海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マニラ特派員ブログ > 「エキストラ・ヴァージン」の魚醤!? マニラ面白...

フィリピン/マニラ特派員ブログ Okada M.A.

フィリピン・マニラ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年8月22日

「エキストラ・ヴァージン」の魚醤!? マニラ面白アイテム6


メール プリント もっと見る

「エキストラ・ヴァージン」の魚醤!? マニラ面白アイテム6

「魚醤」というと、日本では秋田の「しょっつる」や能登の「いしる」が有名ですが、キッチンに必ずある調味料という訳ではありません。東南アジアではタイの「ナンプラー」、ベトナムの「ニョックナム」が有名で、こちらは当地では普段から頻繁に使われる調味料となっています。


*********************************************************


しかし私達日本人が普段から頻繁に使うには、ちょっと匂いがあまりにエスニックで、普段の日本風料理に使うには抵抗があります。私などは関西の人間ですので、やはり出し汁関係には、鰹節に昆布と、薄口醤油に味醂。煮干や削り節(サバやムロアジ等含む)でさえ、その魚臭さに抵抗があります。濃口醤油と味醂で旨味に変えるという意見はあるでしょうが、やはり鰹節と昆布のアロマには。。。



エキストラ・ヴァージン・アンチョビ・エキストラクト(抽出液)だそうです。


*********************************************************


しかし、そんな関西人の私でさえ驚いたのが、本日御紹介する「エキストラ・ヴァージンの魚醤」。フィリピンにもタイやベトナムのように魚醤があって、その名を「パテイス」といいますが、普通に市販されているパテイスは、やはり魚臭さが強く、使う気にはなれないのですが、この、ちょっと命名には笑ってしまう「エキストラ・ヴァージン」のパテイスは、その魚臭さが殆ど無しの旨味だけ。当然、塩気がありますが、始めから醤油を使う事が分かっている料理の場合、醤油を控えてこの「エキストラ・ヴァージン・パテイス」を使うと、関西風の薄口の出し汁の出来上がり。


http://www.lorenzana.com.ph/products/product-details/lorins-genuine-patis


鰹節の「一番だし」のアロマが必要なめんつゆや味噌汁には、やはり鰹節には敵いませんが、二番だしで良い煮物関係: おでん、鍋物、煮込などは、鰹節に劣らない味に仕上がります。機会があれば是非お試し下さい。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2014年8月22日
« 前の記事「マニラの8月の風物詩、それはバギヨとバハ(台風と洪水) 八月お題」へ
»次の記事「アジアの郷愁・壱: 駄菓子屋ストリート」 へ
おすすめ記事
    マニラ特派員 新着記事
    最終回です。ありがとうございました。
    珊瑚礁の海にあったアラビア文化の王国と「ありがとう: Salamat」の関係
    「奇跡」という名の映画の奇跡 フィリピン映画の名作「ヒマラ」
    マニラ・コンビニ事情: 日本発ブランドでカフェテリア付が人気
    稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所
    十月なのに気分はもうクリスマス! パロール: クリスマス電飾
    門前街の卸売ワンダーランド4 キアポ市場
    門前街の卸売ワンダーランド3 キアポ教会

    フィリピン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マニラ特派員

      マニラ特派員
      Okada M.A.
      昭和生まれの元美術教師。フィリピンに来た当初は天然繊維製品の開発で各地の辺境を巡り、北は世界遺産の棚田で有名なイフガオ族の村から、南はイスラム文化圏のミンダナオの山中まで巡ってカルチャー・ショックを受けそのまま定住して10年以上。 現在は現地の外資系会社勤務で妻子あり。ご連絡はこちらへ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集