海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マニラ特派員ブログ > 「アジアの郷愁」弐: 駄菓子屋アイテム

フィリピン/マニラ特派員ブログ Okada M.A.

フィリピン・マニラ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月 1日

「アジアの郷愁」弐: 駄菓子屋アイテム


メール プリント もっと見る

「アジアの郷愁」弐: 駄菓子屋アイテム

マニラの駄菓子屋が、日本の昭和三十年代、四十年代にどこの下町にもあった駄菓子屋と、その立ち位置がそっくりなのは、前回の「駄菓子屋ストリート」でお知らせしたが、今日はまたマニラの「路上観察学」よろしく、そのアイテムに迫ってみよう。

ベーゴマ: ベイブレード、これは日本の駄菓子屋における大正時代からの伝統玩具と言って良い。アジアに広く受け継がれていくのだろうか。


***************************************************


マニラの駄菓子屋で売っている駄菓子や駄玩具は、これも昭和の日本に良く似ていて、ビン入りで小分けの砂糖菓子や牛皮でつくった練り菓子、ベーゴマ、忍者や戦争のガジェット、皮膚の上に移す刺青シール、オリジナルのアクセサリーを作れるキットなど、驚く程似ている。値段も5ペソから10ペソが標準で、日本円で十数円から二十数円で、昭和の三十年代がそのままマニラに残っているかのようだ。


ビン入りの菓子: 可愛いだけではなく、子供らしい悪趣味なものもあって、入れ歯の形をしたグミなどもある。長いのはパッケージ付の場合、ウォーム: ミミズ・グミとネーミングがある。


***************************************************


どの店もオバサンやオヤジが仕切っているのも同じ形態で、子供達の商取引の最初のシミュレーションでもあり、商品棚から即レジスターといった、なんの駆け引きもない商取引にはない味わいもある。



小分けのガラスのショーケース。「あっ、それじゃなくて、その右の奥の!」「どれでもイッショだヨ!」などと聞こえてきそう。

こちらのケースは、高級品用と見た。子供にとってはデパートのショーウィンドウと同じ。


男の子の興味を引くのは、やっぱりメカや武器で、戦争関連のアイテムや戦士の装備品に心惹かれるのは困った性分ではあるが、古今東西変わりがない。あともう一つの重要なアイテムは、「気味の悪い生き物」系。

少しづつ買い足していって戦場のジオラマを作って行くための玩具。中国製か「海湾战争」のネーミング。リアルな国旗などあって現実が反映しているのが、困ったものと言うか何と言うか。かくいう私達も、零戦や大和に果てしない野望を託したものではあるのだが。。。


「戦士」の中でも「忍者」ほど興味深い武器を使うものはいない、勇敢な剣士にスパイが合体したようなもので、今では世界のアイドル化。しかしこれは、日本でさえ昭和三十年代の小説「忍びの者」や、それに影響を受けた漫画「伊賀の影丸」や「サスケ」「赤影」などのブームが創り出したもので、その歴史は意外と若い。

何故少年達は、日本もフィリピンも、古今も東西も関係なく、気味の悪い生き物が好きなのだろうか。実は大人になってもホラーやスブラッター映画やミステリー小説など、その性分が収まってはいないのだか。

ベイブレード、この形状の違いが少年心を惹きつける。

こちらはサイズも大きく、刃も強靭な様子。値段も高いのだろうが、マニラの「スネ夫」が小遣いにモノを言わせて得意になるのが見えるようで。。。

私が小学生の頃、何故か男子小学生の間で「リリアン」が流行ったことがあって、いつも女の子と遊んでばかりいる「いかにも」な男子だけではなく、普段は荒っぽい遊びばかりのヤンチャな男子が夢中になってリリアン織りに集中する、という不思議な現象があったが、今のマニラではこの、アメリカ産リリアンの「輪ゴム織り」が正にそれ。大学生位まで男女を問わず一大流行。


こちらが素材の各色の輪ゴムと、ツール。

こちらは完成品が販売中。

***************************************************


子供時代は、何故かあまり意味もなく「アウトロー」に憧れる。これは昔からある「刺青シール」とアクセサリー。そういえば「寅さん」も「まむしの兄弟」もネックレスのような御守りのようなアクセサリーを首からかけていたような印象が。

キャラクターものも駄菓子屋には欠かせないアイテム。やはり今は全世界的に「Frozen: アンナと雪の女王」かブーム。この真ん中の消しゴムはコレクション対象と見た。

「ポケモン」もまだまだ健在。下の吊るしなどは、「日焼け」が起きる前に最後の一個、人気の高さを窺わせる。


***************************************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2014年9月 1日
« 前の記事「アジアの郷愁・壱: 駄菓子屋ストリート」へ
»次の記事「「たたずむ巨大テディベアの影」オブジェが創る未来都市・2」 へ
おすすめ記事
    マニラ特派員 新着記事
    最終回です。ありがとうございました。
    珊瑚礁の海にあったアラビア文化の王国と「ありがとう: Salamat」の関係
    「奇跡」という名の映画の奇跡 フィリピン映画の名作「ヒマラ」
    マニラ・コンビニ事情: 日本発ブランドでカフェテリア付が人気
    稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所
    十月なのに気分はもうクリスマス! パロール: クリスマス電飾
    門前街の卸売ワンダーランド4 キアポ市場
    門前街の卸売ワンダーランド3 キアポ教会

    フィリピン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マニラ特派員

      マニラ特派員
      Okada M.A.
      昭和生まれの元美術教師。フィリピンに来た当初は天然繊維製品の開発で各地の辺境を巡り、北は世界遺産の棚田で有名なイフガオ族の村から、南はイスラム文化圏のミンダナオの山中まで巡ってカルチャー・ショックを受けそのまま定住して10年以上。 現在は現地の外資系会社勤務で妻子あり。ご連絡はこちらへ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集