海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ミラノエキスポ特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

イタリア/ミラノエキスポ特派員ブログ 赤星 敬子

イタリア・ミラノエキスポ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

 みなさんはイタリアを代表する芸術家、ミケランジェロの最後の未完の作品「ロンダニーニのピエタ」をご存知ですか。

pieta.jpg

 彫刻家ミケランジェロの作品は1564年に生涯を終えたローマに多く残されており、この「ロンダニーニのピエタ」が発見されたのもローマ市内のロンダニーニ家だったそうです。

 あの世へ旅立ったイエス・キリストを抱きかかえるマリア様の悲しみと慈愛が表現されており、ミケランジェロは10年以上かけて制作に取り組んでいました。

しかし未完のまま、ミケランジェロはこの世を去りました。


 その未完の最後の作品が、ミラノ・スフォルツェスコ城でご覧になれます。
castello.jpg

viso.jpg
マリア様の頭部の左部分、像に向かって右手の一部分にもう一つの顔が彫られているのがわかりますか。
私の写真ではうまく写っていませんが、実際に実物を見ていただくと納得していただけると思います
ミケランジェロはどういう想いでこの作品を仕上げようとしていたのでしょうか。


 スフォルツェスコ城の正面門を入って、広い中庭の左手奥の方に展示室の入口があります。
entrata.jpg

 2015年5月から「ロンダニーニのピエタ」のみを展示する空間となりました。
そしてありがたいことに火曜日の14時以降、水曜日から土曜日の16時30分以降と毎月第一日曜日(今年12月3日まで)は、なんと無料でこの貴重な作品が見られるのです。

bambini.jpg


ちびっ子たちもガイドの説明におとなしく耳を傾けていました。


 ドゥオモ広場から歩行者天国のダンテ通りを通り抜けて約15分。ヴィスコンティ家やスフォルツェスア家などミラノの城主たちの住居兼要塞だったこの名所に、ぜひ足を運んでみてくださいね。
alfaromeo.jpg


Castello Sforzesco
www.milanocastello.it

9時から17時30分(入場は17時まで)、月曜休み。
「ロンダニーニのピエタ」を含む場内の美術館入館料は5ユーロ。
火曜14時以降、水曜から土曜の16時30分以降は無料(入場17時まで)。今年12月3日までの第一日曜日は無料。
敷地内屋外はフリーエントランス。


2017年4月30日

いよいよゴールデイウィークが始まりましたね。みなさんはどんな過ごし方をされますか?
例年に比べるとやや肌寒いミラノですが、ここ一週間はだいたいお天気はよさそうですよ。


さて、今日はミラノのシンボルでもあるドゥオモのチケット売り場が、新しくオープンしたことをお知らせします。

ticket entrata.jpg

これまではドゥオモに併設された臨時チケット売り場でしたが、新しい売り場はドゥオモのすぐ横の左側の道を歩いていくと、別の建物にあります。

ticket tate.jpg

まず販売機で整理券を取ってから、左奥のスーベニール・ショップを兼ねたチケット売り場で整理券番号が電光掲示板に表示されるのを待ちます。
と、その様子を写真でご紹介したかったのですが・・・・

ticket yoko.jpg

ある金曜日の午前10時過ぎに行ったら、この行列。4、5月は学生の遠足シーズンでもあり、またメーデーの祝日にもかかっていたためか50人以上が列をなしていました。
なので、お土産やプレゼントなどにも選択肢が豊富になった”ミラノ・グッズ”の紹介はまた別の機会にしますね。

duomo.jpg

チケットにはいくつかの種類があり、カテドラル入場のみだと3ユーロ、それにエレベーターで頂上の屋根の部分に上がる分などをプラスしたAパスは16ユーロ、カテドラル入場と階段で屋根に上がる分などをプラスしたBパスは12ユーロとなっています。

太陽の光の関係から、入って右部分のステンドグラスが美しく見えるのは午前中ですね。

interno.jpg

テロ事件などの関係からか、入口では荷物チェック、金属探知機での全身チェックが行われています。お気をつけください。


また頂上に上がるエレベーターでも同じチェックがあります。
乗り口はドゥオモ裏手に2か所あり、曜日や時間によって変わるようです。

cima.jpg

上がると繊細なレース模様のような様子が手に取るように見えます。お天気のいい日は最高ですよ。
14世紀から約500年間かけて作られたゴシック建築の素晴らしさを、ぜひ感じてみてください。

citta.jpg

購入したチケットは出口でも必要なので、失くされませんように。
それではみなさま、楽しいゴールデン・ウィークをお過ごしください。

Duomo di Milano
www.duomomilanoit/en
8時から19時、無休(ミサのある時間帯は要確認)、チケット売り場は18時まで、ドゥオモ入場は18分10まで。
Duomo Shop の営業時間は8時から18時30分まで。



2017年4月29日

イタリアも本格的なパスクワ(Pasqua)と呼ばれるイースター、復活祭の連休に入りました。17日までが祝日となります。
小旅行に出かける人、郊外で日帰りピクニックを楽しむ人、またミラノの中心部のデパート、リナシェンテは「ハッピー・イースター」
と称して、16日は深夜までの延長営業をするそうです。

venchi.jpg

スローフードの提唱で知られる食のデパート、イータリーにはチョコレートメーカー、ヴェンキ(Venchi)社の巨大なイースター・エッグが華やかに飾られていて、同社のチョコレートを味見できました。
このヴェンキ(日本ではヴェンチと表記されていることが多い)のチョコレート、本当に美味しいですよ。イタリア国内の空港や主要鉄道駅にショップがありますし、濃厚なチョコジェラートはファンも多いんです。

eataly.jpg

イータリー店内は、ニワトリや卵をモチーフにしたかわいらしいデコレーションであふれていました。

そう、パスクワといえば卵、ニワトリ、ウサギ・・・・・といったキーワードでしょう。
キリストの復活祭という重要な意味を持ち、春の訪れを告げるこのお祭りは人々をウキウキとさせるようです。

uova.jpg

こんなに大きなイースターエッグもスーパーで実際に販売されていました。卵部分だけで高さ1㍍近くはあったでしょうか。
気になるお値段は52ユーロ(約6300円)でした。お店やレストランのディスプレイ用かな?

そして、このイースターエッグと共に、売り場のかなりの面積を占めるのが、コロンバ(Colomba)=鳩と呼ばれるスポンジケーキなのです。


colomba.jpg

25㌢から30㌢四方はあるでしょうか。鳩が羽を広げた形をしていて上に軽くシュガーコーティングされているのがスタンダードです。
これをお招きされたの際の手土産にしたりします。

colomba scatola.jpg

こういう箱入りのものが手ごろで人気もあります。
チョコレートやオレンジピールをあしらったもの、シリアル入り!?なんて健康志向のバージョンも出てきました。

イタリアでは次のように言われています。
“クリスマスは家族と、新年のカウント・ダウンは友人と、そしてパスクワは好きな人と過ごそう”
“好きな人”というのが柔軟性があっていいですね。愛する人、大切にしたい人は誰にだっているのですから。


最後におまけは、ちびっ子が大好きなキンダー(Kinder)のサプライズおもちゃ入りエッグ・チョコレート。


draemon.jpg

なんと男の子用にはドラえもんのパッセージングが並んでいました。
そうです、イタリアでは「ドラえもん」のテレビ放映もあったのでした。

それではみなさま、Buona Pasqua!(素晴らしいイースターを!)。


2017年4月15日
2017年4月 1日
2017年3月26日
2017年3月11日
2017年3月 8日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