海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > モンテビデオ特派員ブログ > 今週末、来週末はW杯南米予選

ウルグアイ/モンテビデオ特派員ブログ Mariana

ウルグアイ・モンテビデオ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年6月 1日

今週末、来週末はW杯南米予選


メール プリント もっと見る

今週末、来週末はW杯南米予選

サッカー・W杯 南米予選が、今週末の6月2日(土)と来週10日(日)、なんと2週連続でモンテビデオはセンテナリオ・スタジアムで開催されます。


すでにベネズエラ戦のチケットはほぼ売り切れ(一番高い席は若干残りありとの事)、満員のセンテナリオ・スタジアムはさぞかし盛り上がる事でしょう。

FirefoxScreenSnapz001.jpg


既に我らがセレステ(ウルグアイ代表)のスターティングメンバーも発表済み;


ムスレラ(GK)
M. ペレイラ(DF)
ルガーノ(DF)
ゴディン(DF)
カセレス(DF)
ペレス(MF)
アルバロ・リオス(MF)
A.ペレイラ(MF)
フォルラン(FW)
カバーニ(FW)
スアレス(FW)

Adobe ReaderScreenSnapz001.jpg

選手のコンディション不良等の緊急事態が無ければ、このラインナップでベネズエラ戦はスタートです。

そんなこんなでちょっとしたお祭り気分が盛り上がって来たウルグアイですが、サッカー観戦好きのウルグアイ人を悩ませていているのが、最近のチケット代の高騰。


セレステ躍進のおかげでセンテナリオにお客が入るようになったのはいい事なのですが、その為か、AUF(ウルグアイサッカー協会)のチケット価格設定がだんだん強気になって来ており、今回の試合ではついに下記のような値段になりました。 


(ゴール裏)
TRIBUNA ÁMSTERDAM 400ペソ (2000円)
TRIBUNA COLOMBES 400ペソ
(バックスタンド)
TRIBUNA OLIMPICA (自由席) 650ペソ (3250円)
TRIBUNA OLIMPICA (指定席) 900ペソ (4500円)
(メインスタンド)
TRIBUNA AMERICA (指定席)1300ペソ (6500円)
(※1ペソ=5円換算)

ちなみに、下記が2009年に行われた南アW杯南米予選時の価格。

(ゴール裏)
TRIBUNA ÁMSTERDAM 200ペソ
TRIBUNA COLOMBES 200ペソ
(バックスタンド)
TRIBUNA OLIMPICA (自由席) 400ペソ
TRIBUNA OLIMPICA (指定席) 500ペソ
(メインスタンド)
TRIBUNA AMERICA (指定席)700ペソ


対アルゼンチン戦等、人気カードでは価格が上がっていたとはいえ、現在程は高くなっていませんでした。同じブラジル大会の南米予選でも、去年あった対チリ戦はゴール裏で350ペソでしたので、急激に高くなってるな〜という感覚です。


それでも対ベネズエラ戦は最も高いメインスタンドの席が残っているだけ、という事実上の売り切れです。セレステ人気の盛り上がりと、ウルグアイの景気が上向いている事を感じさせられます。

なお、試合観戦中の安全に対する配慮から、スタジアムに持ち込み不可の物があります。

ペットボトルとかビール瓶とか、花火とかは日本でも同様でしょうが、その他にライバルチームのインチャ(サポーター)同士の不要なトラブルを避けるために、ウルグアイのクラブチームのシャツや旗も持ち込み禁止です。


マテ、テルモ(マテ茶用のお湯を入れる魔法瓶)は持ち込み可。今回はどうやら、ウルグアイ人らしくマテを啜りつつの試合観戦が出来そうですw。

サッカー観戦、特に南米には危険なイメージがありますが、ウルグアイの場合は、普通に気をつけていれば、問題なく観戦が可能です。安いゴール裏の席が人気なため、熱心なサポーターが集う中心部分を避ければ、子供連れでもゴール裏で観戦をする事が出来ます。

とは言え、やはり不要な金目の物を持って行かない。カメラを持って行きたい場合は盗難に注意する。盛り上がりすぎているサポーターには近寄らない、夜の試合の帰り道は大勢の歩く通り又は明るい通りを歩く、等の配慮は必要です。
携帯電話は、多くのウルグアイ人がカジュアルにスタジアムで使ってるので、アルゼンチン程盗まれ易くはないのでしょうが、やはり盗まれないように注意するに越した事はありません。


自分もサッカー観戦に行く時は、基本手ぶら、腕時計も持たず、ジーンズのポケットに携帯とチケットと、バス代と、スタジアムでポテチとコーラを買うための小銭を入れたのみ、の軽装です。


ちなみに、チケットはセンテナリオスタジアムのチケット売り場、AUFのチケット売り場でも買えますが、一番気軽なのは、街中至る所にあるアビタブ(Abitab)というチケット売り場 兼 請求書支払い所での購入です。

214218_1307647395_abitab.jpg


私は、対ベネズエラ戦を観戦しに行こうかな〜、どうしようかな〜、2戦連続で行くのも贅沢だな〜、と悩んでいる間にチケットが売り切れ、悩む余地無くTV観戦が決定いたしました orz。

ペルー戦は行かねば。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦
2012年6月 1日
« 前の記事「モンテビデオの魅力は?」へ
»次の記事「ウルグアイリーグ・ クラウスーラ第15節(最終節) 終了」 へ
おすすめ記事
    モンテビデオ特派員 新着記事
    サッカー試合でまた暴動
    マリファナ合法化法案可決
    今年は違ったモンテビデオの夏
    ノスタルジアを笑い飛ばせ!
    モンテビデオを旅する前に知っておいた方が良いこと
    語学習得 + 宿探しの旅スタイル
    メーデーの過ごし方
    matrimonio igualitario (結婚平等法)案、可決

    ウルグアイとその付近のエリア ツアー情報


    2017/8/23更新

    中南米 航空券情報


    ウルグアイ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ウルグアイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • モンテビデオ特派員

      モンテビデオ特派員
      Mariana
      数年前にブエノスアイレス旅行のついでに、モンテビデオに立ち寄ったのが運の尽き。すっかりウルグアイに魅了されてしまい、2011年よりウルグアイ在住。まだまだ不自由なスペイン語を思うまま繰り出してウルグアイ人を煙に巻き、有り余る好奇心を持て余してあちこちを探索中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集