海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/宮崎特派員ブログ

日本国内/宮崎特派員ブログ ひじりー

日本国内・宮崎特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


宮崎市の中心部、若草通りのすぐ近くにあるお店「若草HUTTE」でジビエランチをやっているとの事で行ってきました。

20180307hyutte (1).jpg

20180307hyutte (2).jpg

20180307hyutte (3).jpg

20180307hyutte (4).jpg

こちらは宮崎県北部地域にある美郷町出身の山師ご兄弟「今西さん」の営むお店です。

20180307hyutte (6).jpg

20180307hyutte (5).jpg

こちらで使われる椎茸などのお野菜の数々は今西さんがご自身で生産されたものや宮崎県内様々なルートから直接仕入れたものを使用しているようです。

20180307hyutte (7).jpg

お野菜は地産地消はもちろんの事、なんとこちらでは鹿肉のジビエ料理も提供されております。

美郷町では鹿などによる獣害が深刻な状況になっており、農作物への被害はかなり大きいようです。

そんな状況ですが、今西さん、獣害対策に繋がれ!と鹿肉のジビエ料理を提供!

鹿の異常な繁殖ストップによる食物連鎖の正常化。

そして消費者には嬉しいジビエ料理が頂ける♪鹿は良質なタンパク質。臭みのない美味しいお肉なのです。

もちろん鹿肉のエベレスト丼を注文。

20180307hyutte (8).jpg

20180307hyutte (9).jpg

スープ付き。この日のスープはミネストローネ。

20180307hyutte (10).jpg

レンコンなどお野菜たっぷり。酸味があって美味しいです。

20180307hyutte (11).jpg

そして、主役の鹿肉エベレスト丼。

20180307hyutte (12).jpg

この鹿肉の輝き。この盛り上り、まさにエベレスト。

20180307hyutte (14).jpg

お米は今西さん自らが作る天日掛干し米。

そのお米をまんべんなく鹿のお肉で包み込んでおります。

20180307hyutte (13).jpg

鹿のお肉は本当に臭みが無く、全く癖も無く美味しく頂けます。

たんぱくな鹿肉、クリーミーなソース、そして手作りのお米を一緒に頂くと、最高に美味しい。

20180307hyutte (15).jpg

さっぱりと頂けますので、これからやってくる夏にもピッタリな鹿肉のジビエ丼です。

鹿肉、なかなか皆様なじみが無いとは思いますが、是非宮崎にお越しになられましたら鹿肉エベレスト丼食べて頂きたいです。

【お店詳細】
若草HUTTE & co-ba Miyazaki
住所:宮崎県宮崎市橘通東3丁目5 鈴木ビル
電話:0985-41-5359
営業時間

10:00~23:00

日曜営業

定休日:不定休


2018年4月18日

20180120rin (9).jpg

皆様辛麺はご存知でしょうか?

唐辛子、にんにく、ニラ、挽き肉、卵がたっぷりの宮崎県は延岡市発祥の麺料理。

麺はもちもちの通称コンニャク麺。

コンニャク麺と言ってもこんにゃくを使用している訳ではなく、そば粉と小麦粉の麺になります。

辛くて美味しくて、瞬く間に宮崎中に広まって行っていった宮崎発祥の麺料理になります。

現在は宮崎県以外にも出店しており、日本全国様々な地域で食べる事ができます。

そんな辛麺ですが、今日は「ここが美味しい!」と噂の『辛麺屋 輪』に行ってきました。
20180120rin (1).jpg

お店の看板にも記載してありますが、
「辛く、甘くもある、その独特な感じがおいしい!」まさにそんな麺料理!それが辛麺です。
20180120rin (2).jpg

店内は清潔感があり、女性も入りやすい雰囲気。カウンター席とテーブル席、奥にはお子様でも安心なお座敷席も。
20180120rin (3).jpg

20180120rin (4).jpg

辛麺は辛さが選べるのが特徴です。
20180120rin (6).jpg

辛いのが苦手な方は1~5倍。
20180120rin (7).jpg

ちょっと辛いのがイケる方は6~9倍。
結構辛いのも大丈夫だよ。という方は10~14倍
全くもって辛いのが平気な方は15~25倍
猛者はそれ以上も!!

どうやら猛者が多いようで、店内に敷き詰められた色紙は25倍以上を食べた方の色紙のようでした(^_^;)
20180120rin (7.1).jpg

こちらは同行者の注文した辛さ5倍の辛麺。
20180120rin (8).jpg

たまごとニラがたっぷり、唐辛子もいい感じ、これはピリ辛そうです!

さらっとしたスープ、辛み、甘み、旨みがマッチして美味な辛麺との事でした♪

そして私はなんと!25倍に挑戦!!

どんぶりを見て驚愕(・_・;)見るからにヤバイです、ほぼ唐辛子です。


20180120rin (9).jpg

スープの粘度が違います。唐辛子が纏わり付いてきてドロドロのスープになっております。
20180120rin (10).jpg

麺は冒頭で紹介したコンニャク麺。もちもち食感が美味しい弾力の強い麺なのですが・・・。

20180120rin (11).jpg

スープの粘度が高い為、持ち上げる際にプチプチ切れるほどでした。

一口スープを飲んでみましたが『辛い!!』です。

でも、そんな辛いスープの中からも甘みと旨みが込み上げてきます。

そして唐辛子は辛いですが、良く味わってみるとフルーティーな味わいもしてくるように思います。

途中までは何とか楽しく食べる事ができましたが、後半からがとても辛い!

