海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > マーレ特派員ブログ > 【ローカルフード】モルディブに来たら絶対食べたい!...

モルディブ/マーレ特派員ブログ Yasuna

モルディブ・マーレ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月 2日

【ローカルフード】モルディブに来たら絶対食べたい!5つの料理(その1) 


メール プリント もっと見る

【ローカルフード】モルディブに来たら絶対食べたい!5つの料理(その1) 

早いもので、もう10月。
日本は涼しくなってきた頃でしょうか。

モルディブは一年中常夏!
燦々と降り注ぐ太陽、真っ青な空と海。
最近はいい風が吹いて、気持ちいい毎日です。

さて、今回はモルディブのローカルフードのご紹介です。
モルディブ料理なんてあるの??とよく言われますが、もちろんあります!
その中でも日本人に人気がある、
"モルディブに来たら絶対食べたい!食べて欲しい!ローカルフード"を、
全5回の不定期シリーズでじっくりご紹介したいと思います。


ひとつめのおススメは現地語で【ロシ】と呼ばれる、モルディブの主食のひとつ。

小麦粉の生地を伸ばして薄くしたものを焼いた、クレープのようなもの。
一日1回はロシを食べます。
モルディブの一般家庭は大所帯なので、お母さんは毎朝大変!

P_20160907_064641.jpg


ロシと一緒に食べるのは、カレーや他のローカルフード。
ジャムやはちみつをつけて食べても美味しい!

一見、ただ小麦粉の生地を薄く伸ばして焼いただけのもの・・・?という印象ですが、手に取った時点で分かる、
弾力のあるモチッとしているであろう食感
ほんの少し効いた塩加減が絶妙の、脇役でもあり主役にも十分なりうるロシ。

一般家庭ではお母さんが毎朝、一日に食べる分のロシをまとめて焼きます。
ローカルレストランでも、必ずあるロシ。
モルディブ料理にはかかせない、お米と並ぶ主食なのです。

ではここで、ロシを作る際に欠かせない二つ道具をご紹介!

その1.ロシ専用フライパン

P_20160928_070358.jpg

その2.生地を丸く薄く成形する、ロシめん棒とロシ台。

P_20160928_070350.jpg

意外に丸く薄く伸ばすのが難しいロシ。
お母さんは超早業。
生地を伸ばしながら、次々フライパンで焼いていく、一人流れ作業。
モルディブのローカル島では、【ロシ作り体験】なんかもできますよ!

以上、"モルディブに来たら絶対食べたい!食べてもらいたい!5つの料理"
ひとつめのローカルフード【ロシ】編をお送りしました。

不定期更新、ふたつめのローカルフードをお楽しみに!!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル
2016年10月 2日
« 前の記事「【後編】かつてなかった体験型!モルディブ エコツアー 」へ
»次の記事「飛行機の座席は窓側がおススメ! 眼下に広がる藍の世界」 へ
おすすめ記事
    マーレ特派員 新着記事
    空き時間にお勧め!日本語ガイドと行く首都マレ半日観光
    現地から最近のモルディブ天気情報をお届け
    手作り感満載のハンバーガーが食べられるカフェ
    モルディブのたばこ事情
    バレンタインだから?スーパーマーケットの様子
    首都マーレからのお勧めショートトリップ "ビリンギリ島"
    フライトまでの時間を有効に使う!お勧めオプショナルツアーのご紹介【その2】
    安くモルディブに滞在する方法を大解剖 LCCとローカル島

    アジア 航空券情報


    モルディブ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モルディブの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マーレ特派員

      マーレ特派員
      Yasuna
      青年海外協力隊で派遣されたモルディブ。任期後、モルディブの知られざる魅力を多くの人に伝えたいとの思いから再び単身モルディブへ。モルディブ産製品創出とサポートを目的としたKOKONOWAブランドを島民と共に立ち上げる。モルディブ現地旅行会社S&Y Tours and Travelも開始。憧れのモルディブにお得に滞在できる方法をブログで発信中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集