海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/三重特派員ブログ

日本国内/三重特派員ブログ な*る

日本国内・三重特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

伊賀の国・松尾芭蕉②【芭蕉翁記念館】と生家跡
・・・
・・・
**********
・・・
・・・

IMG_2295.JPG

・・・
(以前にも掲載した看板。【芭蕉翁記念館】も上野城や(俳聖殿)と同じ上野公園内にあります。)

・・・
・・・

IMG_2304.JPG

・・・
(【芭蕉翁記念館】の立て看板。松尾芭蕉は伊賀が生んだ大スターのひとりです。)

・・・
・・・


IMG_2305.JPG

・・・
(いよいよ【芭蕉翁記念館】へ。)

・・・
・・・


IMG_2306.JPG


・・・
(芭蕉記念館の敷地内。)

・・・
・・・

IMG_2307.JPG

・・・
(同じく敷地内。小さな池に水連。こじんまりとしていますが、なかなか趣きがあり、訪ねた日は良いお天気で風も心地よく感じられました。)


・・・
・・・
残念ながら内部撮影は出来なかったのですが、館内は芭蕉文庫(芭蕉翁はもちろん、連歌・俳諧における近世から現在に至る多くの資料)が展示されています。
・・・
・・・
松尾芭蕉・真筆の(自然 大書)や「古里や・・・」等の句切りがあります。
(また(いびきの図)なる芭蕉・真筆のものもなんだかユニークです。)
・・・
俳句などに興味のある方は、俳諧の巨匠・松尾芭蕉の直筆に触れてみるのも一見の価値があるかと思います。
個人的見解ですが・・・(自然 大書)などの真筆は想像していた松尾芭蕉翁のイメージとは異なっていて・・・面白い発見でした。

・・・
・・・
*****
・・・
・・・
【芭蕉翁記念館】
・・・
開館時間: 8:30~17:00(入館受付16:30まで)
休館日:12月29日~1月3日
    または展示入れ替え時、物燻蒸時
・・・
料金:
大人・・・・・300円(200円)
小中高生・・・100円( 60円)
障害者割引・・無料

*(  )内は30名以上の団体料金
・・・

場所:三重県伊賀市上野丸之内117-13
電話:0595-21-2219(公益財団法人 芭蕉翁顕彰会)

ウェブサイト: http://www.basho-bp.jp/
・・・
・・・
**********
・・・
・・・


IMG_2378.JPG

・・・
(史跡 芭蕉翁誕生の地です。)


・・・
・・・

IMG_2379.JPG


・・・
(【芭蕉翁記念館】と同じ伊賀市内にあります。道路沿い、塀の向こうに見える木造建築物が芭蕉翁の生家とされています。)
・・・
・・・
松尾芭蕉の生誕地は実は二つ説があるようです。
ひとつは伊賀市柘植町、もうひとつはこちらの伊賀市赤坂町。
・・・
芭蕉出生前後に松尾家が柘植町から赤坂町に引越しをしていますが、生まれる前か?生まれた後か?現在は不明だそうです。
ただ幼少期から29歳まで芭蕉はこの芭蕉翁生家で過ごし、生家の書斎で処女句集(貝おほひ)を執筆しています。
・・・
それゆえに、こちらが一般的には生家と言われています。
伊賀市内の観光スポットのひとつです。
・・・
・・・


IMG_2377.JPG

・・・
・・・
**********
・・・
・・・
(史跡 芭蕉翁生誕の地)
・・・
開館時間: 8:30~17:00(入館受付16:30まで)
休館日:年末年始

・・・
料金:
大人・・・・・300円(200円)
小中高生・・・100円( 60円)
未就学児・・・無料
障害者割引・・無料

*(  )内は30名以上の団体料金
・・・

場所:三重県伊賀市上野赤坂町304
電話:0595-24-2711

ウェブサイト: http://www.basho-bp.jp/

・・・
・・・
**********
・・・
・・・


IMG_2371.JPG


・・・
(こちらも以前に掲載した伊賀市内にある看板なのですが・・・実は次回号のお話にも重なるようなデザインゆえ、再び、登場しています。)
・・・
次号は(松尾芭蕉の謎・忍者説)の予定です。



2017年11月23日

伊賀の国・松尾芭蕉①【俳聖殿】
・・・
・・・
**********
・・・
・・・
これまで、伊賀の上野公園内にある伊賀流・忍者博物館、上野城と散策してきました。
・・・
・・・

IMG_2295.JPG


・・・
・・・
そして、同じ上野公園内にある松尾芭蕉の俳聖殿も訪ねてみました。
・・・
・・・

IMG_2315.JPG


・・・
(上野公園内、木々の間・赤い鳥居の横に俳聖殿の姿がちらりと見える。)

