海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マニラ特派員ブログ > ニノイアキノ国際空港のタクシー

フィリピン/マニラ特派員ブログ 旧特派員 美恵子

フィリピン・マニラ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年10月 8日

ニノイアキノ国際空港のタクシー


メール プリント もっと見る

ニノイアキノ国際空港のタクシー

外国からフィリピンへ旅行で来るとき、
在住者が旅行へ行ってマニラへ戻ってくるとき・・・

送迎車があれば越したことはないけれど、それがない場合は
空港からタクシーを利用することになります。

ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)での
空港タクシーは数種類あり。
空港1.jpeg

在住者として、独断と偏見で勝手に判定。

「空港タクシー危険度指数」 はこんな感じかな。
  (タクシー代は、空港―マカティの中心部間の一例)


危険度:高 呼び込みタクシー
運転手自らお客を呼び込むタクシーは、思惑がありそうで危ない
                        =絶対に利用しません。

危険度:中 一般的なメータータクシー
マニラの街中を走る→一般的なタクシーだけど、(マカティ→空港 200ペソ以内)
空港から乗る日本人となると、ふっかけられ談を多数聞くので面倒。
=空港周辺の土地勘がないし、変な場所へ廻られても嫌なので利用しない

危険度:低 クーポンタクシー
空港を出ると案内看板が出ている→クーポン制タクシー(エリアで定額料金)
メータータクシーより割高(空港→マカティ 約450ペソ)だけど、明瞭会計の着払い制。
=以前、深夜到着便で、夜中の事務所みたいな所に勝手に寄って、
  「ここで先に払え」と言われ嫌な思いをしたので、今は利用を控えている。


危険度:低 イエロータクシー
空港を出るとズラリと黄色タクシーが停車、お客の列に並んで案内人に行先を告げる。
メーター制だけど基本料金が高い。(空港→マカティ 約340ペソ)
結果的には、一般タクシーより割高、 クーポンタクシーより割安。
空港2.jpeg

我が家は、イエロータクシーを利用しています。

とは言っても、
やっぱり深夜に到着する便は、不安はつきもの。
そんなときは信頼のおける送迎車があると、助かります。

特に女性一人とか、子連れとかなら、なおさら送迎車をおススメします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2009年10月 8日
« 前の記事「フィリピンを襲う台風への対応」へ
»次の記事「フィリピンを走る自動車」 へ
おすすめ記事
    マニラ特派員 新着記事
    最終回です。ありがとうございました。
    珊瑚礁の海にあったアラビア文化の王国と「ありがとう: Salamat」の関係
    「奇跡」という名の映画の奇跡 フィリピン映画の名作「ヒマラ」
    マニラ・コンビニ事情: 日本発ブランドでカフェテリア付が人気
    稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所
    十月なのに気分はもうクリスマス! パロール: クリスマス電飾
    門前街の卸売ワンダーランド4 キアポ市場
    門前街の卸売ワンダーランド3 キアポ教会

    フィリピン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マニラ特派員

      マニラ特派員
      美恵子
      フリーライターとして活動する一方、フィリピンで育児にも奮闘中の主婦。東南アジアの1国といえども、日本とは共通点があるようでまったくない“ありえなーい”連発のフィリピン暮らし。主婦&オンナ目線で、いかにマニラを楽しむか、世界に誇る美しいビーチを持つフィリピンの在住者だからこそ知る口コミ旅情報、買い物・グルメ事情、人にこっそり教えたくなる情報満載で紹介します!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集