海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > マーレ特派員ブログ > モルディブでおやつの時間に外せないヘディカ

モルディブ/マーレ特派員ブログ Yasuna

モルディブ・マーレ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年7月 7日

モルディブでおやつの時間に外せないヘディカ


メール プリント もっと見る

モルディブでおやつの時間に外せないヘディカ

ラマダンも明け、レストランやカフェも通常通りオープンしている、首都のマレ島です。

今日はラマダン中だけではなく、日々のお茶のお供には欠かせない、モルディブのローカルフード代表、ヘディカをご紹介します。

ヘディカは、モルディブのお茶うけ。
サーボーン(現地語で"お茶の時間")には、必ず登場します。
モルディブの国教はイスラム教。お酒はご法度。
そのため、お友達と出かける時は常にサーボーンwithヘディカ。

ヘディカは種類豊富。
基本的な材料は魚を細かくほぐしたもの、ココナッツフレーク、トウガラシといった、ちょっとスパイシーでお酒のおつまみにもなりそうなテイスト。
日本でいうカステラやホットケーキのような、甘いヘディカもあります。

13170029_533774823461283_1155259253_o.jpg

コーヒーもしくは紅茶と一緒に頂くのが、定番。
あくまでおやつ的な感覚なので、ヘディカは3つほど選ぶのが無難。

a0284528_02104550.jpg

ヘディカはお持帰りも可能。
1つ、20円~100円ほど。
お店によって微妙に辛さや味付けが異なります。

首都のマレだけでも、ヘディカを売っているお店は数十件。
私はその中の3軒がお気に入りなのですが、それぞれのお店に異なる種類の美味しいヘディカがあるので、その日の気分でお店を選んでいます。

Moon Cafe10.JPG

ヘディカは、このようにお店でも気軽に買うことができますし、子供が多い家庭ではお母さんが毎日手作りで、2,3種類のヘディカを作っているそうです(大変!)。

次回は、そんなヘディカの作り方をご紹介します!
お楽しみに。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2016年7月 7日
« 前の記事「モルディブ旅行で持っていく通貨は何がベスト?」へ
»次の記事「モルディブ人のソウルフード "ヘディカ"のレシピ」 へ
おすすめ記事
    マーレ特派員 新着記事
    空き時間にお勧め!日本語ガイドと行く首都マレ半日観光
    現地から最近のモルディブ天気情報をお届け
    手作り感満載のハンバーガーが食べられるカフェ
    モルディブのたばこ事情
    バレンタインだから?スーパーマーケットの様子
    首都マーレからのお勧めショートトリップ "ビリンギリ島"
    フライトまでの時間を有効に使う!お勧めオプショナルツアーのご紹介【その2】
    安くモルディブに滞在する方法を大解剖 LCCとローカル島

    アジア 航空券情報


    モルディブ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モルディブの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マーレ特派員

      マーレ特派員
      Yasuna
      青年海外協力隊で派遣されたモルディブ。任期後、モルディブの知られざる魅力を多くの人に伝えたいとの思いから再び単身モルディブへ。モルディブ産製品創出とサポートを目的としたKOKONOWAブランドを島民と共に立ち上げる。モルディブ現地旅行会社S&Y Tours and Travelも開始。憧れのモルディブにお得に滞在できる方法をブログで発信中。 DISQUS ID @disqus_lJDwoIZMVL

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集