海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マニラ特派員ブログ > マニラの8月の風物詩、それはバギヨとバハ(台風と洪...

フィリピン/マニラ特派員ブログ Okada M.A.

フィリピン・マニラ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年8月18日

マニラの8月の風物詩、それはバギヨとバハ(台風と洪水) 八月お題


メール プリント もっと見る

マニラの8月の風物詩、それはバギヨとバハ(台風と洪水) 八月お題

マニラでは四月が真夏の盛りで、六月に入ると雨季が始まり、八月は台風のシーズンとなります。台風はフィリピン語で「バギヨ」といい、フィリピンの東南東の太平洋上で生まれ、洋上で水蒸気をタップリ含んでフィリピン上陸と共に一気に吐き出すように大雨を降らせ洪水を引き起こします。洪水はフィリピン語で「バハ」。

今回は、この二つを季語にして俳句でマニラのこの季節を表現してみます。


*********************************************************


− 余は麻仁羅(マニラ)の過客(かきゃく)にして、過ぎ越し行く時もまた旅人なり。
西太平洋上に生活を浮かべ、タマラウ(水牛)の口とらえて老いを迎えるものは、日々旅にして、旅を栖(すみか)とするノマドなり。今はただ麻仁羅の細道を行く。−


*********************************************************

フィリピンの 辰巳に産まる バギヨの子

台風の赤ちゃんは、東経180度より西の太平洋上の、一年中暑い熱帯地方である北緯5度から20度位の海上で産まれるそうです。でその後西に向かって進みます。ということは、最初台風はとりあえずフィリピンに向かって進む、ということになります。


*********************************************************


あまつさえ 生後三日で バギヨ来し

日本では、台風発生のニュースから上陸までは一週間ほどの猶予がありますが、フィリピンでは発表から二日後にはもう来襲、という塩梅。


*********************************************************


バギヨ来て バンブーハウス いと涼し

竹で出来た家は、竹が完璧に真っ直ぐではない為に風が良く通り、普段は熱帯のフィリピンの蒸し暑い気候には向いているのですが、これが台風となると「吹きさらし」の様な状態になります。


*********************************************************


バギヨ吹き アナハウの屋根 おもしろき

竹で出来た家は殆どが「アナハウ」の葉で屋根が葺かれていますが、当然、強い台風の風などでは飛ばされてしまいます。しかしその反面、アナハウは一年中採れますのですぐに修復も可能で、良く出来た仕組みになっています。


*********************************************************


停電の 合図と知るや 家鳴風


台風が来て風が次第に強くなり、ついに家がギシギシと悲鳴を上げる頃になると、それはもう停電のサイン。なにしろ写真の様な状況ですので。。。


*********************************************************


バハ来れば 稼ぎ時なり トライショー


一旦バハになると、普段は縦横無尽のジープニーやトライシクル(三輪バイク乗合タクシー)も途端に骨抜きになってしまいます。何しろエンジンに水が入ったらもう大変。そこで、親に貰った二気筒の両足エンジンが勝負の三輪自転車タクシーは、ここぞとばかりに大活躍。


*********************************************************


一味なり 貧富の差なし バハの中


「一味」とは、仏教用語で平等無差別を指します。フィリピンの貧富の差は日本では考えられないほどの開きがありますが、天災であるバハには身分の違いなどお構いなしで、均等に被害をもたらします。何か妙な一体感さえ伴って。


*********************************************************


街路樹は 障害物と 見つけたり


フィリピンの街路樹は、強い風台風(かぜたいふう)の時毎に、あまりにもアッサリと倒れます。あまりしっかりとは根を張っていない模様。成長は早いのですが、この「根性」の無さは正にフィリピン!?


*********************************************************


バギヨ日は 倍払いあり BPO


BPOとは、ビジネス・プロセス・アウトソーシングの略で、コールセンター、人事、総務、会計など、本来は会社内でやっていた仕事を、今はドンドン外注に出す時代。フィリピンの経済成長の一端を担っているのがこのBPO。特に台風被害の大きかった日に、果敢にも出社して働いた社員には「給料一日分倍払い」の報奨もあり。


*********************************************************


公共と バハは言わせぬ コミューター


コミューター: 公共交通機関といえば、鉄道網の発達していないマニラの主役は、バスにジープニーにトライシクル。しかしこれらは家族・個人経営が多いので、いざ台風がくると我が家と家族と商売道具が大事、という訳で、台風被害が大きければ大きいほど、交通機関の公共性は弱くなる、というお粗末。

*********************************************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 天気・気候・気温 生活・習慣・マナー
2014年8月18日
« 前の記事「サンゴ礁の海とGo-Goバーが共存する不思議の島 サバン・ビーチ/プエルト・ガレラ」へ
»次の記事「「エキストラ・ヴァージン」の魚醤!? マニラ面白アイテム6」 へ
おすすめ記事
    マニラ特派員 新着記事
    最終回です。ありがとうございました。
    珊瑚礁の海にあったアラビア文化の王国と「ありがとう: Salamat」の関係
    「奇跡」という名の映画の奇跡 フィリピン映画の名作「ヒマラ」
    マニラ・コンビニ事情: 日本発ブランドでカフェテリア付が人気
    稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所
    十月なのに気分はもうクリスマス! パロール: クリスマス電飾
    門前街の卸売ワンダーランド4 キアポ市場
    門前街の卸売ワンダーランド3 キアポ教会

    フィリピン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マニラ特派員

      マニラ特派員
      Okada M.A.
      昭和生まれの元美術教師。フィリピンに来た当初は天然繊維製品の開発で各地の辺境を巡り、北は世界遺産の棚田で有名なイフガオ族の村から、南はイスラム文化圏のミンダナオの山中まで巡ってカルチャー・ショックを受けそのまま定住して10年以上。 現在は現地の外資系会社勤務で妻子あり。ご連絡はこちらへ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集