海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マニラ特派員ブログ > 盆栽トロピカル マニラ面白アイテム2

フィリピン/マニラ特派員ブログ Okada M.A.

フィリピン・マニラ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年3月 9日

盆栽トロピカル マニラ面白アイテム2


メール プリント もっと見る

盆栽トロピカル マニラ面白アイテム2


日本の素晴らしい文化である盆栽は、現在世界中に愛好家が生まれているそうですが、実はここマニラでも"Bonsai" は静かなブームで、写真集や手引き書が発行されていたり、大きなショッピング・モールでは展示会が開かれたりしています。
参照: フィリピン盆栽ソサイエティ http://www.philippinebonsaisociety.org/



ブーゲンビリアの盆栽



並んだ盆栽: イントラムロスのバグンバヤン公園(Bagumbayan Park)

オリジナルの日本の盆栽は、当然温帯の四季がハッキリした気候の地域で育つ植物を育成の対象としていますが、ここフィリピンは亜熱帯ですので日本と全く同じ種類の植物を使う訳にはいきません。「さつき盆栽」だけはサツキ・アザレアという同種類のものが可能で、上記のフィリピン盆栽ソサイエティのサイトを見ても、いかにも日本ルーツの盆栽というイメージにはこれが一番のようですが、ここでは亜熱帯独自の植物による盆栽も行われていて、日本人の目にはこちらの方が興味深く面白い盆栽だと思いますので、この「盆栽トロピカル」を紹介させていただきます。



ブーゲンビリア2: ブーゲンビリアの花に見える部分は、実は擬似花で、本当は「額」にあたるそうですが、この盆栽にはピンクの擬似花に白の擬似花が混ざっています。木が四本並んでいるようで壮大な感じがしますが、大木のブーゲンビリアというのは見たことが無いので、全く新しいイマジネーションを感じます。



タマリンド: フィリピンでは「サンパロック」といいます。この実は料理や菓子作りには欠かせないものですが、それを鑑賞用にするとは普通のフィリピン人にはちょっと考えつかない発想です。



トヨカイ: サマール島出身の家内に訊くと、この木の名前は「トヨカイ」というそうですが、正式名称は私には不明です。



バタフライ: 同じくこれは「バタフライ」だそうです。見たまんまの名前です。



バレテ: この木は本当にこの様に、岩山でも断崖絶壁でも逞しく生えて来るそうで、その為フィリピンの田舎では何らかの霊験あらたかな木という扱いをされるとか。盆栽の用語では「懸崖」(けいがい)というのがこの石と組み合わされた形態を表すそうですが、まさにピッタリの植物ですね。
これもローカルの名称しか分かりません。


サツキ・アザレアのオーソドックスな(?)懸崖



ジャパユキ: この木の名前については、公園で働く植木職人さんを掴まえて尋ねたところ、真面目な顔でニコリともせず、「ジャパユキ」と一言。冗談かと思ってはみましたがやっぱりニコリともしないので、本当かと。。。何か謂われがあるのでしょうか。



ブーゲンビリア3



バタフライ: こちらは小振りのバタフライを「五葉松」風の舎利(シャリ: 枯れ木に似せる)に仕立ててあり、なかなか見事ないかにもの盆栽ですね。



小ブーゲンビリア


さて、本日の「盆栽トロピカル」はいかがでしたか?これらの盆栽は2014年2月25日に御紹介した「続・城壁のプチ・ハイキング」で御紹介した「サン・ディエゴ堡塁(ほるい): Baluarte de San Diego」(堡塁: 小型の堅固な要塞)を含めた有料の公園となっている
イントラムロスのバグンバヤン公園(Bagumbayan Park)にあります。当該の記事もご参照下さい。後日、また違った場所での、今度は購入可能な盆栽専門店を御紹介しますので宜しくお願いします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2014年3月 9日
« 前の記事「イタリア人は神父さんもやっぱりグルメ マニラ世界の味めぐり: イタリア編2」へ
»次の記事「世界で最も「セルフィー」の多い街・マカティ/パシグ」 へ
おすすめ記事
    マニラ特派員 新着記事
    最終回です。ありがとうございました。
    珊瑚礁の海にあったアラビア文化の王国と「ありがとう: Salamat」の関係
    「奇跡」という名の映画の奇跡 フィリピン映画の名作「ヒマラ」
    マニラ・コンビニ事情: 日本発ブランドでカフェテリア付が人気
    稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所
    十月なのに気分はもうクリスマス! パロール: クリスマス電飾
    門前街の卸売ワンダーランド4 キアポ市場
    門前街の卸売ワンダーランド3 キアポ教会

    フィリピン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マニラ特派員

      マニラ特派員
      Okada M.A.
      昭和生まれの元美術教師。フィリピンに来た当初は天然繊維製品の開発で各地の辺境を巡り、北は世界遺産の棚田で有名なイフガオ族の村から、南はイスラム文化圏のミンダナオの山中まで巡ってカルチャー・ショックを受けそのまま定住して10年以上。 現在は現地の外資系会社勤務で妻子あり。ご連絡はこちらへ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集