海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ミラノエキスポ特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

イタリア/ミラノエキスポ特派員ブログ 赤星 敬子

イタリア・ミラノエキスポ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

イタリアも本格的なパスクワ(Pasqua)と呼ばれるイースター、復活祭の連休に入りました。17日までが祝日となります。
小旅行に出かける人、郊外で日帰りピクニックを楽しむ人、またミラノの中心部のデパート、リナシェンテは「ハッピー・イースター」
と称して、16日は深夜までの延長営業をするそうです。

venchi.jpg

スローフードの提唱で知られる食のデパート、イータリーにはチョコレートメーカー、ヴェンキ(Venchi)社の巨大なイースター・エッグが華やかに飾られていて、同社のチョコレートを味見できました。
このヴェンキ(日本ではヴェンチと表記されていることが多い)のチョコレート、本当に美味しいですよ。イタリア国内の空港や主要鉄道駅にショップがありますし、濃厚なチョコジェラートはファンも多いんです。

eataly.jpg

イータリー店内は、ニワトリや卵をモチーフにしたかわいらしいデコレーションであふれていました。

そう、パスクワといえば卵、ニワトリ、ウサギ・・・・・といったキーワードでしょう。
キリストの復活祭という重要な意味を持ち、春の訪れを告げるこのお祭りは人々をウキウキとさせるようです。

uova.jpg

こんなに大きなイースターエッグもスーパーで実際に販売されていました。卵部分だけで高さ1㍍近くはあったでしょうか。
気になるお値段は52ユーロ(約6300円)でした。お店やレストランのディスプレイ用かな?

そして、このイースターエッグと共に、売り場のかなりの面積を占めるのが、コロンバ(Colomba)=鳩と呼ばれるスポンジケーキなのです。


colomba.jpg

25㌢から30㌢四方はあるでしょうか。鳩が羽を広げた形をしていて上に軽くシュガーコーティングされているのがスタンダードです。
これをお招きされたの際の手土産にしたりします。

colomba scatola.jpg

こういう箱入りのものが手ごろで人気もあります。
チョコレートやオレンジピールをあしらったもの、シリアル入り!?なんて健康志向のバージョンも出てきました。

イタリアでは次のように言われています。
“クリスマスは家族と、新年のカウント・ダウンは友人と、そしてパスクワは好きな人と過ごそう”
“好きな人”というのが柔軟性があっていいですね。愛する人、大切にしたい人は誰にだっているのですから。


最後におまけは、ちびっ子が大好きなキンダー(Kinder)のサプライズおもちゃ入りエッグ・チョコレート。


draemon.jpg

なんと男の子用にはドラえもんのパッセージングが並んでいました。
そうです、イタリアでは「ドラえもん」のテレビ放映もあったのでした。

それではみなさま、Buona Pasqua!(素晴らしいイースターを!)。


2017年4月15日

2 cannoncini.jpg

イタリアのスウィーツは甘すぎるし、量も多すぎる。
そう思う方も多いと聞きました。
食事の後のドルチェの量が半端なく多いのが残念な場合もありますよね。


前回に続いてミラノ・食のレポートです。お付き合いください。


“少しずつ味見”ができたら、ありがたいのですが。
事実、私も何度も実感したことがあります。

しかし今回、はまりそうなイタリアン・ドルチェにめぐり会いました!
3月中旬にオープンしたまだ新しいお店です。

「Serge」のカンノンチーノは、パイ皮のサックリ感とほどよい甘さのクリームのシンフォニーが抜群です。
大きさも、だいたい人差し指と親指で円を作ったくらいのもので、パクッといただけちゃうんですよ。


come si fa.jpg


パイ生地の手のひらサイズのコーンに、4種類(カスタードクリーム、チョコレート、ナッツ、ザバイオーネ風味)のうちの一つをその都度つめてくれ、出来上がり。

Crema Pasticciera; クレマ・パスティッチェーラ=カスタード・クリーム
Nocciola;ノッチョーラ=ヘーゼルナッツ・クりーム
cioccolato;チョッコラート=チョコレート
Zabaione;ザバイオーネ=ザバイオーネ風味

