海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/南三陸・宮城特派員ブログ

日本国内/南三陸・宮城特派員ブログ MIYUKI

日本国内・南三陸・宮城特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

11月4日(土)に開催された『南三陸町産業フェア』の模様を一挙公開!
産業フェアとは、実りの秋を存分に楽しむことができる南三陸町毎年恒例の大イベント。
今年も、南三陸の農業・林業・水産・商工・観光の産業団体が集結しました!

kaikaishiki.jpg

まずは開催を祝して、こちらも恒例の餅まきからスタートです!▼
mochimaki.jpg
「こっちにも~」たくさんの歓声と笑顔で会場が沸き返ります。

ステージオープニングを飾ってくれたのは「行山流水戸辺鹿子躍」▼
shishiodori.jpg
この日は高校生のみでのお披露目!南三陸町戸倉地区の伝統的な躍りです。

続いて水産部会による「模擬セリ」▼
mogiseri.jpg
買い手が相互に値段を競い合い、最も高値を付けた買い手に売ることを「せり売り」といいます。
南三陸町の魚市場でも日々行われているせりを、この日は特別に会場で!
せり人はなんと佐藤町長!買い手はご来場のお客様。
南三陸町の海で水揚げされた旬のタコや鮭、鮮魚詰め合わせが次々せりにかけられます。
最初は皆さん緊張していたのか、なかなか声が上がらず…
が、そこはさすがの佐藤町長!上手にお客様の笑いをとり、緊張をほぐしていきます。
見事せり落したお客様はほくほくの笑顔!なかなかできない体験を楽しまれたようです。

こちらは農業部会による「餅つき」▼
mochitsuki.jpg
昔ながらの杵と臼をつかって餅をついていきます。
お客様にも参加いただきます。杵が振り下ろされるのに合わせ、
「よいしょ~」と掛け声が響き、あたたかな声援に包まれます。
そうしてつきあがったお餅は、あんこ餅にしてお振る舞いされました。
つきたてのあったかくて柔らかいお餅と、地元のお母さん手作りの優しい味のあんこは相性抜群!
ほっぺが落ちる美味しさです。

農業部会による「リンゴ皮むき大会」は見てるこちらも楽しくなりました!▼
ringonokawamuki.jpg
一番長く皮をむいた人に新米など豪華景品が用意されるこちらのイベントは大人気。
皆さん上手に剥いていきます。
ちなみにこの日一番短く皮をむいた方の記録は5cm、
りんごの皮むきが上手になりますようにとカゴいっぱいのリンゴがプレゼントされました。

町外からは「小牛田農林高校和牛調教半with吹奏楽部」の皆さんが参加してくれました▼
IMG_0695.JPG
なんと生徒さん方が飼育している和牛と吹奏楽のコラボ!
大きくて立派な牛と生徒さんの息のあったコンビネーションと、
素晴らしい演奏に会場からは絶えず拍手と歓声があがっていました。

続いては「世界で活躍中のみんなのきりこ音楽隊」の皆さん▼
kirikoongakutai.jpg
前日から「みんなのきりこ」を携えて、世界で活躍する演奏家の方々が町内各地で門付け演奏してくださっていて、産業フェアの会場にも駆けつけてくださいました。素敵な演奏に会場が魅了されました。

続いては南三陸町のよさこい演舞チーム「陸仙海」の皆さん▼
rikusenkai.jpg
冷たい風が吹き抜ける会場で、寒さをものともせずに笑顔で演舞する皆さんの姿に感嘆の声♪

ステージのとりを飾っていただいたのは「米山愛子」さん▼
IMG_0754.JPG
綺麗な歌声に会場が酔いしれました。

林業部会は、地域に伝わる上棟式を模擬形式で披露!▼
mochimaki3.jpg
祝詞が聞こえてくると会場は神聖な雰囲気に包まれます。上棟式の最後にはこちらも形式にのっとり餅まきが行われました。
お餅と一緒にお菓子もまかれ、子ども達の元気な声があちこちから聞こえました。

そして屋外ブースは特産品販売と飲食販売が充実!
「イワナ」の塩焼きがありました。食欲をそそる芳ばしい匂いがたまりません。▼
iwana.JPG
子どもに人気の「ホタテ釣」。うまく釣れたかな?▼
hotate.jpg
友好町の庄内町からは庄内豚と庄内柿が登場!
syonaibuta.jpg

その他にも、屋内では地元企業・団体による、産業PRブースが設けられました。体験あり・実演あり・試食あり・プレゼントありと楽しみながら町の産業を知ることができます。
お子様向けには東北電力さんによる「ふわふわドーム」、さとうみファームさんによる「ひつじの触れ合いコーナー」、様々な現場で活躍する「働く車展示・試乗体験」がおこなわれました。▼
hatarakukuruma.jpg

今年も町内の方から町外の方まで、本当にたくさんのお客様にご来場いただき大盛況となった
南三陸町産業フェア!来年はどんな催しがあるのか今から楽しみですね♪

<おまけ>
南三陸町では、季節限定の大イベントの他にも定期的に行われているイベントがあることをご存知ですか?
実は毎月最終日曜日に、その時期の旬な食材がメインとなった催しがなされるイベント「南三陸福興市」が開催されています!
11月26日(日)は、今が旬!鮭・いくらがメインとなった「鮭・いくらまつり福興市」!
詳細は、南三陸町観光協会HPのイベント情報にて更新されますのでお楽しみに^^
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
南三陸町観光協会HP:https://www.m-kankou.jp/


2017年11月11日

こんにちは。早いもので11月がスタートしました。
そして南三陸町では、キラキラ輝く”あの丼”が提供スタートしています!


