海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ミラノ2特派員ブログ

イタリア/ミラノ2特派員ブログ 赤星 敬子

イタリア・ミラノ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

 いきなりですが、これは何だと思われますか?
PR.jpg

突然、街中に出現した巨大なハイヒールは、お店の宣伝のためでした。
さすがに走っていたのではなく、道端に駐車してあったものです。


 さて、ミラノ・コレクションも明日25日までとなりました。
9月中旬は、薄手のコートが手放せないほど寒かったのですが、このミラノ・コレクション2018春・夏に合わせたかのように暖かくなり、外に出るのが楽しくなりました。
そこでショッピング・ゾーンを歩いていて、目をひいたショーウインドーをご紹介したいと思います。


 トップバッターは、いつも目をひく個性的な演出で楽しませてくれるドルチェ&ガッバーナからどうぞ。スピーガ通りにて。
D&C.jpg

 同じスピーガ通りでは、鮮やかなイエローのポルシェが石畳に映えてインパクトがありました。
porche.jpg

この「ポルシェ・デザイン」ショップ内にはスポーティーなウェアがそろっています。


 そして別な意味で「あれっ?」と気になったのは、スーツケースで知られるリモワのお店でした。
romowa.jpg

“日の丸をバックにした錦鯉”でしょうか。素敵です。


 そして、高級ブランドのショップが立ち並ぶモンテナポレオーネ通りのちょうど真ん中あたりに位置する、老舗の「カフェ・コーヴァ」にはラブリーなケーキが飾られています。写真を撮っている人が多かったですね。
cafe cova.jpg


 「イタリアのトレンドを抑えるならこのファッション・ビル」といわれているエクセルシオールへ。
excelsior.jpg

大御所のカール・ラガフェルド氏がキャッチーなイラストで出迎えてくれました。


 今年の冬の流行はどんな感じなのでしょうか。そろそろブーツもショーウインドに並ぶようになりました。


2017年9月24日

 一年中でミラノの街が最も活気づき、華やぐミラノ・コレクションが20日にスタートしました!
ドゥオモ近く、スカラ座前のスカラ座広場では市の建物の一部がカラフルな布で覆われています。
“布の図書館”というタイトルで、ファッションには欠かせない布や刺繍、イタリアの服飾産業の歴史をイメージしたものだそうです。

FullSizeRender (1).jpg


piazza scala tessuta.jpg

ミラノコレクションは「ミラノ・モーダ」とか「ファッション・ウィーク」と呼ばれ、来年の春夏のレディス・コレクションが発表されます。
25日までの期間中には150以上ものショーやプレゼンテーション、展示、そして20のイベントがミラノ市内で行われます。

 20日はグッチやビブロス、アルベルト・フェレッティ、21日にはマックス・マーラ、フェンディ、プラダ、モスキーノというブランドが新作コレクションを披露しました。
22日にはトッズ、アルマーニ、ミッソーニのショーが行われるそうです。

そんな高級ブランドのショップがずらりと並ぶのがモンテナポレオーネ通り。
montenapolone.jpg

500メートルほどのこの通りは一方通行でもあり、期間中は行き来する車で渋滞が起こるほどです。
もちろんショッピングする人々も通常よりは多く、イタリア国外からのツーリストの姿も目立ちますね。
ミラノの商工会議所の調べでは、市内のホテルの客室の90%がバイヤーなどの関係者や観光客で埋まっているのだそうです。

milano xl.jpg

関連イベントも多く、期間中には俳優のコリン・ファース、女優のヘレン・ミレンやジュリアン・ムーアが招待されているようですよ。


galleria.JPG

ガレリアの中央には「喜びのサロン ジュエリーの小部屋」と名付けられた特別展がありました。名作絵画に描かれた女性たちの宝石をモチーフにした展示でした。

 ある調べによると、この期間中のミラノの経済効果は1700万ユーロ(約22億6000万円)だとか!!!
ファッション・ビジネスの街、ミラノを象徴するデータと思いませんか。


2017年9月21日

 いよいよ8月も終わりですね。みなさん、いかがお過ごしですか。
ミラノは今週末からぐっと気温が下がり、最低気温は15℃前後になるようですよ。
朝、晩かなり肌寒くなると思われます。本格的な秋の到来ですね。


さて、今回はミラノのカフェの流行をお伝えしましょう。
休憩したり、お茶を楽しむことにプラスした新しいタイプのカフェがどんどん出てきています。

bianchi.jpg

まずは「Bianchi Cafe & Cycles」です。
イタリアの自転車メーカー、ビアンキ社が手掛けたカフェです。
独自のチェレステ(イタリア語で空、空色のの意味)カラーがビアンキの象徴です。


店内には自転車なども飾られていて、一味違った雰囲気を醸し出していますよ。
ヨーロッパは自転車レースが盛んで、アマチュアの人でも休日は自転車で郊外に遠出する人も多いです。

ここはドゥオモから地下鉄で一駅のサン・バビラ広場にも近く、また一本入った通りなので落ち着けます。
朝食からディナーまで、料理にもこだわりがあるそうです。

「Bianchi Cafe & Cycles」
住所 Via Felice Cavallotti 8
www.bianchicafecycles.it/en


 続いてはイタリアの陶器メーカー、Thunがショップ兼カフェとして営業している「THUN Caffe」です。
thun caffe.jpg

ちょうど午前10時過ぎの遅めの朝ごはんタイムだったので、多くの人でにぎわっていました。

thun shop.jpg


 トゥーンはオーストリア国境に近い街、ボルツァーノが本社で動物や天使などをモチーフにした可愛らしい商品を生み出ししていることで、イタリア国内外でもよく知られています。。
小さい女の子へのプレゼントにベストなグッズがそろっています。最近は文具なども手掛けているようですよ。


 ショップ兼カフェの住所は、Corso Galibardi 86 となっていますが、実際はVia Statutoの方にショーウィンドがあり、わかりやすいです。日によっては新鮮な果物などの販売日もあります。地下鉄Line2(緑ライン)のMoscova(モスコーヴァ)駅からすぐです。

ミラノ市内のショップなどは、以下のサイトでご確認ください。
www.thun.com/


 このThun Caffeからもそう遠くないガリバルディ地区にあるのが、「Moleskine Cafe」です。

moleskine.jpg

モレスキンって何?と思われる方も多いことでしょう。
作家のヘミングウェイ、画家のピカソ、イタリアン・ファッションを代表するフェラガモ氏らが愛用してきた老舗手帳メーカーなのです。
もしかすると、名前やロゴをヨーロッパ内の空港内のショップで見かけたことがあるかもしれません。


店内はWifiフリーなので、パソコンなどを持ち込んでいる人の姿も多いですし、近所のミラネーゼがくつろいでいる姿も見かけますよ。
夕方の6ユーロからのアペリティフもおすすめ。

「Mileskine Cafe」
住所 Corso Galibardi 65

http://www.moleskine.com


2017年8月31日
2017年8月23日
2017年8月19日
2017年7月31日
2017年7月28日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ミラノ2特派員

    ミラノ2特派員
    赤星 敬子
    兵庫県明石市出身。大学卒業後、大阪日刊スポーツ社へ入社し、芸能、レジャーなどを担当。96年に退社後、サッカー好きが高じて97年1月イタリア・ボローニャへ語学留学。その後ミラノへ移り、99年からデイリースポーツ通信員として活動を始める。サッカーサイト、雑誌などでセリエAの日本人選手やイタリア・サッカーについて執筆中。イタリア・ジャーナリスト協会会員。 DISQUS ID @keikoakahoshi

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集