海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > モンテビデオ特派員ブログ > ウルグアイリーグ・ クラウスーラ第15節(最終節)...

ウルグアイ/モンテビデオ特派員ブログ Mariana

ウルグアイ・モンテビデオ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年6月 4日

ウルグアイリーグ・ クラウスーラ第15節(最終節) 終了


メール プリント もっと見る

ウルグアイリーグ・ クラウスーラ第15節(最終節) 終了

今週末は、ウルグアイはサッカーウイークでした。

土曜日にウルグアイ代表戦が行われたと思いきや、ウルグアイリーグ・2011-12年シーズン クラウスーラ(Clausura)最終節、第15節も実施されました。

結果は、年間順位トップに位置していたのナシオナルがリバプールに勝利、クラウスーラ首位が決定しているディフェンソールがリーベルプレートに負けたため、ナシオナルの年間王者が決定しました。

2011-2012年シーズン終了後の年間順位表は以下の通り。

Tabla anual.jpg

こちらがクラウスーラ順位表。

torneo clausura.jpg

アペルトゥーラ首位はナシオナルだったため、次はナシオナルとディフェンソールが、ウルグアイチャンピオンチームの座をかけて戦います。

いずれにしても、南米No.1クラブを決める、コパ・リベルタドーレスに次回出場できるチームは、ナシオナル、ディフェンソール、ペニャロールとなりそうです。

さて、ここで少しウルグアイリーグの説明ですが、AUF (ウルグアイサッカー協会)のホームページによると、ウルグアイリーグは二期制を取っており、春(8月〜12月)にアペルトゥーラ(Apertura、前期リーグ)、秋(2月〜6月)にクラウスーラ(Clausura、後期リーグ)が行われます。

年間王者は、アペルトゥーラとクラウスーラの勝ち点を合計した、年間順位表(Tabla Anual)の結果で決まります。⇒2011〜12年リーグはナシオナルとなりました。

さらに、アペルトゥーラ首位(Campeón Torneo Apertura)、クラウスーラ首位(Campeón Torneo Clausura)がそれぞれ決まります。

1. もし、アペルトゥーラ首位もクラウスーラ首位も同じチームの場合は、そのチームがウルグアイチャンピオンになり、年間順位2位のチームが、ヴァイスチャンピオンとして国際クラブ選手権の出場権を得ます。

2. もし、アペルトゥーラ首位 or クラウスーラ首位のチームが年間首位の場合は、 首位チーム間で1回試合をし、勝ったチームが年間首位のチームであった場合は、そのチームがウルグアイチャンピオンとなります。しかし、勝ったチームが年間首位と異なる場合 は、もう2試合実施しないといけません、その2試合の結果で勝ち点が多いチームがウルグアイチャンプとなります。勝ち点が同じだった場合は得失点差で決まります(それも同じ場合は15分ハーフの延長戦、最後はPK戦で決まります)。この2試合後に負けたチームは、ヴァイスチャンピオンになります。

3. もしアペルトゥーラ首位およびクラウスーラ首位ともに年間首位では無かった場合は、アペルトゥーラ首位とクラウスーラ首位が試合を1回行います。この試合の勝者が次に年間首位と2回試合をします。2試合終了時点で勝ち点の多いチームがウルグアイチャンピオンとなります。勝ち点が同じだった場合は得失点差で勝者を決定。得失点差も同じ場合は15分ハーフの延長戦、最後はPK戦で決まります。この試合での敗者はヴァイスチャンピオンとなります。


ウルグアイチャンピオンは、コパ・リベルタドーレスおよびコパ・スダメリカーナにウルグアイNo.1チームとして出場権を得ます。ヴァイスチャンピオンは、ウルグアイNo.2チームとして、コパ・リベルタドーレスの出場権を得ます。コパ・リベルタドーレスの出場権を得られなかった、アペルトゥーラあるいはクラウスーラ首位は、ウルグアイNo.2チームとしてコパ・スダメリカーナへの出場権を得ます。

年間順位表で3位のチームがコパ・リベルタドーレスの出場権をNo.1、No.2として得てない場合は、No.3のチームとして、出場権を得ます。コパ・スダメリカーナの出場権も得る可能性があります。

