海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マニラ特派員ブログ > 猛暑でマンゴーが大豊作!値段は激安☆

フィリピン/マニラ特派員ブログ Okada M.A.

フィリピン・マニラ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年5月29日

猛暑でマンゴーが大豊作!値段は激安☆


メール プリント もっと見る

猛暑でマンゴーが大豊作!値段は激安☆

フィリピンは今、夏の盛りを過ぎた頃ですが、今年は何年ぶりかの猛暑で渇水で生活者にとっては辛い季節となりましたが、そんな中で、まるで砂漠のオアシスの様な素敵な出来事となったのは、いつもは庶民にとっては比較的高価な果物のマンゴーが大豊作で、市場にはマンゴーがあふれています。

バナナやスイカ、ジャック・フルーツを押し退けて、今はマンゴーが主役。


市場中至るところにマンゴーの山また山。


市場の果物屋だけでなく、行商人も所狭しと大八車を並べます。交通法規はアッチに置いといて。。。

普段はキロ: 100ペソから150ペソ(約:230円から350円位、これでも日本から見たら安いですが)のところ、今はなんと!30ペソから50ペソ(約70円から120円位)の激安になっています。1キロは大体マンゴー6個分ですので、1個12円から20円。これはさすがのマニラでも中々ない値段です。

大体が1/2キロの表示が一般的。大き目がキロ40ペソ、小振りか30ペソ。


コチラが本日のパレンケ(市場)での最安値: キロ12.5ペソ!ちよっと傷んでますが、こういうのはカレーに入れると美味しいのです。ネクターやジュースにしてももちろんOK。

マンゴーにも色々な種類がありますが、フィリピンで広く出回っているのは、写真の ペリカン・マンゴーで、そのまま食べても、アイスクリームやケーキなどのお菓子やジュースなどに加工しても、やはりフィリピンの果物の女王格。沖縄などで栽培が盛んな「アップル・マンゴー」は、こちらでは赤く色づく前の青く酸っぱいうちに、魚の塩辛(バゴーン)などを付けて食べてしまいます。


こちらは八百屋の店先ですが、既にちょっとヤケクソ感が漂います。


買物に夢中なお客さん。やはり半キロ15ペソの効果は絶大で、先にドンドン売れて行きます。

フィリピンでは、多くの作物が二毛作、三毛作が可能なので、マンゴーは一年中食べる事が出来ますが、やっぱり「旬」といえば、一年中で一番暑い四月・五月。一番身体が夏バテを起こしそうな時に豊富なビタミンCを持たらしてくれるとは、自然の素晴らしい恩恵に感謝しつつ、この時とばかり家族にせっせと食べさせる私なのでした。


*******************************************************************************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 天気・気候・気温
2014年5月29日
« 前の記事「フィリピン名物"ハロハロ"は日本がルーツ? 五月お題」へ
»次の記事「「世界で最も美しい湾クラブ」認定: プエルトガレラ湾」 へ
おすすめ記事
    マニラ特派員 新着記事
    最終回です。ありがとうございました。
    珊瑚礁の海にあったアラビア文化の王国と「ありがとう: Salamat」の関係
    「奇跡」という名の映画の奇跡 フィリピン映画の名作「ヒマラ」
    マニラ・コンビニ事情: 日本発ブランドでカフェテリア付が人気
    稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所
    十月なのに気分はもうクリスマス! パロール: クリスマス電飾
    門前街の卸売ワンダーランド4 キアポ市場
    門前街の卸売ワンダーランド3 キアポ教会

    フィリピン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マニラ特派員

      マニラ特派員
      Okada M.A.
      昭和生まれの元美術教師。フィリピンに来た当初は天然繊維製品の開発で各地の辺境を巡り、北は世界遺産の棚田で有名なイフガオ族の村から、南はイスラム文化圏のミンダナオの山中まで巡ってカルチャー・ショックを受けそのまま定住して10年以上。 現在は現地の外資系会社勤務で妻子あり。ご連絡はこちらへ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集