海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マニラ特派員ブログ > シチリア料理を再現したイタリア人の情熱 マニラ・...

フィリピン/マニラ特派員ブログ Okada M.A.

フィリピン・マニラ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年2月10日

シチリア料理を再現したイタリア人の情熱 マニラ・世界の味めぐり


メール プリント もっと見る

シチリア料理を再現したイタリア人の情熱 マニラ・世界の味めぐり

マニラ・世界の味めぐり: プロローグ・イタリア編 その1.


シチリア料理


皆さんは、フィリピン料理と聞いてすぐに何か思い出す料理がありますか?
恐らく、バナナやマンゴー、あるいはナタデココなどの食べ物はすぐに思い付く
と思いますが、料理?となると、ちょっと思いつかないのが普通ではないでしょうか。
同じ東南アジアでも、タイなら、世界三大スープの一つ「トム・ヤン・クン」や
ココナッツミルクの効いたタイ・カレー、インドネシアならスパイシーな炒飯の
「ナシゴレン」、ベトナムなら平麺の「フォー」などがすぐに浮かびますが、
フィリピンには特に世界に名の通った料理というものがありません。



並んだフィリピン料理。
シンプルな調理が主流。
味付けはこれと言った特徴がない。
東南アジアには珍しく
スパイシーな料理もほとんどない。


フィリピンが気に入って長期滞在の外国人、あるいは永住の外国人にとっても
馴染みにくいのがここの料理で、かくいう私も例外ではありません。
事が人間にとって最も大切な食事であるだけに、ここマニラでは、
「外国人の、外国人による、外国人の為の料理屋」が盛んになっています。
日本にある様な日本人の嗜好に合わせた各国料理のレストランではなく、
世界各国の特色をアレンジなしにそのまま反映したような、
またその店のメジャーな固定客はその国出身の人々であるような「料理屋」が
沢山あります。
そこで、マニラを訪れる旅行者の皆さんへの私からの提案です。
名付けて「マニラ・世界の味めぐり」。


世界各国料理のレストランが並ぶ、ケソン市のイーストウッド・シティ。
こうしたレストラン街には、フィリピン料理屋の数は多くない。


早速今日は、そんな外国人の自国料理に対する情熱を示すエピソードを
御紹介しましょう。
世界の味めぐり: プロローグ・イタリア編その1.です。


元シチリア料理レストランの夢の跡。表の店構えは当時のまま


マニラの南部にパサイ市という下町文化の街があり、
環状線(全部が繋がってはいない)のMRTタフト駅と
隣接するLRTエドゥサ駅(規格を変えるから繋がらない)の近くに、
今は残念ながら閉店してしまいましたが、尋常ではない美味しさの
イタ飯屋さんがあって、そこでは、ナポリ風でもミラノ風でもなく、
何と本格的なシチリア風の料理を出していました。


私の知り合いの日本人で、この店の常連を通り越して厨房に顔パスで、
しかも自分専用の「隠しメニュー」まで持っている人がいました
(チーズを使ったスープで、これがまた美味かった)。
事情通のこの人に店の成り立ちを聞いたところでは、
店の近くのBarコンプレックスに三軒の大型Barを持っている
シチリア人がこのイタ飯屋のオーナーで、故郷の料理恋しさのあまりに、
商売の採算は二の次でシチリアからシェフを呼び寄せ、
本場の食材もズラリ揃えて、この店のオープンに至ったという事でした。


パサイ市にある、エドゥサ・エンターテインメント・コンプレックス。大型のBar コンプレックス施設。地元の日本人には、通称「体育館」と呼ばれる。


私も何度もこの店に通いましたが、いつでもテーブルには本場の
バージン・オリーブオイルとバルサミコ酢がおいてあり、
注文が来るまでの間、先に出された窯焼きのパンに
それらをタップリ付けて食べながら待つ時間がまた楽しみでした。
メインディッシュの美味しさを今どんなに力説しても仕方ないのが残念です。


今回は、マニラ在住外国人の自国料理に賭ける熱い思いを御紹介するために、
既に閉店した店を敢えて御紹介しましたが、この様な「自国料理の情熱」に溢れる
現役の料理屋はマニラには少なからずあります。
「マニラ 世界の味めぐり」として、食の楽しみをまた逐次御紹介してゆきますので
宜しくお願いいたします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2014年2月10日
« 前の記事「モールのスケート場から史上初の五輪出場へ」へ
»次の記事「超大型台風: 元々の被災地の暮らしとは」 へ
おすすめ記事
    マニラ特派員 新着記事
    最終回です。ありがとうございました。
    珊瑚礁の海にあったアラビア文化の王国と「ありがとう: Salamat」の関係
    「奇跡」という名の映画の奇跡 フィリピン映画の名作「ヒマラ」
    マニラ・コンビニ事情: 日本発ブランドでカフェテリア付が人気
    稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所
    十月なのに気分はもうクリスマス! パロール: クリスマス電飾
    門前街の卸売ワンダーランド4 キアポ市場
    門前街の卸売ワンダーランド3 キアポ教会

    フィリピン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マニラ特派員

      マニラ特派員
      Okada M.A.
      昭和生まれの元美術教師。フィリピンに来た当初は天然繊維製品の開発で各地の辺境を巡り、北は世界遺産の棚田で有名なイフガオ族の村から、南はイスラム文化圏のミンダナオの山中まで巡ってカルチャー・ショックを受けそのまま定住して10年以上。 現在は現地の外資系会社勤務で妻子あり。ご連絡はこちらへ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集