今年は、年間首位とアペルトゥーラ首位がナシオナル、クラウスーラ首位がディフェンソールであるため、ウルグアイチャンピオンの座をかけて、ナシオナルとディフェンソールが試合をします。


もし1回目の試合でナシオナルが勝利した場合は、そのままナシオナルがウルグアイチャンプ、コパ・リベルタドーレスにはウルグアイNo.1チームの枠で出場権を得ます。この場合、ペニャロールはNo.2チーム枠で出場できます。ディフェンソールはNo.3枠で出場権を得ます。


もしディフェンソールが第1試合目を勝利したけれども、第2試合で負けた場合は、ナシオナルがウルグアイチャンプ、ディフェンソールはヴァイスチャンピオンとしてコパ・リベルタドーレスにNo.2チームとして出場権を得、ペニャロールはNo.3として出場権を得ます。


と、なかなかややこしくなっております。

コパ・リベルタドーレスへの出場枠がなぜ大切かというと、ウルグアイの場合No.1、No.2チームまでは

2次予選(Segunda fase)からの参加ですが、No.3チームは1次予選(Primera fase)から戦わなければならず、1次予選参加12チームのうち上位6チームに入らないと、次の2次予選に進めませんので、せめてNo.2までに入りたいわけですね。

と、今回は少しややこしくなってしまいました。

次のウルグアイ・サッカーファンの関心は、もっぱらナシオナルとディフェンソールのウルグアイチャンプ決定戦となりました。今の所の暫定日程は6月13日(水)か17日(日)です。

※後日追記:正式に6月16日(土)15:00〜@センテナリオ・スタジアムと決定 しました。

さて、ウルグアイリーグについてもう少し解説いたしますと、プリメーラ・ディビジョン(Primera Division 一部リーグ)からテルセラ・ディビジョン(Tercera Division 三部リーグ)までで構成されています。

もちろん各リーグに昇格・降格があります。プリメーラ・ディビジョンからの降格は、当該シーズンとその全シーズンの、合計2年間の年間勝ち点で決まり、下位3位が落ちます。

という事で、ウルグアイリーグには、年間順位表(Tabla Anual)、アペルトゥーラ(Torneo Apertura、前期リーグ)、クラウスーラ(Torneo Clausura、後期リーグ)、降格順位表(Tabla Descenso)と、4つ見ないといけない成績があります。ややこしい!!(まあ強いチームはTabla Descensoは見なくていいですが...。)


強豪チームと言えば、ウルグアイのリーグは開始当時から、ナシオナル(Nacional)、ペニャロール(Peñarol)が2大チームです。ソシオ(会員)の数もほぼ40,000人と、桁違いに多いです。ですが近年はディフェンソール(Difensor)等、他のチームも頑張っています。

ウルグアイ人との付き合いで、たまに『ほんで、どっちのファンや!??』というズバリ聞かれる質問が一番困るんですが(特に一家して同じチームのファンの場合など)、素直にご贔屓のファンを表明しても別に取って喰われはしません、ご心配なく。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦
2012年6月 4日
« 前の記事「今週末、来週末はW杯南米予選」へ
»次の記事「モンテビデオ、冬将軍到来」 へ
おすすめ記事
    モンテビデオ特派員 新着記事
    サッカー試合でまた暴動
    マリファナ合法化法案可決
    今年は違ったモンテビデオの夏
    ノスタルジアを笑い飛ばせ!
    モンテビデオを旅する前に知っておいた方が良いこと
    語学習得 + 宿探しの旅スタイル
    メーデーの過ごし方
    matrimonio igualitario (結婚平等法)案、可決

    ウルグアイとその付近のエリア ツアー情報


    2017/10/19更新

    中南米 航空券情報


    ウルグアイ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ウルグアイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • モンテビデオ特派員

      モンテビデオ特派員
      Mariana
      数年前にブエノスアイレス旅行のついでに、モンテビデオに立ち寄ったのが運の尽き。すっかりウルグアイに魅了されてしまい、2011年よりウルグアイ在住。まだまだ不自由なスペイン語を思うまま繰り出してウルグアイ人を煙に巻き、有り余る好奇心を持て余してあちこちを探索中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集