・・・
・・・
松尾芭蕉・・・俳句世界の巨匠。
数々の俳諧の名句や(奥の細道)で有名です。
俳句をあまり知らなくとも、松尾芭蕉の句はどこかで聞いたことがある位に著名なる人物です。
・・・
・・・
例えば・・・
古池や 蛙(かわず)飛び込む 水の音
例えば・・・
夏草や 兵(つわもの)どもが 夢の跡
例えば・・・
閑さ(しずかさ)や 岩にしみ入る 蝉(せみ)の声
例えば・・・
荒海や 佐渡によこたふ 天の河
例えば・・・
五月雨(さみだれ)を あつめて早し 最上川
etc・・・と続きます。
・・・
・・・
その松尾芭蕉は、ここ伊賀で生まれました。
伊賀出身の大スターの一人です。
・・・
・・・

IMG_2323.JPG

・・・
【俳聖殿】・・・松尾芭蕉生誕300年を記念して建てられました。(昭和17年(1942年)建立。)
・・・
・・・
松尾芭蕉の旅姿をデザインした和風建築物です。
・・・
・・・
私自身は、初めて【俳聖殿】を見た時・・・キノコのように土から生えて出たような?!そんな建物に見えました。
とてもユニークな形をした建造物で趣きがあります。
・・・
・・・
その姿とは・・・芭蕉の旅傘を丸い屋根で表し、(俳聖殿)の木額は顔、八角形の庇(ひさし)で蓑と衣装を、堂は脚部、回廊の柱は杖と足を表現しているそうです。
・・・
・・・
(俳聖殿)のデザインの趣旨を把握してから、改めて見てみると・・・なるほど・・・芭蕉の旅姿なのです。
いずれにせよ、なんだか、とても有機的な建造物です。

・・・
・・・


IMG_2324.JPG

・・・
屋内には芭蕉の等身大の伊賀焼・座像があるそうです。
毎年10月12日・松尾芭蕉の命日にある(芭蕉祭)でのみ公開されるようで、残念ながら見ることが出来ませんでした。
また、いつか訪ねてみたいと思います。

・・・
・・・

IMG_2326.JPG

・・・
建築美術的にも傑作との誉れ高き建造物で、国指定の重要文化財(2010年12月24日)であり、三重県の有形文化財(2008年3月19日)でもあります。

・・・
・・・


IMG_2328.JPG


・・・
出入り口の門も趣きがあります。


・・・
・・・


IMG_2322.JPG

・・・
下層八角形の平面、上層円形の平面の木造重層。
屋根は上下層とも、檜皮葺き。
・・・
・・・
ユニークなフォルム・・・松尾芭蕉の旅姿な【俳聖殿】
・・・
・・・
**********
・・・
・・・
住所:三重県伊賀市上野丸之内117-4(上野公園内)
電話:0595-22-9621
入館料無料、休館日なし
・・・
・・・
**********
次号に続く



2017年11月18日

第69回・三重大学祭に行って来ました。

・・・
・・・
***************
・・・
・・・
第69回・三重大学祭(千祭一遇)
いわゆる文化祭です。
・・・
・・・
三重大学は三重県津市にあるのですが、三重大学生のみならず、英検や漢検、一級建築士などの資格試験の三重県会場であったり、センター試験会場であったりするので、三重県民には親しみ深い大学だと思います。
因みに私も資格試験の際にお世話になりましたが、三重大生ではないです。(笑)
・・・
・・・
その三重大学の学祭に今日(11月3日金曜日)行って来ました。
2017年の大学祭は、11月3日金曜日、4日土曜日の今日・明日なのですが、結構な賑わいでした。
学生さん達はもちろんのこと、お父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんとおぼしき方々の姿も多々。
また小さなお子さん連れでも楽しまれていました。
・・・
・・・
お店もいっぱい。
催しも。
どちらも多種多様です。
・・・
・・・
私たちも定番のフランクフルト(150円)や焼きそば(200円)を購入して、楽しんで来ました。
模擬店の価格はまちまちですが・・・200円~300円前後が多かったような気がします。
・・・
・・・
学園祭の雰囲気は以下の写真にて。
・・・
・・・