「至福の一杯、こぼれる幸せ。」


どーん!(丼)
①syugo-kirakiraikura.jpg

ずらりと並んでいるこちらの丼、ぜ~んぶいくら丼!
そうです。11月~2月のキラキラ丼のメインとなる食材は「いくら」。
海の宝石のように輝くいくら丼は、まさにその名の通りキラキラ丼☆
ちなみに、実はこのなかに1丼だけスイーツ丼が並んでいます。
皆さん分かりますか??正解は後ほど^^


「南三陸キラキラ丼」といえば、各店舗によって丼の盛り付けや
お膳の付け合わせなども異なり、バラエティに富んだ丼が特徴。
今年はどんないくら丼?早速チェックしてみましょう!

②kirakiraikura-shinoya.jpg
▲①季節料理志のや
《住所》南三陸町志津川字御前下62-4
《営業時間》11:00-14:00,17:00-21:30
《定休日》水曜日
《電話番号》0226-47-1688
沖どりのいくらを、丁寧に仕上げて正油漬けにし、近海のメバチマグロと地元白身魚を丼いっぱいに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

③kirakiraikura-tatsumiya.jpg
▲②南三陸 竜巳や
《住所》南三陸町歌津管の浜48
《営業時間》11:00-14:00,17:00-21:00
《定休日》火曜日
《電話番号》0226-25-9377
いくらを食べて、心も笑顔も宝石のように輝くイメージで盛り込みました。見た目も楽しめるいくら丼です♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

④kirakiraikura-utatsugane.jpg
▲③食飲笑うたつがね
《住所》南三陸町歌津字伊里前96-1 南三陸ハマーレ歌津内
《営業時間》11:00-14:00
《定休日》水曜日、第3木曜日
《電話番号》0226-28-9107
シャケなベイビー丼。鮭の親子の絆をご堪能ください。※土日限定20食

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⑤kirakiraikura-endo.jpg
▲④鮨処 えんどう
《住所》気仙沼市本吉町津谷新明戸200
《営業時間》11:00-14:00,16:30-21:00(LO/20:30)
《定休日》火曜日(祝日の場合翌日)
《電話番号》0226-42-3351
選ばれた素材だけを、あぶりメカは気仙沼に水揚げされたものを、いくらは三陸産を使用しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⑥kirakiraikura-hashimoto.jpg
▲⑤創菜旬魚はしもと
《住所》南三陸町志津川字五日町51 南三陸さんさん商店街内
《営業時間》11:00-14:00,17:00-21:00(LO/20:30)
《定休日》月曜日(不定休あり)
《電話番号》0226-29-6343
特製の醤油ダレに漬け込んだ自家製いくらと、志津川名物のタコ、華サーモン、鮭身の竜田揚げ、
めかぶの酢の物など、一つのお膳に南三陸を盛り込みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⑦kirakiraikura-ryo.jpg
▲⑥かいせんどころ梁
《住所》南三陸町志津川字五日町51 南三陸さんさん商店街内
《営業時間》11:00-14:00(LO/14:00)※ディナータイム完全予約制
《定休日》水曜日
《電話番号》0226-25-7126
東北の冬を彩る食材いくら、マグロ、鮭の入った梁のキラキラいくら丼。
風味高い海苔に巻いて食べてもOK!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⑧kirakiraikura-shiosai.jpg
▲⑦食楽しお彩
《住所》南三陸町志津川字五日町51 南三陸さんさん商店街内
《営業時間》11:00-14:00,17:00-22:00(LO/食事21:00 飲み物21:30)
《定休日》火曜日(月曜日は昼のみ営業)
《電話番号》0226-46-1087
三陸で獲れたいくらを丼いっぱいに!!サーモンものった贅沢な一品です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⑨kirakiraikura-yamauchi.jpg
▲⑧山内鮮魚店
《住所》南三陸町志津川字五日町51 南三陸さんさん商店街内
《営業時間》8:00-18:00
《定休日》木曜日
《電話番号》0226-46-2159
宮城県で水揚げが1番の南三陸魚市場。その鮭のいくらをたっぷりと使って自家製のタレに漬け込んだいくら。
ぷりぷりのやわらかいいくらをぜひご賞味ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⑩kirakiraikura-benkei.jpg
▲⑨弁慶鮨
《住所》南三陸町志津川字五日町51 南三陸さんさん商店街内
《営業時間》11:00-14:20,17:00-21:00
《定休日》水曜日(火曜日は昼のみ営業)
《電話番号》0226-46-5141
はらこ飯、穴子飯、たこ飯を1つの丼に。本来主役級の穴子・たこがいくらを引き立てる脇役にまわる。
3つのだしが効いた炊き込み飯をぜひどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⑪kirakiraikura-matsubara.jpg
▲⑩松原食堂  ※12月新設オープンに向けて準備中
《住所》南三陸町志津川字本浜町109
《営業時間》11:00-14:00,17:00-21:00
《定休日》月曜日(祝日の場合は翌日)
《電話番号》0226-46-2433
海を見ながら食べるキラキラ丼は最高です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⑫kirakiraikura-oing.jpg
▲⑪オーイング菓子工房Ryo
《住所》南三陸町志津川字五日町51 南三陸さんさん商店街内
《営業時間》11:00-18:30
《定休日》月曜日
《電話番号》0226-25-9948
パティシエがキラキラ丼を?近くで見ても、おしょうゆを用意したくなる。でもかけちゃだめ!スイーツです。
※こちらはスイーツキラキラ丼です。何も言わずにプレゼントしたらびっくりするかも…?!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上の11店舗で絶賛提供中です。各店舗の個性あふれる盛り合わせが素敵ですね。
今流行の”インスタ映え”も間違いなしの南三陸グルメのひとつです!
どのいくら丼にしようかじっくり悩んで、「幸せの一杯」をぜひご堪能ください♪