の4種類があります。

nel vetorina.jpg


パイ皮を作るときに使う鉄の小さな棒を常に適温(人肌程度?)にキープし、パイ側の状態をキープしておく。
そしてオーダー後にクリームを詰めてくれる。
一つ1・90ユーロ(約250円)という値段もありがたい。


3個以上のお持ち帰りだとシックな黒いカラーのボックスに入れてくれます。

tagliato.jpg

宿泊先に持ち帰ってゆっくり味わうのもいいですよね。

bar.jpg

ちょっと甘いものが食べたい、という気持ちを満たしてくれますよ。
しかもドゥオモから徒歩1分。
Barも併設されていて、薫り高いコーヒーといただくのもよいかも。(カウンターのみ)
マカロンやクッキーなども販売しています。


Serge
住所; Via Mazzini 8
電話:+39-02-89094918
営業時間は要確認


2017年4月 1日

maido  signora.jpg

スローフードのシンボルとなったEataly(イータリー)で週末の3日間、お米料理に焦点を当てたイベントが開かれているので行ってみました。
日本のおにぎりとライスバーガーという選択肢に、イタリア人マダムも興味津々でポスターを眺めています。

da fuori.jpg

イータリーも今年で10周年だそうです。
ズメラルド劇場を改装したピアッツァ・ズメラルド店で開かれたイベントでした。

sadler.jpg

イタリアというとパスタとピッツァのイメージが強いでしょうか。
でもリゾットという伝統的な料理方法もあります。
ミラノからフランス国境に近い西のトリノに向かう途中のヴェルチェッリ周辺には稲作地帯が広がっていているんですよ。

今回のイタリアの出展者の中で間違いなくトップだったサドレル氏の一品は、ミラノ風リゾットにオッソブーコと呼ばれる骨の髄肉のソースを組み合わせたものでした。薄いペーパー(米粉でしょうか)に巻かれたサフランリゾットが、きっちりとアルデンテで、ソースもあっさりとしながらも美味でした。


ミシュラン獲得の輝かしい経歴のあるご本人も会場にいらして、にこやかにファンとの写真撮影に応じたり、フレンドリーな雰囲気でした。

cassa.jpg まずはレジで1枚4ユーロのコインを買って、ミニ・グルメ旅に臨みます。ワインも欠かせません。料理は一品1コイン、もしくは2コイン。ワインも同じシステムでスパークリング、赤、白とそろっています。

suppuli.jpg


ローマからはライスコロッケ、スップリーでおなじみの「La casa del suppli(ラ・カーザ・デル・スップリー)」が参戦。その名の通り、伝統的なトマト・ミートース、モッツァレッラをからっと揚げたクラシックタイプ、もしくはチーズとコショウを利かせたカーチョ・エ・ペペなどをアピールしていました。

イタリアのB級グルメですね。一つでけっこうお腹いっぱいになります。


maido.jpg

そして日本からは、おにぎりとライスバーガーです。

お好み焼きを売りにした「Maido」さんはストリートフードで若者を中心としたイタリア人から人気で、ミラノ市内でも数店舗を構えています。日本のアニメに慣れ親しんだ人なら「話の中に出てくるおにぎりを一度食べてみたい」と思うのだとか。

同行したイタリア人の友人は、予告されていた「こげ茶のおにぎり(=焼きおにぎり)」に期待していましたが、この日はなかったそうで残念でした。

あと「Maido」の牛肉、そしてチキン照り焼きという2種類のライスバーガーも、イタリア人の口に合ったようです。


トップの写真のマダムが迷っているのもわかる気がしますね。
ちなみにおにぎりの具は鮭かツナでした。


スシ、サシミ、テンプーラだけでなく、その他にも日本人がふつうに口にしている食に興味を持ってもらえるのはうれしいことです。

interno.jpg


その他にもミラノのペルー、韓国料理レストランが、各国の伝統的なお米料理を手軽に味わえるメニューを提供していました。


Ristorante Sadler
住所 Via Ascana Sforzo 77
電話 +39-02-58104451

Maido
住所 Via Savona 15
電話 +39-02-39434027


これからのイータリーのイベント企画が楽しみです。
また皆様にお伝えしていければと考えております。


2017年3月26日
2017年3月11日
2017年3月 8日
2017年3月 4日
2017年2月12日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ロンドンイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