海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > マーレ特派員ブログ > モルディブの美しい海のために守ってほしい7つのこと

モルディブ/マーレ特派員ブログ Yasuna

モルディブ・マーレ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年12月12日

モルディブの美しい海のために守ってほしい7つのこと


メール プリント もっと見る

モルディブの美しい海のために守ってほしい7つのこと

みなさん、年末年始の旅行の準備はいかがですか?
年末年始は家でゆっくり過ごされるかたも、次の連休には海外へ・・・!と計画を立ててる方も多いのではないでしょうか。

寒い日本の冬を脱出して、南の島で心身のエナジーチャージ!
こんな海を目の前にしたら、特別海が好き!でなくても飛び込みたくなるというもの。

DSCN9487.JPG
でもちょっと待って!


海は私達が普段生活している陸上の世界とは全く違うため、守るべきことがたくさん。
今日は、とあるモルディブの小さな国内線空港で見かけたバナーに書かれていた、
"モルディブの美しい海のために守ってほしい7つのこと" をご紹介します。

P_20161004_191651 (1).jpg

1. 珊瑚の上に立たないこと。
2.海底の砂を巻き上げないこと。
3.海中生物を追いかけたり触らないこと。
4.餌付けをしないこと。
5.ゴミを捨てないこと。
6.お土産として売られている珊瑚や海の生物を買わないこと。
7.サメのひれ(ふかひれ)をサポートしないこと(食したり買わないこと。)
8.モリで魚を突かないこと。
9.珊瑚にアンカーをおろさないこと。
10.生死に関わらず珊瑚や海の生き物を集めて持って帰らないこと。
11.グローブをはめてダイビングやシュノーケルをしないこと。(珊瑚や海の生き物を触らないこと)

補足として、
ライフジャケットの着用。
→モルディブの海は流れが速く、急に深くなるところが多いため、泳ぎが得意な人でもライフジャケットは必須です。
 海難事故が毎年起きています。


美しいものが壊れるのは一瞬。

モルディブの海がいつまでも美しくあるために、私達ができるのは本当に小さく簡単なことばかり。
モルディブだけでなく海に入る機会がある時のために、頭の隅に置いておきたいですね。




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 自然・風景
2016年12月12日
« 前の記事「遠く離れた小さな国モルディブの食卓と日本の食卓に共通点アリ!」へ
»次の記事「フライトまでの時間を有効に使う!お勧めオプショナルツアーのご紹介【その1】」 へ
おすすめ記事
    マーレ特派員 新着記事
    空き時間にお勧め!日本語ガイドと行く首都マレ半日観光
    現地から最近のモルディブ天気情報をお届け
    手作り感満載のハンバーガーが食べられるカフェ
    モルディブのたばこ事情
    バレンタインだから?スーパーマーケットの様子
    首都マーレからのお勧めショートトリップ "ビリンギリ島"
    フライトまでの時間を有効に使う!お勧めオプショナルツアーのご紹介【その2】
    安くモルディブに滞在する方法を大解剖 LCCとローカル島

    アジア 航空券情報


    モルディブ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モルディブの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マーレ特派員

      マーレ特派員
      Yasuna
      青年海外協力隊で派遣されたモルディブ。任期後、モルディブの知られざる魅力を多くの人に伝えたいとの思いから再び単身モルディブへ。モルディブ産製品創出とサポートを目的としたKOKONOWAブランドを島民と共に立ち上げる。モルディブ現地旅行会社S&Y Tours and Travelも開始。憧れのモルディブにお得に滞在できる方法をブログで発信中。 DISQUS ID @disqus_lJDwoIZMVL

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集