海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ミラノエキスポ特派員ブログ

イタリア/ミラノエキスポ特派員ブログ 赤星 敬子

イタリア・ミラノエキスポ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

duomo colleone.jpg

まだまだ日中は35℃近い猛暑が続くミラノです。
今回はミラノから日帰りの旅シリーズの第二弾、ベルガモという街をご紹介します。


ミラノ中央駅から電車で小一時間、通勤や通学の人々と共に揺られるとBergamo駅に到着します。終点なので、まちがいないですね。片道5・50ユーロでした。

駅のロータリーから続く大通りをひたすらまっすぐ歩いていくと、左手に時計台が見えてきます。

da bassa.JPG

写真奥の上の方に、うっすらといくつかの建物が集まっているのがおわかりいただけるでしょうか。
ベルガモは電車の駅があり、現在の主要新市街のチッタ・バッサ(Citta Bassa)と、丘の上にある旧市街地チッタ・アルタ(Citta Alta)に分かれています。チッタ・アルタは、15世紀から18世紀にかけてヴェネツィア共和国とロンバルディア地方の影響を受けた芸術都市です。

その代表がブログのトップの写真のコッレオーニ礼拝堂です。


さて新市街地から旧市街地までは、バスで行くという方法もあります。駅前から何本もバスが出ていて、行き先と終点がCitta altaと書いてあるなら簡単ですね。チケットは車内の自動販売機で買えます。一回1・50ユーロです。B5サイズぐらいの赤いボックスが運転席近くにあるので、小銭を用意してください。


それでもせっかくなら・・・・・

funicorale.jpg

フニコラーレ(Funicorale)と呼ばれるケーブルカーに乗ってみませんか?


ベルガモ駅からの大通りをどんどん進んでいくと、徒歩だと20分くらいでケーブルカーの駅に着きます。


funicorale stazione.jpg

片道1・30ユーロ、乗車時間はわずか5分ほどですが、遠足気分を楽しめるので大人にも子供にも大人気!!!


さて、旧市街はどんな感じなのでしょうか。

1467年に完成したコッリオーニ礼拝堂を中心に、現在ではそぞろ歩きをする人々が多く落ち着いた街並みとなってます。


piazza.jpg

オペラ・ファンの方なら、作曲家ドニゼッティ出身の街として思い出していただけるでしょう。
ドニゼッティ博物館もあります。
Museo donisetti
E-mail casanatale@donizetti.org


stradina.jpg

メーンストリートをそぞろ歩きすると、何だか”おっぱい”のような形をした不思議なものがショーケースにならんでいます・・・

polentina chiaro.jpg

これはいったい何なのでしょう?
巨大サイズも!!!

polentina enorma.jpg

北イタリアではパン代わりに、とうもろこしの粉を水と共に銅の鍋で煉り合せたポレンタ(Polenta)という付け合わせがあります。
ここベルガモも北イタリア料理の主流をくみ、伝統的なお料理はどっしりしたものが多いですね。
そこでドルチェもそのポレンタにあやかったのか、色鮮やかなポレンティーナ(Polentina)が生まれたようです。
味見すると、イタリアのスウィーツらしく「とても甘い」。


polentina.jpg


ただ、このように個別包装してあれば、持って帰ってホテルで食べる分にはいいかもしれません。


piazzetta.jpg

夕方以降になると、小さい広場に面したレストランで食事をする人たちでにぎわっていました。


ボッティチェッリの「ジュリアーノ・デ・メディチの肖像」などのあるカッラーラ美術館もおすすめです。
新市街地も銀行、証券会社、保険会社など金融関係のオフィスが多く、街のいたるところにガーデニング・フラワーがアレンジされ、豊かさと落ち着いた雰囲気の小都市のベルガモ。
イタリアの喧騒に疲れたなら、ぜひ一度、訪れてみてください。

Accademia Carrara
www.lacarrara.en(イタリアの美術館は通常月曜休み)
住所 Piazza Giacomo Carrara 82


2017年8月19日

夏のイタリアに欠かせないもの 第2弾はずばり「ジェラート」です。

cioccolati.jpg

イタリア人の甘いもの好きさかげんは、世界でも上位にランキングされるはず。
ランチタイムの後、スーツ姿のビジネスマンがうれしそうにジェラートを食べながら職場に戻っていく光景も見慣れました。
しかも皆さん、チョコレート系のジェラートが大好き。
ナッツクリーム、チョコチップが入ったもの、ダークチョコから、ヌテッラ系まで20種類近いチョコ、チョコ、チョコ系のジェラートでショーケースは覆われています。


写真の左端の方に見えているのは、ブリオッシュと呼ばれるパンにジェラートを挟んで食べる南イタリアの文化だから。

coppetta.jpg

日本進出を果たしているGROMなども街中で見られます。
ジェラテリアによって違いはありますが、カップのメディアで3テイスト2・5ユーロぐらいでしょうか?


