海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > モントリオール特派員ブログ > リアル『アナと雪の女王』の世界へ

カナダ/モントリオール特派員ブログ カオリ

カナダ・モントリオール特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年3月23日

リアル『アナと雪の女王』の世界へ


メール プリント もっと見る

リアル『アナと雪の女王』の世界へ

WinterNG_0jpg.jpg


こんにちは。
2月半ばの記事アップから
大変ご無沙汰しておりましたm(_ _)m..


今年のモントリオールの冬は例年より
暖かくて過ごしやすかった(らしい)ものの、
やはり2月は頻繁にマイナス20℃台になり、
寒いものは寒い。。外に出づらい。。
身体がなまる。。。そうだ、旅行に行こう!!
となり、しばし雪のモントリオールから
離れ、パリ、バルセロナ、そして
ナイアガラと旅に出ていました。


久々の投稿は、旅の最後に訪れた、
冬のナイアガラの滝です。
(訪れたのは、今月初めです)


WinterNG_1.jpg

個人的にナイアガラの滝とは縁があるのか、
カナダに転居する前も含め、訪れるのは
今回で5回目です。
が、冬に来たのは今回が初めて。
滝の下の川が半分凍っています@_@..


WinterNG_2.jpg

特にアメリカ滝(左)側の流れは、氷で
封鎖状態に。ナイアガラの名物遊覧船
『霧の乙女号(Maid of Mist)』(*1)も、
冬はお休みなんですね。
---------------------------
(*1) 霧の乙女号(Maid of Mist)ホームページ
   http://www.maidofthemist.com/


ちなみに、アメリカ・カナダの両滝を
全体に見渡せるこの素晴らしい景色は、
シェラトン・オンザフォールズホテル
(Sheraton On The Falls Hotel)(*2)の
最上階から。
一部屋(2)名CAD150/泊で、この眺め。
大満足です。
---------------------------
(*2)シェラトン・オンザフォールズホテル
ホームページ https://www.sheratononthefalls.com/

WinterNG_3.jpg

今回、初の冬のナイアガラで
発見したのは、アメリカ滝の良さです。
夏はカナダ滝の大きさに圧倒されて、
少々小ぶりだなあ程度に思っていました。


が、滝の中腹で、水しぶきが石の上で凍り、
その上を白い大量の水が流れていく様は
幻想的で、浮世絵の世界を連想させます。


WinterNG_4.jpg

そして、カナダ滝へ。
すごい迫力。


WinterNG_5.jpg

大自然を前に、
人はただただ圧倒されるばかりです。


カナダ滝は、流れ落ちる大量の水に
年々削られており、過去約560年間に
1〜1.5メートル/年ほどのペースで
後退してきています。
現在も、1年に約30センチのペースで
削られていっているようです。(*3)
---------------------------
(*3) http://www.niagaraparks.com/about-niagara-falls/geology-facts-figures.html


WinterNG_6.jpg

この光景には、思わず「アナと雪・・」
の世界を重ね合わせてしまいました。
夏場は、下の方の小屋周辺から
滝の裏まで歩いて観光できますが、
今は完全に凍りついています。


WinterNG_7.jpg

エルザが凍らせてしまったのかしら・・


WinterNG_8_1half.jpg WinterNG_8_2half.jpg

滝のしぶきが風で飛ばされ、
辺り一面、まさに『Frozen』(*4)です。
---------------------------
(*4)『アナと雪・・』の原題です。


WinterNG_9.jpg

この日の気温は1℃前後と
比較的暖かな陽気でしたが、
滝のしぶきでだんだんと身体が
冷えてきました。


ホテルまでは歩いて15分ほど。
薄っすら夕焼けを見ながら、
大満足で滝を後にしました。


-------------------------------------------
Sheraton On The Falls Hotel
(シェラトン・オンザフォールズホテル)
住所:5875 Falls Avenue, Niagara Falls,
     ON L2G 3K7 Canada
電話番号:1-905-374-4445
予約専用電話番号:1-888-229-9961
駐車場:
URL:https://www.sheratononthefalls.com/
-------------------------------------------
-------------------------------------------
モントリオール → ナイアガラの滝
⚫︎車(約6時間)
Autoroute 40 O、ON-401 W、Ontario 401 Express、
Queen Elizabeth Way経由(約665km)。
Niagara FallsのFalls Avenue/Roberts St/Regional Rd
420を進む(1.7km)と到着。
⚫︎長距離バス(約11時間30分〜)
busbud(長距離バス予約サイト)
https://www.busbud.com/en
※ Gare d'autocars de Montréal出発
(メトロBonaventure駅からすぐの、長距離バス駅)
片道CAD70前後〜
-------------------------------------------
-------------------------------------------
Niagara Falls Tourism Official HP
https://www.niagarafallstourism.com/


Niagara Falls Canada HP
(City of Niagara Falls運営サイト)
https://www.niagarafalls.ca/


Niagara Parks
(政府公式サイト)
http://www.niagaraparks.com/
-------------------------------------------

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2016年3月23日
« 前の記事「ダウンタウン観光の合間に、お洒落な地中海料理を楽しみませんか。」へ
»次の記事「極寒モントリオールを抜け出して - パリ編:オルセー美術館」 へ
おすすめ記事
    モントリオール特派員 新着記事
    可愛いマルシェで、地元民なりきりお買い物!
    記念日はエレガントにフレンチランチ♪
    東京ドームの16倍!広大なボタニカルガーデンでリラックス〜♪
    オールドポートに素敵なカフェが続々・・ :-)
    憧れのプリンスエドワード島へ!(B&B編)
    憧れのプリンスエドワード島へ!(Part.3)
    憧れのプリンスエドワード島へ!(Part.2)
    憧れのプリンスエドワード島へ!(Part.1)

    カナダ ツアー最安値

    Notice: Undefined index: column_flag in /home/homepage_com/tour/app/vendors/shells/templates/views/abroad_parts_list.ctp on line 5 Notice: Undefined index: column_flag in /home/homepage_com/tour/app/vendors/shells/templates/views/abroad_parts_list.ctp on line 5 Notice: Undefined index: column_flag in /home/homepage_com/tour/app/vendors/shells/templates/views/abroad_parts_list.ctp on line 5 Notice: Undefined index: column_flag in /home/homepage_com/tour/app/vendors/shells/templates/views/abroad_parts_list.ctp on line 5
    2017/8/24更新

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • モントリオール特派員

      モントリオール特派員
      カオリ
      結婚を機に、2015年よりモントリオール在住。暑さ寒さ共に非常に弱く、マイナス気温の世界での生活経験がない為、モントリオールの極寒の冬に怯えながら過ごしています。現在は、主婦をしながら写真を撮り歩いています。在住期間が短いからこそ、新鮮な目でモントリオールでの日々の発見をお伝えできればと思っています。写真のみに興味のある方はこちらへ、ご連絡はこちら迄。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集