海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マニラ特派員ブログ > 続・ひっそり楽しむパティオの魅力 イントラムロス...

フィリピン/マニラ特派員ブログ Okada M.A.

フィリピン・マニラ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年8月 1日

続・ひっそり楽しむパティオの魅力 イントラムロス上級編・番外


メール プリント もっと見る

続・ひっそり楽しむパティオの魅力 イントラムロス上級編・番外

※注意: 今回の記事は、写真は現実のものですが、記事はフィクションです。ファンタジーにご不満のある方は、ここから先に進まないでください

********************************************

「イントラムロスでメフィストは待っていた/パティオでの幻想」


********************************************


********************************************


徒然なるままに、石の要塞都市イントラムロスの要塞機能の一つ、サン・ディエゴ堡塁(ほるい)のパティオを雨上がりに訪ねた。


********************************************

そのパティオは広い芝生の切れる辺りにあるアーチの陰になっており、これといって案内の標識もない。その為、殆ど訪れる人もなく、アーチに併設されているトイレに立ち寄る人はいるが、ほとんどは用が済むと、忙しそうに行ってしまう。

********************************************

********************************************

私は何か気になって足下をふと見ると、雨水に濡れた石畳のアレイの上に、眼も覺めるような美しいカーマインのタンビスの実が何個も墜ちていた。雨上がりの爽やかな芝生の緑との対比は鮮やかで、その二色の主役達を載せる舞台となっている濡れた石畳の渋い色調がその対照を一層際立たせているのだった。


********************************************


********************************************

私は種を追ってついばむカラスのように、タンビスの真っ赤な色に誘われて、石畳のアレイを奥にすすんでいったのだった。


********************************************



********************************************

誰もいないパティオの真ん中には、熱帯のアナハウの葉で葺いた屋根を持つガゼボがあった。


********************************************


********************************************

私は竹で作られたガゼボのカウチに座ってふと見ると、全身が鋼色の得体の知れない男が垣根の前に立ってこちらを見つめているのに気づいて思わずギョッとしたが、よく見るとそれは鋳物で出来た人形であった。誰かがオブジェか何かの積もりでこんな所に飾ったのか、単に適当に放擲していったのかは解らないが、兎に角謎めいた存在であることは間違いない。


********************************************


********************************************

その鋳物人形は、片手で帽子を持ってその顔を隠していた。これから被ろうとしているのか、それとも理由があって顔を隠さなくてはいけないのかは不明だか、その妖しさはまるで、メフィストフェレスの様ではないか。
スペインが放棄して依頼、様々な国によって侵略されては放棄されて来たこの無国籍な、古い石造りのイントラムロスで、私はメフィストの悪魔と出会ったのかも知れない。


********************************************


********************************************

それがメフィストフェレスならば、私の役割はファウストだが、それなら私は何を取引したら良いのだろうか。ロバート・ジョンソンは四辻のクロスロードで、悪魔と取引してブルースの魂を手に入れたというが、果たして私に今取引したいものなど何があるのだろうか?


********************************************


********************************************

私はもう中年も過ぎようとしている歳なので、今更きらびやかな人物などに興味はないし、持ちなれない大金を掴んた者は例外なく不幸になることも知っている。例え煩悩にまみれたところで若さが戻る訳でもない。体の若さが戻ったとしても、精神まで青臭く戻るのはまっぴらだし。
その時、私は悪魔の下僕になるのも厭わぬ程の、取引に足る何物かを、既に持たない自分に愕然とした。

私は焦った。メフィストフェレスの存在を前に焦ったのではない。既に人生を賭ける程の希望をもたない自分に焦ったのだ。私は今ここで何か思いつかない限り、もう私の残りの人生そのものが駄目になってしまうように想えた。


********************************************


********************************************

更に苦い焦りに弄ばれた私に突然光が差した。
そうだ!これだ、タンビスだ。タンビスの木だ。
毎年毎年このような美しい真っ赤な実を実らせることが出来るのなら、タンビスがいい。タンビスの木になるんだ。
そしてそれは美しいだけではない、それは十分に魅力的で官能的でさえある。毎年毎年半永久的に実を実らせるタンビスの木になれるのなら、悪魔の下僕になる日は悠久の時の向こうではないか。
私はここで、毎年実を実らせて、そしてまた私のような人間を誘うのだ。やがてタンビスの実でこのパティオが一杯になる、それはなんと魅力的なことだろう。


********************************************



********************************************


私が取引すべきものを見つけたその時、人形のメフィストフェレスはその帽子をゆっくりと上げた。そこに頭は無かったが、メフィストフェレスは確かに私に微笑んだのだった。

********************************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2014年8月 1日
« 前の記事「世界一珍しくて高価な「猫コーヒー」 マニラ面白アイテム5」へ
»次の記事「復活したサンゴのシュノーケル・ポイント プエルト・ガレラ: ビッグ・ラ・ラグナ・ビーチ」 へ
おすすめ記事
    マニラ特派員 新着記事
    最終回です。ありがとうございました。
    珊瑚礁の海にあったアラビア文化の王国と「ありがとう: Salamat」の関係
    「奇跡」という名の映画の奇跡 フィリピン映画の名作「ヒマラ」
    マニラ・コンビニ事情: 日本発ブランドでカフェテリア付が人気
    稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所
    十月なのに気分はもうクリスマス! パロール: クリスマス電飾
    門前街の卸売ワンダーランド4 キアポ市場
    門前街の卸売ワンダーランド3 キアポ教会

    フィリピン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マニラ特派員

      マニラ特派員
      Okada M.A.
      昭和生まれの元美術教師。フィリピンに来た当初は天然繊維製品の開発で各地の辺境を巡り、北は世界遺産の棚田で有名なイフガオ族の村から、南はイスラム文化圏のミンダナオの山中まで巡ってカルチャー・ショックを受けそのまま定住して10年以上。 現在は現地の外資系会社勤務で妻子あり。ご連絡はこちらへ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集