たまたまシチリア島バレルモにいたのですが、混む時間帯がなんと22時過ぎ。
夕食後のそぞろ歩きにジェラートはもってこいですね。


gente.jpg


いやはやもう、オーダーするだけでも大パニックです。


カップかコーンかどのテイストを選ぶか、しっかりと決めてからまずレジでお金を払いオーダーしましょう。

個人的にはスイカやレモン、桑の実(これはすごく珍しいので)などのフルーツ系がとても美味しかったです。
ここ「ブリオシャ」は自然、安全なな素材を厳選し、昔ながらのレシピと製法でジェーラートを作っているそうです。


7月初旬に訪れたこのジェラテリア、日本のテレビ番組でも紹介されていたようでびっくりしました。
私たちは、バレルモ市内の陶器店の女性店員にお勧めを聞いたところ、「ブリオシャ」を教えてくれたので、たまたま訪れると大人気店だったというわけです。

frutta.jpg

あと、南イタリアならピスタチオ味(イタリア語の発音ではPistacchio=ピスタッキオとなります)を、ぜひ味見してみてくださいね。

Gelateria Brioscia(マッシモ劇場近く)
住所 Via Mariano Stabile 198
営業時間 11時から午前2時まで、無休。(要確認)
WWW.brioscia.it


Gelateria Brioscia(ジェラテリア・ブリオシャ)
Via Mariano Stabile 198(マッシモ劇場近く)
午前11時から深夜2時(無休)
www.brioscia.it


2017年7月31日

朝晩は半そででは寒いくらいのミラノからお送りします。ただ日中の日差しのきつさは、まだまだ続きそうです。
皆さんはイタリア人のミラノの夏というと何を想像されますか?


7月の最終週となり、8月にバカンスで海や山に出かける人々が多い中、仕事や経済上の事情でミラノや通常住んでいるところでそのまま普通の生活を続ける人たちが年々、多くなってきているようです。

gente.jpg

そんな都市居残り組の人々でも楽しめる夏のイベントの一つが、野外ライブです。


ミラノの中心地、インドロ・モンタネッリ公園では8月31日までの毎週日曜日にジャズ・イベント”Jazz in the Park 2017”が行われています。

esibizione.jpg

スタンダードなジャズの名曲と、涼しい風が吹き出す夏の夕暮れが心地いいですね。


キオストロ・ディ・ピッポ(Chiostro di Pippo)の中の特設ステージとなってます。

chiosco.jpg

ビールやカクテル、簡単なパニーノやポテトチップスも買えます。(だいたい5ユーロから)


ただ屋外で樹々が多いため、蚊よけのスプレーなど対策をはお忘れなく!

verde.jpg

このキオスコと呼ばれる正面のテーブルに座らなくても、周囲の芝生などピクニック気分でジャズ生演奏を楽しんでいる人が大勢いました。

Jazz in the Park 2017
Indro Mondantanelli(インドロ・モンテネッリ公園)、地下鉄Line 3 レプッブリカ駅(Repubblica)近く
8月31日までの毎週日曜日、だいたい18時半から23時まで。
チャージなし。飲み物だけChiosco di Pippo(キオスコ・ディ・ピッポ)というバールで買ってくださいね。
大規模な夏フェスではないですが、こんなこぢんまりした感じもよいものです。


そしてもう一つ、夏のイタリア人に欠かせないものとは?
次回に続きます。



2017年7月28日
2017年7月15日
2017年7月11日
2017年5月31日
2017年5月27日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ミラノエキスポ特派員

    ミラノエキスポ特派員
    赤星 敬子
    兵庫県明石市出身。大学卒業後、大阪日刊スポーツ社へ入社し、芸能、レジャーなどを担当。96年に退社後、サッカー好きが高じて97年1月イタリア・ボローニャへ語学留学。その後ミラノへ移り、99年からデイリースポーツ通信員として活動を始める。サッカーサイト、雑誌などでセリエAの日本人選手やイタリア・サッカーについて執筆中。イタリア・ジャーナリスト協会会員。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集