IMG_4419_HEIC.jpg

・・・
(手描き漫画のゲート。)
・・・
・・・

IMG_4421_HEIC.jpg


・・・
(案内所では、大学内の簡単な地図や催しやお店情報の載った冊子を貰えます。)
・・・
・・・

IMG_4423_HEIC.jpg


・・・
(女装コンテストもあるらしいです。)
・・・
・・・


IMG_4424_HEIC.jpg


・・・
(大学でもゆるキャラブームですね・・・ゆるキャラステージもあるようです。)
・・・
・・・


IMG_4426_HEIC.jpg


・・・
(やはり大学名物?!のミスコンとミスターコンもあるみたいです。美男美女の名前と顔写真が・・・。)
・・・
・・・


IMG_4427_HEIC.jpg

・・・
(色々なイベントを組み合わせた子供企画のカレーライス作りのようです。)
・・・
・・・


IMG_4429_HEIC.jpg


・・・
(ここから屋外模擬店が沢山、ずらりと並んでいます。運動クラブや文化クラブ、サークル活動や研究室などが多々出店。)
・・・
・・・


IMG_4431_HEIC.jpg

・・・
(三翠ホール)沢山の人達・・・。
・・・
・・・

IMG_4432_HEIC.jpg


・・・
(ビンゴ大会や学術企画やら。)
・・・
・・・


IMG_4435_HEIC.jpg


・・・
(協賛企業の一覧の横に【禁酒】の文字が・・・。学内禁酒だそうです。)
・・・
・・・


IMG_4436_HEIC.jpg


・・・
(写真部学祭展のポスター。)
・・・
・・・


IMG_4437_HEIC.jpg


・・・
(生と死、生きるということ。・・・講演のようです。)
・・・
・・・

IMG_4442_HEIC.jpg

・・・
(美術部作品展。)
・・・
・・・


IMG_4444_HEIC.jpg

・・・
(沢山の作品が並んでいました。)
・・・
・・・


IMG_4445_HEIC.jpg

・・・
(時に大きな作品も。)
・・・
・・・


IMG_4450_HEIC.jpg

・・・
(このホールの建築模型。)
・・・
・・・


IMG_4451_HEIC.jpg


・・・
(ホール内の地図。トイレ休憩はこちらがお勧め。広くて綺麗です。)
・・・
・・・


IMG_4452_HEIC.jpg


・・・
(三重大学と国際交流のある国。)
・・・
・・・


IMG_4446_HEIC.jpg


・・・
(ロボコンです。マニアック。)
・・・
・・・


IMG_4448_HEIC.jpg


・・・
(同じくロボコン。なかなか複雑な動きをしていました。)
・・・
・・・


IMG_4440_HEIC.jpg


・・・
(ホールを出ると向こう側に三重大学・風力発電の大きな風車が見えます。右手の建物の上にも小さな風車?!でエコエネルギー?!)
・・・
・・・


IMG_4456_HEIC.jpg


・・・
(ホールを出て、少し歩くと野外コンサートも。今日は気持ちの良いお天気でした。音楽と相性ばっちり。)
・・・
・・・


IMG_4457_HEIC.jpg


・・・
(コンサート予定表。飲食と煙草も禁止でした。)
・・・
・・・


IMG_4459_HEIC.jpg


・・・
(野外模擬店が立ち並ぶ一画。沢山の人で賑わっています。)
・・・
・・・

IMG_4460_HEIC.jpg

・・・
(ポップコーン。)
・・・
・・・


IMG_4462_HEIC.jpg


・・・
(フランクフルト。)
・・・
・・・


IMG_4463_HEIC.jpg

・・・
(突然、レッドブルのテントが・・・。)
・・・
・・・


IMG_4464_HEIC.jpg


・・・
(その中に格好の良いレーシングカーが・・・。)
・・・
・・・


IMG_4465_HEIC.jpg


・・・
(フォーミュラ・1?or2?or3?or4?カー?!)
(つまりF1?またはF2?またはF3?またまたのF4?のレーシングカー?!三重県には、かの鈴鹿もあります。)
・・・
・・・


IMG_4466_HEIC.jpg

・・・
(どこも賑わってます。)
・・・
・・・


IMG_4468_HEIC.jpg


・・・
(手品の部屋や手作り体験の部屋も。女子に人気があるようです。)
・・・
・・・


IMG_4475_HEIC.jpg


・・・
(図書館。)
・・・
・・・

IMG_4469_HEIC.jpg

・・・
(あっ、ゆるキャラが歩いている・・・あの先のポスターにあったゆるキャラ・ステージに向かうのでしょうか?)
・・・
・・・

IMG_4470_HEIC.jpg

・・・
(ゆるキャラとまでいかなくとも被り物も多いのです。)
・・・
・・・

IMG_4471_HEIC.jpg

・・・
(突然、ハードな一画に・・・。別コーナーには、サバイバルゲーム用コーナーもありました。)
・・・
・・・


IMG_4473_HEIC.jpg

・・・
(こちらは、防衛省主催の体験コーナーでした。)
・・・
・・・

IMG_4479_HEIC.jpg

・・・
まだまだ取り上げていない屋外模擬店も催しも屋内店舗や展示や企画も書ききれない位にあるのですが・・・。
以上は、学祭のほんの一部です。
盛りだくさんな学園祭でした。
・・・
(ありがとう)のゲートも手作りでした。
不思議なことに手描き・手描き・手描きの多い学園祭でした。手作り感満載です。
・・・
お帰りゲートの左向こうに見える建物は、三重大学医学部付属病院です。
・・・
・・・
大学祭は明日11月4日(土)もあります。
また来年も学祭に行ってみたいです。
・・・
・・・


IMG_4487_HEIC.jpg


・・・
(津方面はまたの機会に・・・。)
・・・
・・・
***************
・・・
・・・
(次号に続く)


2017年11月 3日
2017年11月 3日
2017年10月29日
2017年10月22日
2017年10月15日
⇒すべての記事を見る

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■三重県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北杜・山梨北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 三重特派員

    三重特派員
    な*る
    京都・大阪・東京を経て、三重県にたどり着きました。既に23年在住しています。グラフィックデザイン、建築、パースと3つの学校を卒業後、デザイン事務所、建築設計事務所などに従事。その後、フリーに。三重県の有名どころから、地元ならではの少しマニアックな場所まで、楽しんで頂けるよう、お伝えできれば幸いです。 DISQUS ID @disqus-ikRtVgzLlp

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集