海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > モントリオール特派員ブログ > モントリオールの大学キャンパスをのぞいてみましょう...

カナダ/モントリオール特派員ブログ カオリ

カナダ・モントリオール特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月25日

モントリオールの大学キャンパスをのぞいてみましょう!


メール プリント もっと見る

モントリオールの大学キャンパスをのぞいてみましょう!

こんにちは。
モントリオールはこの冬、
暖冬と騒がれた昨年以上の暖冬で、
2月のこの時期に10℃超えの日もあるほどです。


とは言え、道路は積もった雪と泥で
グチャグチャですし、外出するのに
お洒落をしてウキウキ・・という訳には
まだいきません;-(


Concordia_0.jpg

今回は、最近億劫で出かけていない(笑)
ダウンタウンに本キャンパスを構える総合大学、
Concordia University(コンコルディア大学)の
様子をお届けします。
(※ 本記事の写真は全て夏に撮影したものです。)


Concordia_1.jpg

コンコルディア大学は、二つの大学の統合によって
1974年に創立された、比較的若い大学です。(*1)


そのため、建物はとても近代的で、コンクリート
打ちっ放しの古いビルも多く残るダウンダウンの中で、
一際異彩を放ちます。


コンコルディアはケベック州に3つある英語系大学(*2)の
うちの1つで、4万6千人以上(2014-2015年)の生徒数を
抱えるマンモス校です。(*3)
------------------------------------------
(*1) https://www.concordia.ca/about/history.html
(*2) ケベック州英語系大学:
Mcgill University, Concordia, University, Bishop's University
   http://www.degrees.ca/qc/english/
(*3) https://www.concordia.ca/about.html


Concordia_2.jpg

メトロGuy-Concordia駅から来る場合は、
地下からエスカレーターで繫がっています。


駅と地下で繫がっているのは、本当に助かります。
厳冬の吹雪の中、駅から外を歩くのは
苦行以外の何ものでもないですから・・。

Concordia_3.jpg

キャンパス内の案内は、こんな風に
英仏語両方で記載されています。
モントリオールならではかもしれません。


これが、仏語系教育機関の場合、
インフォメーションは全て仏語のみです。


Concordia_4.jpg

この日、2階では何かイベントが行われて
いたようで、スーツを着た学生さんが
たくさん集まっていました。


Concordia_5_1:2.jpg Concordia_5_2:2.jpg

2、3階には、勉強やミーティングスペースが
数多く用意されており、グループワークなどで
真剣に議論する姿が見られます。


Concordia_6.jpg

こちらは、同じキャンパス内の隣のビルへ
移動するための地下通路です。
この通路のおかげで、ブリザードの冬日でも
快適にキャンパス内を移動することができます。


ちなみに学校担当者によると、
「モントリオールの大学はどんなに吹雪だろうと、
大雪だろうと、天気が理由では休みにならない」
のだそうです。ブリザードが来たら、
いつもより1時間早く家を出発しなさい。
ということらしいです・・。。


Concordia_7.jpg

ここはカナダでも名門のビジネススクール、
John Molson School of Business
(ジョンモルソン・ビジネススクール)の
建物内です。


同じコンコルディアの学生でも、ここの
ビジネススクールの学生は名門の誇りを持って、
自己紹介でも「ジョンモルソンの学生です」と
言ったりする人も結構います^^


Concordia_8.jpg

博士課程の学生たちには、こんな感じの
個人スペースを与えられます。
研究室の雰囲気は、世界どこへ行っても
似ている印象です。


Concordia_9.jpg

高層ビルなので、ダウンタウンだけでなく、
モントリオールの街を一望できます。
写真は確か11階からの眺めです。


Concordia_10.jpg

こちらは図書館の入り口。
この簡易階段のような造りは、なぜなのか
分かりませんが、、館内は蔵書も勉強スペースも
豊富で、常に学生で賑わっています。


コンコルディア大学には、大学付属英語学校も
併設されており、長期の休み期間に短期で通う
日本の学生さん達もいるようです。


ロビーなどは基本出入り自由なので、
機会があればキャンパスを覗いてみて、
しばし学生気分を味わってみるのも
楽しいかもしれません。


-----------------------------------------------------------
Concordia University
(コンコルディア大学)
住所: (Sir George Williams Campus)
1455 De Maisonneuve Blvd.W. Montreal, QC H3G 1M8
(Loyola Campus)
7141 Sherbrooke Street W. Montreal, QC H4B 1R6
電話番号:514-848-2424
アクセス:メトロGuy-Concordia駅下車すぐ(地下直通)
URL:https://www.concordia.ca/
-----------------------------------------------------------

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2017年2月25日
« 前の記事「ロイヤルカナダ銀行を改装したカフェへ。」へ
»次の記事「『モントリオール光の祭典』開催中!」 へ
おすすめ記事
    モントリオール特派員 新着記事
    記念日はエレガントにフレンチランチ♪
    東京ドームの16倍!広大なボタニカルガーデンでリラックス〜♪
    オールドポートに素敵なカフェが続々・・ :-)
    憧れのプリンスエドワード島へ!(B&B編)
    憧れのプリンスエドワード島へ!(Part.3)
    憧れのプリンスエドワード島へ!(Part.2)
    憧れのプリンスエドワード島へ!(Part.1)
    ケベックシティのB&B、ココなら間違いありません(>_<)!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ダウンタウン観光の合間に、お洒落な地中海料理を楽しみませんか。
    冬のケベックシティ日帰り旅行 - カーニバル(夜)編
    冬のケベックシティ日帰り旅行 - カーニバル(昼)編
    凍った滝を登る!アイスクライミングをご存知ですか?

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • モントリオール特派員

      モントリオール特派員
      カオリ
      結婚を機に、2015年よりモントリオール在住。暑さ寒さ共に非常に弱く、マイナス気温の世界での生活経験がない為、モントリオールの極寒の冬に怯えながら過ごしています。現在は、主婦をしながら写真を撮り歩いています。在住期間が短いからこそ、新鮮な目でモントリオールでの日々の発見をお伝えできればと思っています。写真のみに興味のある方はこちらへ、ご連絡はこちら迄。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集