海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マニラ特派員ブログ > マニラのエコパーク

フィリピン/マニラ特派員ブログ 旧特派員 美恵子

フィリピン・マニラ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年9月 1日

マニラのエコパーク


メール プリント もっと見る

マニラのエコパーク

フィリピンは、「エコ」とは縁のない国のような印象。

だって、排気ガスをブーブー吐き出して走るジプニーが大量に道路を走るし、
普通自動車だって車検とかないし、そもそもお手製の車が走るくらいだから
排気ガスの観点からも、エコな感覚はないと思っている。
eco0.JPG

マニラで生活して驚いたのは、
日本ではあれだけゴミの分別にうるさいのに、こちらでは
すべてのゴミはぜんぶ一緒の袋に入れて、ポイってところ。

せめてと思い、プラスチックと燃えるゴミにわけて袋に入れていても
ゴミを集める人が、一緒にいれて回収している姿を見て、分別はやめた。


日常生活のなかから、“エコ” には関心がないのかしら? と
思っていたここフィリピンですけど、
そのまんま、こんな名前の巨大公園を発見しました。
「エコパーク」

正式名称は、
「LA MESA ECOPARK」 ラ・メサ・エコパーク
マニラ首都圏の北東に位置するケソン市にあります。
eco5.JPG

マニラで子育てしていると、週末に子供を連れて遊びに行く場所に
けっこう困ります。 たいていショッピングモール巡りになることが多くて。
子連れで行く “公園” 自体がほとんどありません。

どうして? と思って、在住歴の長い人に聞いてみると、
広い公共の場所があると、ぞろぞろを人々が住み着いてしまう可能性が
あるんだとか。 貧困層の人も多いこの国で、たちまちそこは、公共の広場
というより、住み家に変わってしまうというのです。

なるほど、納得。
たしかに同じケソンにある「フィリピン大学」の構内にも、
住み着いている人々の小屋がたくさんありました・・・。

そんな中、広大な敷地で、こんなにもキレイに整備されている公園って、
ほんとうに貴重な存在。  しかも、エコパークと銘打っているんだもの!
eco7.JPG

フィリピン国内外の大企業がスポンサーとなって
このエコパークを保存・維持しているよう。

ダム湖周辺の敷地を改善して、さまざまな取り組みをスポンサーが
展開している感じの作りです。


そして、なにより嬉しいのが、家族で来て遊べるアトラクションも
多いということ。 ロッククライミング、屋外プール、サイクリング、
湖の綱渡りに、乗馬、バーベキューなどなど・・・。
eco00.JPG
乗馬 50ペソ〜
ボート乗り 100ペソ/30分
釣り 80ペソ/1k
自転車レンタル 50ペソ/1時間〜
プール 80ペソ(3f〜) 40ペソ(〜3f)
eco3.JPG

子供にとっても、大人にとっても、空気がきれいで、
緑の中を思いっきりお散歩できるこの環境は、マニラではとてもありがたい。
eco2.JPG

実際にどこまで「エコ」なのか、
難しいことは抜きにして、のびのび1日過ごせるこの公園の存在は、
在住者にとっては、貴重な場所だな、と思います。
eco6.JPG

日本人の多く住むマカティ市からは車で40分くらいかかるので、
しょっちゅう行ける場所ではないけれど、
マニラの雑踏に疲れたときには、おススメの公園ですね。

よかったら、ぜひ。

LA MESA ECOPARK
WEB :www.lamesaecopark.com/index.php

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年9月 1日
« 前の記事「マニラの観光名所といえば、ここ。」へ
»次の記事「教会の服装」 へ
おすすめ記事
    マニラ特派員 新着記事
    最終回です。ありがとうございました。
    珊瑚礁の海にあったアラビア文化の王国と「ありがとう: Salamat」の関係
    「奇跡」という名の映画の奇跡 フィリピン映画の名作「ヒマラ」
    マニラ・コンビニ事情: 日本発ブランドでカフェテリア付が人気
    稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所
    十月なのに気分はもうクリスマス! パロール: クリスマス電飾
    門前街の卸売ワンダーランド4 キアポ市場
    門前街の卸売ワンダーランド3 キアポ教会

    フィリピン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マニラ特派員

      マニラ特派員
      美恵子
      フリーライターとして活動する一方、フィリピンで育児にも奮闘中の主婦。東南アジアの1国といえども、日本とは共通点があるようでまったくない“ありえなーい”連発のフィリピン暮らし。主婦&オンナ目線で、いかにマニラを楽しむか、世界に誇る美しいビーチを持つフィリピンの在住者だからこそ知る口コミ旅情報、買い物・グルメ事情、人にこっそり教えたくなる情報満載で紹介します!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集