海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マニラ特派員ブログ > 教会の服装

フィリピン/マニラ特派員ブログ 旧特派員 美恵子

フィリピン・マニラ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年9月 5日

教会の服装


メール プリント もっと見る

教会の服装

アジアで唯一のキリスト教の国、フィリピン。

マニラで暮らしていて、
多くのフィリピン国民は、熱心なカトリック教徒だと実感します。

タクシーに乗ると、かなり高い確率でバッグミラーの場所に、
十字架がじゃらじゃら架かっているし、ボンネットにはこんな像があることも。
44.jpeg

キリスト教の行事を大切にするし、
日曜日は必ずミサにも行っているし。


旅行できた観光客という立場で、観光名所にもなっている
教会へ行くのに、じつは服装などあまり気にせずズカズカと
立ち入ってしまう外国人が多いのは事実・・・。
33.JPG

本当は服装1つで、大変失礼な振る舞いになっていることも
あるので注意したいところ。


マニラ近郊にある教会の前には、こんな
注意書きを張り出しているところもありました。
11.JPG

暑い南国だと、旅行者は薄着で観光するので、
要注意ですね。

たとえば、
◎ ワンピース・長ズボン・シャツ
× ミニスカート・短パン・ノースリーブ・露出度高い服・帽子

特に、ミサのときの服装について言及している教会が多いようだけど、
教会が信仰する人々にとって神聖な場であることを考えると、
どんな服装が適しているのか、ちょっと気配りすることも大切ですよね。


フィリピンで教会巡りをされる方、
ちょっと留意してみてくださいね。
2.JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2009年9月 5日
« 前の記事「マニラのエコパーク」へ
»次の記事「9月はクリスマスの始まり」 へ
おすすめ記事
    マニラ特派員 新着記事
    最終回です。ありがとうございました。
    珊瑚礁の海にあったアラビア文化の王国と「ありがとう: Salamat」の関係
    「奇跡」という名の映画の奇跡 フィリピン映画の名作「ヒマラ」
    マニラ・コンビニ事情: 日本発ブランドでカフェテリア付が人気
    稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所
    十月なのに気分はもうクリスマス! パロール: クリスマス電飾
    門前街の卸売ワンダーランド4 キアポ市場
    門前街の卸売ワンダーランド3 キアポ教会

    フィリピン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マニラ特派員

      マニラ特派員
      美恵子
      フリーライターとして活動する一方、フィリピンで育児にも奮闘中の主婦。東南アジアの1国といえども、日本とは共通点があるようでまったくない“ありえなーい”連発のフィリピン暮らし。主婦&オンナ目線で、いかにマニラを楽しむか、世界に誇る美しいビーチを持つフィリピンの在住者だからこそ知る口コミ旅情報、買い物・グルメ事情、人にこっそり教えたくなる情報満載で紹介します!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集