海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > モントリオール特派員ブログ > シュガーシャックへ行こう!メープルシロップでご馳走...

カナダ/モントリオール特派員ブログ カオリ

カナダ・モントリオール特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年4月27日

シュガーシャックへ行こう!メープルシロップでご馳走を食べに。


メール プリント もっと見る

シュガーシャックへ行こう!メープルシロップでご馳走を食べに。

SS_1.jpg

こんにちは。


今回は、少し前の話になりますが、
先月訪れたシュガーシャックの
様子をお届けしたいと思います。


『シュガーシャック(sugar shack)』とは
日本語で『砂糖小屋』を意味します。
メープル(サトウカエデ)の木から出る
樹液を煮詰め、メープルシロップを
作る小屋のことをこう呼びます。


SS_2_1half.jpg SS_2_2half.jpg

モントリオールのダウンタウンから
セントローレンス川を渡り、
ブロサード(Brossard)を通り抜け、
車で40分程行くと、シュガーシャックが
十数件立ち並ぶエリアが出てきます。


今回は、予約なしで入ることのできた
『Erabliere La Goudrelle』(*1)という
シュガーシャックに入ってみました。


入り口のチケット売り場で、
食事、タフィー体験、モーター列車乗車、
の3つセット(約CAD17)を
購入しました。
---------------------------
(*1) 『Erabliere La Goudrelle』情報は文末に。


SS_3_1half.jpg SS_3_2half.jpg

この日はイースターの連休中ということもあり、
人がいっぱい・・!こんな行列を見るのは、
モントリオールに来て初めてです。


大部屋に並ぶ大テーブルには皆、
所狭しと座っていますが、次々と
出される食事はテンポが早く、
お客さんの回転率も良く、
すぐ順番が回ってきました。

SS_4_2half.jpg SS_4_1half.jpg

テーブルに案内されると、
ウェイトレスさんから「スープは自分で
取りに行ってね」と説明があります。


SS_5_2:3.jpg SS_5_1:3.jpg SS_5_3:3.jpg

その後、ハム、ベーコン、ソーセージ・・
と次々と出てきます。これに全部、
メープルシロップをかけるが
食べ方の基本だそうです。


SS_6_1:3.jpg SS_6_3:3.jpg SS_6_2:3.jpg

フライドポテト、パンに牛乳、
そしてデザートには『シュガーパイ』
なるものものも出てきました。
正直かなり甘いです。。
メープルシロップは、『糖尿病の方は
お控えください』とのこと。


SS_7_2:3.jpg SS_7_3:3.jpg SS_7_1:3.jpg

お腹が破裂しそうなくらい
食べた後、腹ごなしに外へ散歩に。
カナダグースやラマなど、
日本ではちょっと見かけない
動物が囲いの中で遊んでいます。


SS_8.jpg

別料金を払えば、
立派な馬車に乗ってメープル林を
散策することもできます。


SS_9_1half.jpg SS_9_2half.jpg

樹液が豊富に採れる、雪解け時期の
3〜4月にかけて、敷地内のメーブルの
木々には樹液採取用のタップが取り付けられ、
バケツに流れ落ちていきます。
ちなみに蓋は、虫よけだそうです。


採取した原液を約1/40まで煮詰め、
食用のメープルシロップが
生産されていきます。(*2)
----------------------------
(*2) http://www.goudrelle.com/en/goudrelle-production.html


SS_10.jpg

大きく、成熟した木には
樹液採取のタップが二つ
取り付けられていたりします。


SS_11.jpg

メイブルシロップを雪の上に
垂らし、固まったところを棒で
クルクル巻いてキャンディーの様に
して食べる体験もすることができます。


SS_12.jpg

単純ですが、大人も
なんだか夢中になってしまい、
何度も作って食べる人が
たくさんいました☺


メープルシロップ生産世界第1位(*2)を
誇るケベック州では、シュガーシャックは
人気の観光地です。
----------------------------
(*2) http://www.purecanadamaple.com/pure-maple-syrup/facts-about-maple-syrup


収穫時期のイースター前後には
多くのシュガーシャックのお店が
オープンしていますので、
ぜひ足を運んでみてください。


-------------------------------------------
La Goudrelle
住所:136, Chemin du Sous-Bois Mont Saint-Gregoire
Quebec, Canada J0J 1KO
アクセス:Autoroute 10EをMarievilleの
   Range de l'Église/QC-227 Sまで約43km。
     出口37をQC-277出て、Marieville/Sainte-Angèle-de-Monnoir/
   Mont-Saint-Grégoire方面へChemin de Sous-Boisまで約10Km。
電話番号:1-450-460-2131
Email: info@Goudrelle.com
営業期間: (2016年)2月27日〜4月24日毎日営業
営業時間:10〜23時(月-木)、10〜24時(金、土)
    10〜21時(日)
      ※レストラン営業時間は下記リンク参照。
      http://www.goudrelle.com/en/goudrelle-horaires.html    
駐車場:有(無料)
URL:http://www.goudrelle.com/en/index.html
-------------------------------------------

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2016年4月27日
« 前の記事「グリーンランド上空を通過中。」へ
»次の記事「モントリオールでラーメンを食べたくなったら・・」 へ
おすすめ記事
    モントリオール特派員 新着記事
    ケベックシティでレストランに迷ったらココ!
    気になる紅葉情報 in ケベックシティ♪
    体操世界選手権2017@モントリオール
    バイバイ Uber(ウーバー).. (;_;)/
    革好きにはたまらない(>_<)!モントリオール発の革製品ショップ
    プラトーで人気のパン屋さん
    アンティーク風英国調ティールームに寄って行きませんか?
    モントリオール - 東京(成田)直行便開始!(2018年6月〜)

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • モントリオール特派員

      モントリオール特派員
      カオリ
      結婚を機に、2015年よりモントリオール在住。暑さ寒さ共に非常に弱く、マイナス気温の世界での生活経験がない為、モントリオールの極寒の冬に怯えながら過ごしています。現在は、主婦をしながら写真を撮り歩いています。在住期間が短いからこそ、新鮮な目でモントリオールでの日々の発見をお伝えできればと思っています。写真のみに興味のある方はこちらへ、ご連絡はこちら迄。 DISQUS ID @disqus_IUATY400JV

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集