海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マニラ特派員ブログ > ちょっと恐怖のホラー・スナック バロットの怪 マニ...

フィリピン/マニラ特派員ブログ Okada M.A.

フィリピン・マニラ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年6月28日

ちょっと恐怖のホラー・スナック バロットの怪 マニラ面白アイテム


メール プリント もっと見る

ちょっと恐怖のホラー・スナック バロットの怪 マニラ面白アイテム

私は自慢ではありませんが、どこか知らない土地に行って普段口にしない様な食べ物で、ちょっとギョッとするものや、「キワモノ」とされるような食べ物でさえ、その土地の人々が普段から食べているものならば、割と平気で食べることが出来ます。
長野の「ハチノコ」(蜂の幼虫)、沖縄の「エラブー」(海蛇の干したもの)や「豆腐よう」(沖縄風臭豆腐)、昔の農村で食べていた「イナゴの佃煮」、仙台の「ホヤ」などは最初から問題なく食べることが出来たものです。しかし、そんな私のささやかな誇りは、このマニラで音を起てて崩れてしまいました。あの、恐怖のスナックを眼にした時に・・・。そのホラー・スナックの名は「バロット」。。。


*****************************************************



バロットの怪: その1 「バロットは夜中に、行商人からしか買えない」

夜のトバリがおり、人気の無くなった街角に行商人はやって来る。

ちなみにここは、昼間はこんなに賑やかなのに。。。

寝静まった市場にも。。。

ふとした道端にも。ここは酔っ払いがタムロ。

バロットは一見、ただのちょっと青ざめた温泉玉子の様ですが、その玉子は「無精卵」ではありません。それは合鴨の「有精卵」。・・・と、いうことは殻の中で次第に成長し、・・・それを茹でてしまうということは、その中には生まれることのなかった・・・ヒヨコ%&@*毛+%?)#脚/#:&@嘴!!!!!がっ!

バロット・・・。

*****************************************************


バロットの怪: その2 「バロットの行商人は三種類売っている」


行商人の販売用発泡スチロール箱。バロットは常に温めて売られている。商品は三種類あって、種類によって値段が違う。(10ペソはおよそ23円)


その種類とは、もうすでに予想されている向きもあろうかとは思いますが、それは・・・殻の中での成長過程の違い。。。
一番高い値段のものは、既に生まれる寸前のヒヨコで・・・。これが「バロット」
安い方の一つは、その名を「ピノイ・トヨ」といい、もっと未熟な卵とヒヨコの間・・・。
もう一つの安いものは「ピノイ・ヒゴップ(サバウ)」と呼ばれ、全体がまだ形を無さず・・・サバウというのはスープのことで、その、、、、!?

バロットとピノイ・トヨとピノイ・ヒゴップ(サバウ)。無印がバロット、"H"がヒゴップ、"T"がトヨ。


中国語では「毛蛋」とか、「死胎蛋」!!とか表記するそうです・・・凄い・・・。


*****************************************************

バロットの怪、その3. 「食べる時は、すすってからカブリつく!」


それでは、フィリピン人はバロットをどのように食すのでしょうか?向学のために見てみましょう。


最初に天辺に穴を明けました。


愉しそうです。明らかに食べるのを楽しみにしています。


すすってます!音をたてながら、すすってます!!すすってるものを想像するだけで恐ろしいです!!!


殻をむいて、おもむろにカブリつきました!スプーンなど使いません!!ダイレクトです!!部位など、お構いなしですっ!


ああっ!?えっ?


やはり、、、私には無理です。。。。これはやっぱり「ホラー」です・・・。

*****************************************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2014年6月28日
« 前の記事「マニラ近郊の温泉街: ロス・バーニョス」へ
»次の記事「荒野の韓流タウン クラーク経済特区のベッドタウン」 へ
おすすめ記事
    マニラ特派員 新着記事
    最終回です。ありがとうございました。
    珊瑚礁の海にあったアラビア文化の王国と「ありがとう: Salamat」の関係
    「奇跡」という名の映画の奇跡 フィリピン映画の名作「ヒマラ」
    マニラ・コンビニ事情: 日本発ブランドでカフェテリア付が人気
    稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所
    十月なのに気分はもうクリスマス! パロール: クリスマス電飾
    門前街の卸売ワンダーランド4 キアポ市場
    門前街の卸売ワンダーランド3 キアポ教会

    フィリピン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マニラ特派員

      マニラ特派員
      Okada M.A.
      昭和生まれの元美術教師。フィリピンに来た当初は天然繊維製品の開発で各地の辺境を巡り、北は世界遺産の棚田で有名なイフガオ族の村から、南はイスラム文化圏のミンダナオの山中まで巡ってカルチャー・ショックを受けそのまま定住して10年以上。 現在は現地の外資系会社勤務で妻子あり。ご連絡はこちらへ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集