海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > マーレ特派員ブログ > 遠く離れた小さな国モルディブの食卓と日本の食卓に共...

モルディブ/マーレ特派員ブログ Yasuna

モルディブ・マーレ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年12月 5日

遠く離れた小さな国モルディブの食卓と日本の食卓に共通点アリ!


メール プリント もっと見る

遠く離れた小さな国モルディブの食卓と日本の食卓に共通点アリ!

モルディブの日々の食卓に欠かせず、そして日本でもお馴染みの食材と言えばコレ!

そう、かつお節です!

現地では"モルディビアン・フィッシュ"やら、現地語で"ヒキマス"と呼ばれています。

P_20160112_143532.jpg

日本の食卓にも欠かせないかつお節。


てっきり日本が起源のものかと思っていましたが、実はモルディブから東南アジアを経由して日本にもたらされ、その後日本においてカビ付の工法が考案されたと言われています。
かつお節がモルディブ発祥だったとは・・・!

かつお節作りが盛んな背景には諸説ありますが、まずはかつおの水揚げ量が高い点が挙がられます。
赤道付近の温かいモルディブの海は、世界有数のかつおの産卵地域だそうで、一年を通してかつおを獲ることができるのです。

天日干しを繰り返し、手間暇をかけてじっくりとかつお節に仕上げていきます。


P_20160110_091140.jpg

ローカル島を散策すると時々、自分の家で食べる分だけのかつお節を作っている光景に出会います。
日本でいう、梅干しや沢庵づくりのような感覚でしょうか。P_20160907_113310.jpg
モルディブの食卓には、このモルディブ版かつお節を使った料理が多く並びます。
モルディブカレーもそのひとつ。
ダシはこのかつお節でとるんです。
魚の旨みとスパイスが絶妙のハーモニー!

日本とはまた一味違う、モルディブのかつお節。
モルディブに行く機会がある際には是非ご賞味ください!
お土産にもおススメです。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 自然・風景
2016年12月 5日
« 前の記事「贅沢の極み!地下ワインセラーで楽しむ ワイン&チョコレート テイスティング」へ
»次の記事「モルディブの美しい海のために守ってほしい7つのこと」 へ
おすすめ記事
    マーレ特派員 新着記事
    空き時間にお勧め!日本語ガイドと行く首都マレ半日観光
    現地から最近のモルディブ天気情報をお届け
    手作り感満載のハンバーガーが食べられるカフェ
    モルディブのたばこ事情
    バレンタインだから?スーパーマーケットの様子
    首都マーレからのお勧めショートトリップ "ビリンギリ島"
    フライトまでの時間を有効に使う!お勧めオプショナルツアーのご紹介【その2】
    安くモルディブに滞在する方法を大解剖 LCCとローカル島

    アジア 航空券情報


    モルディブ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モルディブの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マーレ特派員

      マーレ特派員
      Yasuna
      青年海外協力隊で派遣されたモルディブ。任期後、モルディブの知られざる魅力を多くの人に伝えたいとの思いから再び単身モルディブへ。モルディブ産製品創出とサポートを目的としたKOKONOWAブランドを島民と共に立ち上げる。モルディブ現地旅行会社S&Y Tours and Travelも開始。憧れのモルディブにお得に滞在できる方法をブログで発信中。 DISQUS ID @disqus_lJDwoIZMVL

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集