海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > モントリオール特派員ブログ > 極寒モントリオールを抜け出して - パリ番外編:モ...

カナダ/モントリオール特派員ブログ カオリ

カナダ・モントリオール特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年3月31日

極寒モントリオールを抜け出して - パリ番外編:モン・サン=ミシェル


メール プリント もっと見る

極寒モントリオールを抜け出して - パリ番外編:モン・サン=ミシェル

こんにちは。
パリ旅行シリーズ3回目、
今回は番外編、世界遺産
モン・サン=ミシェルです。


Montsaintmi_1.jpg

朝7時頃パリを出発し、
バスに揺られて約5時間。
モン・サン=ミシェルに到着しました。
ご存知の方も多いと思いますが、
モン・サン=ミシェルはフランス西海岸の
サン・マロ湾の小島に建つお城です。


『天空の城ラピュタ』の
モデルになったと言われる
このお城に一度来てみたいと
思っていたものの、長旅で
散策前にすでに少々疲れ気味に・・笑。


Montsaintmi_2.jpg

お城の1キロほど手前から
出ているシャトルバスに乗り、
ようやく敷地内へと足を
踏み入れました。


Montsaintmi_3.jpg

当日はあいにくの雨模様。
石畳が結構滑りやすく、
ハラハラし通しでした。
スニーカーを履いてきて
まだ良かったです。。


Montsaintmi_4.jpg

城壁に囲まれた敷地内を進み、
お土産やさん通りを抜けていくと、
小さな教会が開放されていました。
敷地内に住む一般の方達の
教会のようです。


Montsaintmi_5.jpg

「え、ここ道?」
と思ってしまう、なんとも
狭い抜け道があちらこちらに
見られます。
ここは民家の玄関のようですね。


Montsaintmi_6.jpg

入り口から歩いて約15分。
お城の入り口に着きました。


Montsaintmi_7.jpg

モン・サン=ミシェルは、
709年に礼拝堂として造られたのが
起源とされています。
長い年月の間にその役割を何度も
変えており、修道院、軍事施設、
そして監獄としても利用されていた
歴史があります。


様々な様式の増改築が施され、
13世紀頃には現在の形になったと
言われ、フランスの歴史的記念建造物にも
指定されています。(*1)
---------------------------
(*1) http://jp.france.fr/ja/discover/47655
http://www.ot-montsaintmichel.com/en/histoire.htm>


Montsaintmi_8.jpg

こちらは修道士たちが
瞑想のために歩いたと
言われる回廊の一端です。


回廊は四角形になっており、
修道士たちは瞑想の間に
誰とも出会うことのないよう、
常に一方通行だったとか。


Montsaintmi_9_1half.jpg Montsaintmi_9_2half.jpg

城の上の方へ登っていくと、
木でできた大きな車輪が
ありました。


何人かがこの車輪の中で歩き、
城の下からロープでくくりつけた
荷物を運び上げていたそうです。


Montsaintmi_10.jpg

写真の真ん中辺りに見える
滑り台のようなところを、
吊り下げられた荷物が
下から上へと引っ張り上げられて
いたということです。


この高さを人力で・・
考えるだけで、辛い労働です。。


Montsaintmi_11.jpg

お城内の石畳の石には、こんな風に
番号や文字に見える記号が一つずつ
刻まれています。
これは、お城を建てる時に、石を
運んできた労働者たちのサインです。
このサインを証拠として、給料を
もらっていたそうです。


Montsaintmi_12_2half.jpg Montsaintmi_12_1half.jpg

上まで来ると、遠くまで
一望できる素晴らしい見晴らし。


このカモメたち、カップルでしょうか。
2匹揃って可愛らしくポーズを
取ってくれ、雨模様の憂鬱さを
和らげてくれました。


Montsaintmi_13.jpg

モン・サン=ミシェルのある
サン・マロ湾は、潮の干満差が
とても激しく、その差は
約15メートルにも達します。
潮の流れはとても早く、かつては
満ち潮に呑まれて命を落とした
巡礼者もいたと言われています。(*2)


そこに、1870年代に対岸から繋がる
道路が建設され、最近まで海が
堰き止めてられていました。(*3)
------------------------------
(*2) http://jp.france.fr/ja/discover/47655
(*3) http://www.nytimes.com/2013/04/24/world/europe/restoring-the-sea-and-the-romance-to-mont-st-michel.html?_r=0


Montsaintmi_14.jpg

しかし、道路のできたことで潮の流れが
止まり、土砂年々積もり、お城の下は
小島ではなく地続きの土地へと
変わり始めました。


この陸地化を防ぐため、現在は道路を
取り壊し、写真のように橋をかけ、
潮が自然に流れるようにしている
とのことです。(*3)


ちなみに、この写真(上)の
クエノン川を挟んで左側が
ノルマンディー地方、
右側がブルターニュ地方です。


Montsaintmi_15.jpg

2時間ほどかけてお城を
ゆっくり回り、再びバスに乗って
帰路へと向かいました。
帰りのバスの中から眺める
羊の放牧の様子が、しばし異国情緒を
感じさせてくれました。


-------------------------------------------
Mont Saint Michel (モン・サン=ミシェル)
住所: 50170 Mont Saint-Michel,France
アクセス:パリ・モンパルナス駅から
     TGVでレンヌRENNESまで約2時間。
電話番号:+33 2 33 60 14 30
営業時間:9時〜19時
URL: http://www.ot-montsaintmichel.com/en/histoire.htm (仏語)
http://www.ot-montsaintmichel.com/en/histoire.htm (仏英語)
http://jp.france.fr/ja/discover/47655 (日本語)
-------------------------------------------

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2016年3月31日
« 前の記事「極寒モントリオールを抜け出して - パリ編:ノートルダム大聖堂」へ
»次の記事「グリーンランド上空を通過中。」 へ
おすすめ記事
    モントリオール特派員 新着記事
    記念日はエレガントにフレンチランチ♪
    東京ドームの16倍!広大なボタニカルガーデンでリラックス〜♪
    オールドポートに素敵なカフェが続々・・ :-)
    憧れのプリンスエドワード島へ!(B&B編)
    憧れのプリンスエドワード島へ!(Part.3)
    憧れのプリンスエドワード島へ!(Part.2)
    憧れのプリンスエドワード島へ!(Part.1)
    ケベックシティのB&B、ココなら間違いありません(>_<)!

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • モントリオール特派員

      モントリオール特派員
      カオリ
      結婚を機に、2015年よりモントリオール在住。暑さ寒さ共に非常に弱く、マイナス気温の世界での生活経験がない為、モントリオールの極寒の冬に怯えながら過ごしています。現在は、主婦をしながら写真を撮り歩いています。在住期間が短いからこそ、新鮮な目でモントリオールでの日々の発見をお伝えできればと思っています。写真のみに興味のある方はこちらへ、ご連絡はこちら迄。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集