海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > メキシコ/モンテレイ特派員ブログ

メキシコ/モンテレイ特派員ブログ Sayaka

メキシコ・モンテレイ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

20171208_192117.jpg

日本から片道3時間ほど、LCCでも行けてしまう海外旅行先といえば、台湾、韓国、上海あたりが人気だと思いますが、我等モンテレイ市民にとってその条件にあてはまるのが、ラスベガスやサンディエゴ、テキサス州のサンアントニオです(全て直行便で行けます)。先週末は我が街モンテレイを飛び出して、これから年末年始のバケーションで訪れる人も多いであろうラスベガスに行ってきましたので、クリスマスらしい写真の撮れるスポットをご紹介しますね。宗教の多様性に配慮して、ラスベガスではクリスマスの装飾をほとんどやっていない…と事前に聞いていたのですが、場所によってはなかなか豪華でしたよ。

20171208_192343.jpg

まずはニューヨークニューヨークの裏手のT-mobileアリーナ前のツリー。サンタさんと一緒に写真の撮れるブースもありましたが、12月前半のこの時期、子連れで旅行するのはちょっと難しいですよね…空いていました。笑

20171209_202728.jpg

こちらはリンクとフラミンゴホテルの間にある、リンクプロムナードのツリー。世界最大の観覧車、ハイローラーをバックに撮れば、ラスベガスらしさが強調できますね。

20171211_072045.jpg20171211_072102.jpg

シーザーズパレスの正面玄関は、ちょっとシュール。笑

20171210_151642.jpg

20171210_151706.jpg20171210_151808.jpg

それに写真撮影の定番、ベラッジオの庭園もクリスマスバージョン。日曜日の午後3時ごろに行ってしまったので、凄い人です…ゆっくり写真を撮りたければ、朝早めの時間の方が良さそうですね(庭園自体は24時間無料で開放されています)。

20171210_152031.jpg

ツリーの足元には可愛い電車も走っています(ブレブレですみません)。

20171210_152330.jpg

このディスプレイ、熊が相撲をとっている…?と、金太郎的な世界観を感じてしまったのですが、

20171210_152339.jpg

滑り台から降りたところ」のようですね。

20171210_152307.jpg20171210_152237.jpg

この「プレゼントから顔を出している熊」の前が一番人気の撮影スポットになっていました。

20171208_190130.jpg

写真ではお伝えできませんが、同じくベラッジオの噴水ショーもクリスマスソングの特別バージョンになっていて、ロマンチックでしたよ。

20171208_170651.jpg

ちなみに現在のラスベガスの気候ですが、私は雪の降るモンテレイから行ったため(皆さん、「太陽の国メキシコ」というキャッチフレーズに騙されてはいけません!一年中常夏なのは、限られたごく一部だけです!)、随分暖かく感じました。深夜の街歩きでも長袖Tシャツ、綿のカーディガンに薄手のダウンジャケットで対応可能、持参したホッカイロやブーツ、ファーの帽子は必要ありませんでした。風もないので実際の気温と体感気温が大きく違う!ということもないと思います。ラスベガス在住の日本人の方に聞いたところ、今年は暖冬なのだそうです。

20171210_151911.jpg

以前こちらのブログにも書きましたが、メキシコでクリスマスはがっつり宗教行事なので、日本のように街中できらびやかでハイレベルなイルミネーションや装飾を見ることはできません(あっても、かなりしょぼいです)。私はクリスチャンではないのでクリスマスに特別な思い入れはないのですが、今回ラスベガスで久々に華やかなクリスマスを体験して、やっぱり自分は「厳か」よりも、「お祭り気分」の年末の方が好きかも…と思ってしまいました。笑


