海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マニラ特派員ブログ > アジアの郷愁・壱: 駄菓子屋ストリート

フィリピン/マニラ特派員ブログ Okada M.A.

フィリピン・マニラ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年8月27日

アジアの郷愁・壱: 駄菓子屋ストリート


メール プリント もっと見る

アジアの郷愁・壱: 駄菓子屋ストリート

マニラの庶民の生活は、昭和の三十年代から四十年代にかけての日本のそれと、驚くほど似ていることがあります。夕方になると、下町の住宅街の通りや路地は、鬼ごっこやメンコやべーゴマにそっくりな遊びに興じる子供達で一杯になり、オカミさん達は赤ん坊をあやしながら井戸端会議に花を咲かせ、仕事から帰ったオヤジさん達はショウギをもちだして安酒を一杯やり始める。そんな風景が当たり前の様にあります。
ここは一つ「アジアの郷愁」と銘打って、そんなノスタルジックな風景をピックアップしてみましょう。昭和の少年であった私などは、そんな風景の中にいると、ふと外国にいることを忘れ、何とも居心地の良い気分になります。


昭和の少年も、ランニング・シャツに短パンが定番でした。この駄菓子屋に駆け寄って来た時が、実は最も幸せな時間。この後、長時間の目移りが始まります。。。


******************************************************

フィリピンの庶民はまだまだ子沢山で、フィリピンの「人口ピラミッド」は、今や少子化で
蓋付の壷の様な型になっている日本と違って、キレイな三角形になっているほど、街には子供が溢れています。デパートやスーパーの子供服売り場やオモチャ売り場は非常に広く、街角には、フィリピン名物のよろず屋である「サリサリ・ストア」とはまた別に、駄菓子屋も数多く見られます。


特にこの写真の、マニラはマカティ市の下町の通りには、近くに小学校が二校あることもあって、十軒ほどの駄菓子屋(兼文房具屋)が軒を連ねています。私などもこの通りを通りかかると、いい歳をして昭和の「少年心」がムラムラっと頭をもたげてきてしまいます。。。


品揃えが多ければ多いほど子供達を惹きつける力も強くなる。「カオス」がディスプレイの基本です。鶏のヒナもディスプレイの内で集客に貢献


******************************************************

アイスクリームも駄菓子屋の重要なアイテム。このメーカーのアイスはメジャーな店では売っていないマイナーなものですが、結構メジャーなメーカーのものより美味しいのです。庶民の味方といったところ。私が子供の頃は「立花アイスクリーム」がこんな感じでした。

この店は「女の子心」に特化しているようです。


ここは洋品店との二足ワラジ。この通りでは子供の購買力が絶大というのが如実に分かります。


ここはあくまでも文房具がメイン。


この「すだれ」や「よしず」が、夏の駄菓子屋には欠かせませんでした。この「セレクタ・アイスクリーム」もメジャーなメーカーの中では一番庶民的価格。

******************************************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2014年8月27日
« 前の記事「「エキストラ・ヴァージン」の魚醤!? マニラ面白アイテム6」へ
»次の記事「「アジアの郷愁」弐: 駄菓子屋アイテム」 へ
おすすめ記事
    マニラ特派員 新着記事
    最終回です。ありがとうございました。
    珊瑚礁の海にあったアラビア文化の王国と「ありがとう: Salamat」の関係
    「奇跡」という名の映画の奇跡 フィリピン映画の名作「ヒマラ」
    マニラ・コンビニ事情: 日本発ブランドでカフェテリア付が人気
    稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所
    十月なのに気分はもうクリスマス! パロール: クリスマス電飾
    門前街の卸売ワンダーランド4 キアポ市場
    門前街の卸売ワンダーランド3 キアポ教会

    フィリピン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マニラ特派員

      マニラ特派員
      Okada M.A.
      昭和生まれの元美術教師。フィリピンに来た当初は天然繊維製品の開発で各地の辺境を巡り、北は世界遺産の棚田で有名なイフガオ族の村から、南はイスラム文化圏のミンダナオの山中まで巡ってカルチャー・ショックを受けそのまま定住して10年以上。 現在は現地の外資系会社勤務で妻子あり。ご連絡はこちらへ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集