海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マニラ特派員ブログ > サンゴ礁の海とGo-Goバーが共存する不思議の島 ...

フィリピン/マニラ特派員ブログ Okada M.A.

フィリピン・マニラ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年8月 9日

サンゴ礁の海とGo-Goバーが共存する不思議の島 サバン・ビーチ/プエルト・ガレラ


メール プリント もっと見る

サンゴ礁の海とGo-Goバーが共存する不思議の島 サバン・ビーチ/プエルト・ガレラ

サンゴ礁の美しい島に、忽然と存在する不夜城の妖しいビーチ、サバン。


徒然なるままにミンドロ島を訪れるたびに思うのは、プエルト・ガレラの謎だ。
世界有数の美しさを誇る「プエルト・ガレラ湾」や、そこから海岸線沿いに繋がっている美しいビーチで、シュノーケリングによって様々な種類のサンゴやトロピカル・フィッシュをビーチ・エントリーで楽しめる「ビッグ・ラ・ラグナ・ビーチ」のような素晴らしい自然の風景があるかと思うと、さらにその海岸線を500mも歩くとマニラやクラークと変わらない歓楽街のあるビーチ: 「サバン・ビーチ」に着いたりするような不思議なアンバランスがこの島にはある。

2つの対照的なビーチ。わずか500mしか離れていないとは。tmp_No1-1937293699.jpgのサムネール画像のサムネール画像

そのサバン・ビーチは、正に人間の煩悩を絵に描いたような所で、昼間は美しいサンゴの海でダイビングを存分に楽しみ、陽が傾いたら、ココナッツの木の下で美食に美酒に乱痴気騒ぎも楽しもうと言う、人間本位の「欲」が優先した場所。

そんな並び立つはずのないものが何故か共存するその「謎」が、世界中の煩悩ダイバーや煩悩リゾート派をプエルト・ガレラに引き寄せるのかも知れない。だがそれは、健気で人間的な姿でもある。



その謎に魅せられてこの島に定住してしまった外国人も数知れず、その為にレストランやデリカテッセンやベーカリーはこんな辺鄙なバンカーボートでしか通えないような浜であるにも関わらず、かなりのレベルに達していたりもする。

何より不思議なのは、その陰と陽のどちらに偏る訳でもなく、不思議なバランスを保っていることで、何故、生活排水が流れ込むような過剰な富栄養で海藻だらけのビーチの隣りには、美しいサンゴのカケラとサンゴの砂で出来た真っ白なビーチが存在出来るのか、それこそは正に「謎」で、しかしそのアンバランスさこそが返って異邦人を惹きつける魅力の源泉になっているのかも知れない。また、そのアンバランスさは、フィリピンそのものの象徴と言えるかもしれない。

ビーチ沿いのレストランやダイビング・ショップ

陽に焼かれた肌がまだ火照りを持ちながら、夕闇迫るトワイライトの中、ビーチサイドのカフェに座って強いスピリッツの入った甘いトロピカル・カクテルを呑みながら、これから始まろうとする喧騒の予感を感じながら、潮の香りの生暖かい浜風に吹かれていると、それが何とも官能的と時間と感じるのは、人間ならば仕方ない事ではないだろうか。それともそれは、煩悩の数が108種類の除夜の鐘の数だけある凡人の戯言なのだろうか。

********************************************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 夜遊び・クラブ・お酒 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2014年8月 9日
« 前の記事「復活したサンゴのシュノーケル・ポイント プエルト・ガレラ: ビッグ・ラ・ラグナ・ビーチ」へ
»次の記事「マニラの8月の風物詩、それはバギヨとバハ(台風と洪水) 八月お題」 へ
おすすめ記事
    マニラ特派員 新着記事
    最終回です。ありがとうございました。
    珊瑚礁の海にあったアラビア文化の王国と「ありがとう: Salamat」の関係
    「奇跡」という名の映画の奇跡 フィリピン映画の名作「ヒマラ」
    マニラ・コンビニ事情: 日本発ブランドでカフェテリア付が人気
    稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所
    十月なのに気分はもうクリスマス! パロール: クリスマス電飾
    門前街の卸売ワンダーランド4 キアポ市場
    門前街の卸売ワンダーランド3 キアポ教会

    フィリピン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マニラ特派員

      マニラ特派員
      Okada M.A.
      昭和生まれの元美術教師。フィリピンに来た当初は天然繊維製品の開発で各地の辺境を巡り、北は世界遺産の棚田で有名なイフガオ族の村から、南はイスラム文化圏のミンダナオの山中まで巡ってカルチャー・ショックを受けそのまま定住して10年以上。 現在は現地の外資系会社勤務で妻子あり。ご連絡はこちらへ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集