2017年12月14日

突然ですが、メキシコは「静かにする、おとなしくする」ことを躾ける文化がありません。なので、日本人同士の接待に使われるような高級店や、オペラやバレエを上演するような劇場でも、こどもがキャーキャー走り回っていたり、「怒鳴っている」に近いくらいの大声で話している人(大人も子供も)がいるのは当たり前。そんな背景があって、日本人の好むような、「読書やPC作業がはかどる、静かで落ち着いたカフェ」を探すのは、案外難しかったりします。
20171125_144853.jpg
「静かで落ち着いた」という観点から見て、モンテレイ随一と言って良いのが、こちらのデスマンチェ・コーヒー(Desmanche Coffee)。モンテレイの中心、クラウンプラザやフィエスタアメリカーナといったホテルの立ち並ぶエリアにあります。お店の前に大抵、ホームレスのおじさんが座って小銭を稼ぐのに歌っているので、ちょっと入るのに躊躇してしまうかもしれませんが、特に絡まれることもないのでご安心を。
20170923_180858.jpg
お店の中は外の喧騒とは別世界、いつ行っても静かにコーヒーを楽しむお客さんばかり。騒がしい人、マナーの悪い人に会ったことがありません。カウンター席中心で、スイーツはクッキー程度、食事メニューの提供は無しで、とにかくコーヒーに集中してほしい!というコンセプトがはっきりしているので、客層が限定されるのが良いのでしょうね。
20170923_181612.jpg20170923_182041.jpg
イタリアまでコーヒーのローストの勉強に行ったオーナーが、美味しいコーヒーを淹れてくれます。こちらの好みを伝えて選んでもらうこともできますし、おうちでコーヒーを淹れるときに必要な道具や方法についても、丁寧に相談に乗ってくれますよ。アジア人は目立つので顔を覚えやすいのか、二度目に行ったときには既に「前回○○が気に入ったみたいだから、今日はこれはどう?」と勧めてくれたのにはびっくりしました。
20171022_151947.jpg20171022_152051.jpg
私はインテリアには詳しくないのですが、お店の作りもシックで、カラフル大好き!柄物大好き!何でもてんこ盛り!なメキシコのセンスとは、一線を画すものがあります。こういうシンプルで落ち着いた感じ、きっと日本の方なら(ましてやメキシコの色彩感覚に疲れてしまった人なら、笑)、好きだと思うのです。
20170923_190227.jpg
純粋に美味しいコーヒーを楽しみたい方にも、静かなカフェという空間が好きな方にも、自信をもっておすすめできる一軒です。
20171125_144842.jpg
【データ】
名称:デスマンチェ・コーヒー(Desmanche Coffee)
住所:Miguel Hidalgo y Costilla 233, Centro, 64000, Monterrey, Nuevo León
TEL:01 81 1198 3477
営業時間:月 休み、火-金 7:30-21:00、 土日 16:00-22:00
※土日祝日は休みの場合があるので、フェイスブックで確認を。