皆さんもニュースでよく耳にしているかと思いますが、
今年は、昨年以上に秋鮭が不漁のため限定数での提供になる場合もあるようですのでご注意ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
南三陸町観光協会キラキラ丼ページはこちら
南三陸さんさん商店街HPはこちら
南三陸ハマーレ歌津HPはこちら


2017年11月 5日

突然ですが、『南三陸キラキラ丼』をご存知でしょうか?
四季毎に丼の内容が変わる南三陸町の名物丼。
11月からは、今回紹介する”子たち”が主役となる南三陸キラキラ”◯◯◯”丼が提供開始となります。

“キラキラ丼”の語源ともなった食材とはなんでしょう?
答えはブログの最後にご紹介します^^
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
冬の気配が訪れつつある南三陸町。
この季節、一年振りに”その姿”に出会えることを期待して、
何度も町内を流れる川を覗き込みます。
まずは歌津地区の伊里前川(いさとまえがわ)です。
①sake.JPG
お、いました!!そう、鮭です。
毎年早い個体は、10月初旬に川を遡上し南三陸町に帰ってきます。
②sake.JPG
拡大するとこのような感じです。
雄雌のペアで、実に仲睦まじいこと…!
③sake.jpg
続いては志津川地区の八幡川(はちまんがわ)です。
下流は大規模な工事をしていますが、志津川中学校のあたり
まで来ると川の水位は低くなり、透明度が増します。
数日前は確認出来ませんでしたが果たして…?
④sake.JPG
いました!!
尾びれで水面を打ち付けているのが見えます。
ちょっと保護色状態で見えづらいですね…。
⑤sake.JPG
赤い円で囲ってみました。
長旅で身体はボロボロ。色も白みがかっています。
⑥sake.jpg
最後にもう一箇所。
同じく志津川地区の水尻川(みずしりがわ)です。
周辺工事の影響か、川の水は茶色です。
これは難しいかな…と思いつつも上流の観測ポイントへ。
⑦sake.JPG
おー、いました!
尾びれが痛々しいですが、流れに逆らいつつ泳いでいます。
周囲の環境は人間の頭でも追い付けないほどに変化してしまいましたが、
鮭たちは今年も故郷を間違えず、無事辿り着き始めています。
⑧sake.JPG
鮭の遡上は1月頃まで続きます。
南三陸町にお越しの際は、川の浅瀬を覗いてみて下さい。
懸命に生きる鮭たちの姿をご覧いただけると思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さあ皆さん、もうお分かりでしょうか?
「南三陸キラキラ丼」11月から主役となる食材とは…キラキラ輝く海の宝石『いくら』!
⑨kirakiradon.jpg
今年もこの季節がやってきました。食欲の秋、そそられますね。
近日、南三陸キラキラいくら丼をご紹介しますのでお楽しみに!
——————————————————————————————
<季節毎に丼が変わる!南三陸キラキラ丼
春:キラキラ春つげ丼(3月~4月)
夏:キラキラうに丼(5月~8月)
秋:キラキラ秋旨丼(9月~10月)
冬:キラキラいくら丼(11月~2月)
——————————————————————————————


2017年10月24日
2017年10月19日
⇒すべての記事を見る

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■宮城県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 南三陸・宮城特派員

    南三陸・宮城特派員
    MIYUKI
    生まれも育ちも宮城県南三陸町。南三陸町といえば…海?だけではありません。海・里・山、自然豊かな地元の素敵な景色や風景、心あたたかい町の人々、自慢のグルメ情報などなど。ここでしか味わえない「時間」を皆様にお届けします。 DISQUS ID @disqus_i7EdfUe6C1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集