海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > マニラ特派員ブログ > 稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所

フィリピン/マニラ特派員ブログ Okada M.A.

フィリピン・マニラ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年10月22日

稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所


メール プリント もっと見る

稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所

フィリピンにも、実は原子力発電所があります。マニラの北西100kmのフィリピン海に面したバターンにある、バターン原子力発電所です。


バターン原子力発電所 GNU Free Documentation License


******************


ただしこの原子力発電所は、フィリピン大統領令により稼働させないことが現在のところ決定しています。しかし、解体された訳ではなく設備は稼働開始の可能な状態で維持されており、2011年には観光地化されることが国立電力公社により決定され、現在は見学可能となっています。まだ一度も核燃料が投入された事は無いため安全に見学出来ると言う訳で、珍しい一般市民の原子力発電所内の見学が可能となっています。
http://www.napocor.gov.ph/index.php/bataan-nuclear-power-plant

フィリピンの原子力発電は1958年の計画開始から、1973年のオイル・ショックが引き金となったマルコス政権下での原子力発電所建設決定、1976年のバターン原子力発電所着工開始、1979年のスリーマイル島の大規模な原子力発電所事故を受けての建設停止、1983年の世界史上でも有数の規模だった近隣のピナツボ火山噴火によるダメージ、1984年の建設完了、それから程なく起こった1986年の「ピープルズ・パワー」によるマルコスの失脚と、さらに時を同じくして発生したチェルノブイリの、最悪のレベル7(深刻な事故)とされる原子力発電所事故により、盛り上がる市民運動と原発反対運動に後押しされ、悲劇の英雄・暗殺されたニノイ・アキノ氏の意志を継いで大統領となったアキノ夫人のコラソン・アキノによるバターン原子力発電所の非稼働決定の大統領令が発令され、稼働されないままの、フィリピン初のみならずASEAN諸国初の原子力発電所は、現在に至っています。


******************

一方で現在までの間、フィリピン政府と国立電力公社は世界第四位の活火山の数を持つ(日本は第三位)地の利を生かして地熱発電所の建設を続けており、現在はアメリカ合衆国に続き、世界第二位の発電量を誇るまでになっています。
(参照: 資源エネルギー庁 http://www.enecho.meti.go.jp/category/resources_and_fuel/geothermal/explanation/mechanism/plant/foreign/004/
化石燃料も使用せず、核廃棄物もない、かなりクリーンなエネルギー獲得の努力も実際に続けられてもいる訳です。


ネグロス島のプハガン地熱発電所 Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported license


**********************

そして、日本での大規模な原子力発電所事故のあった今、このバターン原子力発電所は果たして何の象徴として海に向かって佇むのか。原発の歴史の生き証人として何処に向かっていくのか。見守る価値はありそうです。


**********************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2014年10月22日
« 前の記事「十月なのに気分はもうクリスマス! パロール: クリスマス電飾」へ
»次の記事「マニラ・コンビニ事情: 日本発ブランドでカフェテリア付が人気」 へ
おすすめ記事
    マニラ特派員 新着記事
    最終回です。ありがとうございました。
    珊瑚礁の海にあったアラビア文化の王国と「ありがとう: Salamat」の関係
    「奇跡」という名の映画の奇跡 フィリピン映画の名作「ヒマラ」
    マニラ・コンビニ事情: 日本発ブランドでカフェテリア付が人気
    稼働させない原子力発電所 バターン原子力発電所
    十月なのに気分はもうクリスマス! パロール: クリスマス電飾
    門前街の卸売ワンダーランド4 キアポ市場
    門前街の卸売ワンダーランド3 キアポ教会

    フィリピン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集