2017年12月 5日
今日は節約旅行について記事を書いてみようと思います。皆さんご存知の通り、メキシコはお世辞にも治安の良い国とは言えませんので、「安全はお金で買う、交通費と宿泊費についてはケチらない方が良い」というのが私の持論です。もしスペイン語が話せないのでしたら、尚更この二つにはある程度お金をかけた方が良いです。トラブルが起きて何とかしようにも、一部の欧米人の好むリゾート地を除いて、メキシコで英語はほぼ通じませんので。
20171112_093216.jpg
逆に抑えようと思ったらいくらでも抑えられるのが食事代です。勿論、高級料理を食べようと思ったら天井はありませんが、メキシコは屋台で食べる文化が発達していますから、B級グルメがお好きなら、食事代はかなり節約できます。参考までに、うちの近所の屋台で買えるものの値段を紹介しますね。
20170713_205830.jpg
まず、メキシコで屋台と言ったら大抵の人が思い浮かべるのがこれではないでしょうか。店先でぐるぐる回って焼かれている、ケバブ風の豚肉の塊を削いで、トルティージャ(トウモロコシの生地を薄く延ばして焼いたもの)に載せたもの。モンテレイではタコス・デ・トロンポ(Tacos de trompo)と呼びますが、全国的にはタコス・デ・パストール(Tacos de pastor)と呼ばれることが多いと思います。大抵5個1皿で売られていて、私のよく行く屋台では一皿38ペソ(約228円)です。
20170813_092150.jpg
こちらはメキシコ版お焼き、ゴルディータ(Gordita)。同じくトウモロコシの生地に、中に牛肉や豚肉の煮込み、じゃがいも、スクランブルエッグ、サボテン、チーズetc.空きな具を選んで入れてもらっていただきます。一つ13ペソ(約78円)、男の人でも5個も食べればお腹一杯になれると思います。
20171008_095058.jpg
これはケサディージャ(Quesadilla)、大きなトルティージャにチーズと、やはりお好みの具(マッシュルーム、チキンの煮込み、サボテンetc.)を選んで、鉄板で炙っていただきます。こちらも一つ13ペソ(約78円)、4個か5個でお腹は満たされます。ちなみに、メキシコ人の命の水・瓶入りコカコーラも、屋台で頼むと13ペソ(約78円)。コンビニやスーパーで買ったら、勿論もっと安いです。
20171112_100016.jpg
実は私がメキシコに来て、食べ物の値段という点で最も驚かされたのが、チュロス。20cm×3本で、揚げたてサクサクチュロスが10ペソ(約60円)…。もう日本で、わざわざテーマパークで並んでまでチュロスを食べる気が全くしません
20171111_181448.jpg
ついでに、おそらく世界中どこでも節約旅行の強い味方になるであろう、カップ麺の値段も紹介しますね。カップ麺はメキシコでも、どこのスーパーでも簡単に買えます。こちら日本が生んだ大発明品、日清カップヌードルは一つ6.5ペソ(約39円)。ただ日本人の慣れ親しんでいる醤油味は勿論、カレーもシーフードもありませんので、味は別物だと思って買ってくださいね。
20171111_181741.jpg
メキシコではカップ麺の代名詞的存在、マルチャンは5.9ペソ(約35円)。これも味のラインナップはかなりメキシコ的で、基本、辛いか、酸っぱいか、その両方か、です。
20171111_181656.jpg
ソース味ではありませんが、UFOもあります。一つ20ペソ(約120円)なので、やや高級品ですね。
20171111_181221.jpg
メキシカナイズされていない日本のラーメンが食べたい!という方もご心配なく、アメリカ産のサッポロ一番もスーパーで買えます。写真は味噌ですが、塩も醤油もありますよ。味は日本と変わらないと思います。ただ、値段が…一袋24ペソ(約143円)。今ネットで調べてみると、日本の大手スーパーでサッポロ一番5袋入りで1パック354円というのがあったので、袋あたりの単価にしたらほぼ倍ですね…。
20171119_185457.jpg
あとは、ちょっとおしゃれなカフェでコーヒーとケーキをいただいたら、チップ込みで一人100ペソ(600円)くらい、ファミレスでドリンクとご飯を食べたら、一人130ペソ(780円)くらい、といったところです。
20171111_181518.jpg
ちなみに、私の住むモンテレイはメキシコの中ではかなり物価の高い街なので、他の街なら食事代はもっと安くあげられます(私が以前メキシコシティに住んでいたときは、晩御飯はタコス4つで20ペソ=120円が定番でした)。
20171112_100031.jpg
いかがでしたか?節約すべきところとお金をかけるべきところを上手く切り替えて、メキシコ旅行を楽しんでくださいね!

2017年11月24日
2017年11月17日
2017年11月13日
2017年11月 7日
2017年11月 6日
⇒すべての記事を見る

メキシコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■メキシコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • モンテレイ特派員

    モンテレイ特派員
    Sayaka
    2013年よりメキシコ在住。メキシコシティでの語学留学を経て、現在の拠点は北部の工業都市・モンテレイ。通訳、翻訳、日本人の生活相談等にあたっています。スペイン語は話せても、常識が違いすぎて「言葉は通じても話が通じない」状況に陥ることは未だに度々。親日国と呼ばれながらも街に溢れる間違った日本文化に苦笑いしつつ、カルチャーショックに溢れた毎日をお届けします。 DISQUS ID @disqus_NTVjnfN6FE

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集