海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ミラノエキスポ特派員ブログ > 楽園ビーチのランペドゥーサ島でバカンス

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

イタリア/ミラノエキスポ特派員ブログ 赤星 敬子

イタリア・ミラノエキスポ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月11日

楽園ビーチのランペドゥーサ島でバカンス


メール プリント もっと見る

楽園ビーチのランペドゥーサ島でバカンス

みなさん、こんにちは。早めのバカンスで、イタリア最南端のランペドゥーサ島で美しい海と美味しい食べ物を堪能してきました。
真っ青な白砂のビーチは、これまでに見た中でもベスト3に入る素晴らしさで、うまく表現する言葉が見つからないほどです。

panorama coniglio (2).JPG

シチリア島から南に220㌔のところにあるこの島は、イタリアよりもチュニジアに近くマルタ島との中間に位置しています。
20・2平方㌔㍍で東西に細長い島です。
気候も北アフリカに近いのではないでしょうか。

ミラノからは6、7、8月の週末に直行便があり、2時間ほどでランペドゥーサに到着します。


何といってもこの島で有名なのは、手つかずの自然が残されていることでウミガメが産卵にやってくることでしょう。
島で一番魅力的なのが、ラビット・ビーチ(イタリア語ではSpiaggia dei conigli、スピアッジャ・デイ・コニッリ)です。

panorama mezzo.JPG

色彩が本当に鮮やかで透明感は抜群。ここまで来てよかったと感じさせてくれます。
ただ、ビーチまでには20分ほどかけて岩と砂埃の道を下っていかなければなれません。きっちりと歩道にはなっているものの、ビーチサンダルでは危ないので、スニーカーなど歩きやすい靴が必要でした。


海辺にはパラソルやビーチベッドはないため、自分たちで持参していかなければなりません。ビーチはパラソルなどを使用する人たちと、使用しない人たちの2つにきっちり分かれています。
また環境保護のため、飲み物を売る売店などもありませんし、ゴミなどは全て持って帰らなければなりません。
(ビーチを下る入口にバールがあり、そこでお水や食べ物を買ったり、パラソルのレンタルもできます)

gente spiaggia.jpg

でもこのような制限があっても、行く価値のある魅力的なビーチでした。
ですが朝から太陽の日差しがきつく、砂浜に直に寝ているとまるで砂風呂に入ったかのような暑さ。我慢大会かと思うほどの猛暑でした。乾燥しているせいか、少し海に入ってもすぐにカラリと乾くすごさ。
「1日だけだから・・・」とパラソルなどを用意せず油断していた結果、背中全体の皮がむけてしまいました。


ほとんどの人がレンタカー、レンタルバイクでした。
こんなかわいらしい車で、風をきってドライブもいいですね。
pink car.JPG

私たちはそんな手段がなかったので、島を1時間に一本走っているミニバスで毎日、ビーチに通っていました。
ドアのところにあるイラストが島の形を表しています。

bus.jpg

ラビット・ビーチ方面のメーンルート、ブルー・ラインと島の東北方面に行く短い路線のレッド・ラインがあります。
チケットはバスに乗る時、一人一回1ユーロでドライバーさんから直接、購入しました。

pensionato.jpg

運転席に身を乗り出してしゃべっているこの男性は、郊外から買い物に来たとか。
年金生活をしていて中心地の親戚の人々にも挨拶していくそうです。
私たちに「このドライバーは車内でケッパーを売っているんだ、ぜひ買ってやってくれよ」とアピール。

そしてバスが走り出すと、ドライバーさんが「ケッパーあるよー、買ってってくれ」と大声を出して堂々と副業していたので、思わず笑ってしまいました。


島でのお楽しみはディナー。宿泊していた隣が魚屋兼レストランで、連日にぎわっていたので期待して出かけました。

pesce.jpg
獲れたての立派な魚が!!! 大漁です。


オーソドックスに海の幸のパスタをオーダーしました。
frutti di mare.jpg


魚介類のいい出汁が出ていて、とてもおいしかったです。
ミラノでは魚介類が高いため、日頃なかなか食べられない魚料理をこの島では思いっきり堪能できました。

午後8時に席に着いた時は私たちだけだったのに、9時を過ぎるとこの人出でとてもにぎやかになりました。
gente cena.jpg

そして翌日の朝食を買いに、街中のメーンストリートへ。

frutti verdure.JPG


物価も安く、旬の桃2個とトマト2個で2ユーロ(約260円)もしないとは驚きです。毎日のように通っていました。7歳ぐらいの女の子が手伝っていて可愛かったので写真を撮ろうとすると、恥ずかしかったのかお父さんの後ろに隠れてしまいました。


お土産にはウミガメTシャツはいかがですか。

umigame.jpg


メーンのローマ通りには同じようなショップが軒を連ねています。
ですが、私たちの行った「タルタドゥーサ(Tartadusa)」が正規店だとのことでした。
メンズ、レディース、子供用のTシャツ、ポロシャツなどデザインも色も豊富にそろっていますよ。

Tartadusa
住所 Via Roma 18/A Lampedusa
サイト http://www.tartadusa.it

長文にお付き合いくださって、ありがとうございました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル
2017年7月11日
« 前の記事「ミラノお土産グッズならここ! ドゥオモ横ショップ」へ
»次の記事「島のクルーズは海もランチも最高! ランペドゥーサ」 へ
おすすめ記事
    ミラノエキスポ特派員 新着記事
    島のクルーズは海もランチも最高! ランペドゥーサ
    楽園ビーチのランペドゥーサ島でバカンス
    ミラノお土産グッズならここ! ドゥオモ横ショップ
    なんと40種類ものコーヒーが! "illyカフェ"で一休み
    ミラノ版システィーナ礼拝堂は見逃せない 聖マウリツィオ僧院
    ミケランジェロ作品が限定無料公開 平日夕方にぜひ
    ドゥオモに新チケット売り場が誕生
    イースターエッグとスウィーツあれこれ in ミラノ 2017
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ミラノからパリ観光で感じた光と影
    イタリア流ショッピングの楽しみ方
    訪れるべき! イタリアの最も美しい村に選ばれたサルデーニャのボーザ
    海の透明度が抜群! サルデーニャ島で癒しのバカンス

    イタリア ツアー最安値


    2017/7/12更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