「辛(から)い」じゃなくて「辛(つら)い!」

後半は無心で食べ進め、何とか完食しました。

とても美味しい麺料理ですが、辛さに挑戦される方は心構えが必要かもしれません。

辛いもの好きな方はぜひ。

【お店詳細】
辛麺屋 輪 宮崎加納店
住所:宮崎市清武町加納3-6
電話:0985-85-0134
営業時間
11:00~24:00
日曜営業
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休業)


2018年1月23日

20180118syanguriraa (24).jpg


チキン南蛮発祥の地、宮崎では様々なチキン南蛮を食べる事ができます。

お店によって、タルタルソース、甘酢、衣、揚げ方、肉の種類まで全然違います。

そんなチキン南蛮の美味しいお店を『~宮崎チキン南蛮紀行~』と題して、
たまにですがご紹介していこうかな?と思っております(*^_^*)

今日は宮崎で1~2を争うレストラン通り、大島通線にあるお店「しゃんぐり・ら」に行ってきました。
20180118syanguriraa (1).jpg

20180118syanguriraa (2).jpg
宮崎駅から車で10分程の所にあります。

緑に囲まれたレストラン、大人な雰囲気、外観から期待できます。
20180118syanguriraa (3).jpg

20180118syanguriraa (4).jpg

20180118syanguriraa (5).jpg


木漏れ日が射す店内は木が基調となっており、温かみと上品さを感じます。
20180118syanguriraa (6).jpg


メニューはさすが!街の洋食屋さん。という感じです。
20180118syanguriraa (8).jpg

チキン南蛮はもちろん、エビフライ、ハンバーグ、ビーフシチュー、ドリア、オムライスなどなど。
20180118syanguriraa (9).jpg

20180118syanguriraa (10).jpg

20180118syanguriraa (11).jpg

パスタやピザ、パフェやスイーツのカフェメニューも充実。
20180118syanguriraa (12).jpg

夜もリーズナブルにディナーコースが頂けるようです。記念日にも良さげ♪
20180118syanguriraa (15).jpg

20180118syanguriraa (16).jpg

20180118syanguriraa (13).jpg

この日注文したのはもちろんチキン南蛮ランチ880円を注文。ドリンク+サラダ+ライス付き!

サービスドリンクは400円分まで、それ以上の金額のドリンクは差額追加で注文できます。
20180118syanguriraa (14).jpg

今日は400円のジャーマンブレンドにしました。

お水を飲みつつ待つ事10分ほど。
20180118syanguriraa (22).jpg

はじめにわかめとお野菜のスープ。優しい味が胃袋に染みてきます。
20180118syanguriraa (23).jpg

スープで胃と口を洗浄したところでチキン南蛮到着!

でてん!とでかい!迫力あります!
20180118syanguriraa (24).jpg

ココットに入った小鉢が切り干し大根のところも宮崎らしくていいです♪
20180118syanguriraa (24.1).jpg

チキン南蛮は見た目からわかる柔らかそうな雰囲気。
20180118syanguriraa (25).jpg

ナイフがスッと入ります。
20180118syanguriraa (27).jpg

断面からジューシーさも伝わってきます。
20180118syanguriraa (28).jpg

一口食べると口の中が幸せぇ~~となる美味しさです!

マイルドで濃厚なタルタルソース、酸味と甘みが絶妙な甘酢、シェフの卓越した技で揚げられたふわふわの衣と絡みあってます。

食べたらわかる柔らかジューシーなお肉。

これがごはんに合わない訳がありません。

ボリュームも満点で、女性は食べきれない程、男性でも満足間違いなしのチキン南蛮です。

食後にはコーヒーもついてきます。
20180118syanguriraa (29).jpg

この内容で880円は恐るべし。

ぜひ味わって頂きたい、宮崎のお店のご紹介でした。

【お店詳細】
しゃんぐり・ら
住所:宮崎県宮崎市大島町前田322−1
電話:0985-26-0021
営業時間
お昼の部 11:00〜15:30【14:30LO.】
夜の部  17:30〜22:00【21:15LO.】
日曜営業
定休日:火曜日


2018年1月19日
2018年1月17日
2018年1月 9日
2017年12月 7日
2017年11月24日
⇒すべての記事を見る

九州旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■宮崎県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 宮崎特派員

    宮崎特派員
    ひじりー
    『宮崎の美味いを食べ尽す!』をモットーに日々食べ歩きに勤しんでおります。2015年から本格的に食べ歩きを始め、かれこれ訪問軒数は500軒以上!安い!美味い!コスパ高い!が大好きです!レストラン、オシャレなカフェ、昔ながらの定食屋まで!宮崎のグルメすべてを網羅したいと思っております。「このお店に行ってほしい!」などリクエストがありましたらお気軽にご連絡ください。 DISQUS ID @disqus_kMj8ho5HmK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集