダンならでは!島の雰囲気と日常のひとコマ」 へ
おすすめ記事
    マーレ特派員 新着記事
    空き時間にお勧め!日本語ガイドと行く首都マレ半日観光
    現地から最近のモルディブ天気情報をお届け
    手作り感満載のハンバーガーが食べられるカフェ
    モルディブのたばこ事情
    バレンタインだから?スーパーマーケットの様子
    首都マーレからのお勧めショートトリップ "ビリンギリ島"
    フライトまでの時間を有効に使う!お勧めオプショナルツアーのご紹介【その2】
    安くモルディブに滞在する方法を大解剖 LCCとローカル島

    アジア 航空券情報


    モルディブ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モルディブの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マーレ特派員

      マーレ特派員
      Yasuna
      青年海外協力隊で派遣されたモルディブ。任期後、モルディブの知られざる魅力を多くの人に伝えたいとの思いから再び単身モルディブへ。モルディブ産製品創出とサポートを目的としたKOKONOWAブランドを島民と共に立ち上げる。モルディブ現地旅行会社S&Y Tours and Travelも開始。憧れのモルディブにお得に滞在できる方法をブログで発信中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集