海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロシア/モスクワ特派員ブログ

ロシア/モスクワ特派員ブログ maru

ロシア・モスクワ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

みなさま、Здравствуйте!


ついに昨日、約1ヶ月におよぶロシアW杯が閉幕しました。


IMG_4180.jpg


街中に英語表記が一気に増え、メトロ駅毎に英語が出来るボランティアスタッフの配置、レストランでも英語対応可のウェイターが増え…とモスクワの街はこの一年で劇的な変化を遂げました。

IMG_3572.jpg


IMG_3778.jpg


一方元々徹底していたセキュリティ管理や、オンラインサービスの浸透が功を奏して、大きなトラブルなく世界中の人がストレスフリーで楽しめたイベントになったんでないかと思います。そんな激動のロシアを目の前で見れたことがとても嬉しい。

IMG_4173.jpg

個人的には、今まではロシアと日本が、語学面含めて外国人にとってハードルが高い旅行先2トップだと思っていましたが、今年で一気にロシアが差をつけていった印象。
2年後の東京オリンピックも、是非世界中の人々が楽しめるイベントになりますように。


IMG_3628.jpg

Пока!

モスクワ生活のインスタグラムは下記にて公開中↓↓
https://www.instagram.com/mat_ryoshka87/


2018年7月16日

みなさま、Здравствуйте!


本日は、夏らしい施設をご紹介したいと思います。
モスクワのアクアパーク、Карибия(カリビア)


プール (2).jpg


流れるプールも、噴水もあり、ウォータースライダーまである屋内プール施設です。
加えて、日向ぼっこが出来るテラススペースや、ロシア式サウナのバーニャまであるという充実ぶりです。


プール (3).JPG


プール (4).JPG


プール (1).JPG


ロッカールームが男女一緒であったり、(しかしながら着替えは個室スペースを使うことができる)、子供用に浮き具が無料でレンタル出来たり、ロシアならではの子供たちだけで遊べるキッズルームが常設(担当のお兄さんが遊んでくれます)されている等、家族連れで楽しめるスポットです。

休日は3時間で大人1790ルーブル(約3400円)、子供1050ルーブル(約2000円)です。オンラインで事前にチケットを購入すると割引があります。

施設内でかかった食事代など各種は全て最後にまとめて精算できるシステムとなっているのも便利です。また、女性には嬉しい、ドライヤーの設置もあります。
ビーチサンダルやタオルの持参だけはお忘れなく。


お子様連れのモスクワ旅行では是非、訪れてみてはいかがでしょうか。

URL:https://karibiya.ru/

Пока!

モスクワ生活のインスタグラムは下記にて公開中↓↓
https://www.instagram.com/mat_ryoshka87/


2018年7月 7日

みなさま、Здравствуйте!


エカテリンブルク (4).JPG


先日、W杯VSセネガル戦を観に、エカテリンブルクまで行ってきました。
生で見るセネガル選手の肉体の強さは”半端なく”、そこに引き分けまでもっていってくれた日本選手の粘り強さに大興奮でした。

エカテリンブルク (6).JPG


エカテリンブルク (5).JPG


FIFAの条件にクリアするべく仮設で作られたことで有名なエカテリンブルク会場でしたが、特に問題もなく、ロジスティックスもスムーズで、ストレスレスで観戦が出来ました。

アクセスの良さもあり、今回は日本人サポーターが沢山駆け付けていました。
住民のロシア人の方々も観光客を快く受け入れてくれて、日の丸や漢字の書かれたグッズを譲ってほしいと声を掛けられました。


そんなロシア第四の都市、エカテリンブルクの街並みもちょっとご紹介したいと思います。


エカテリンブルク (1).JPG


まずは、空港から。

エカテリンブルクの空港、カリツォーヴォ空港へはモスクワから飛行機で2時間強程で到着します。空港から市内まではタクシーで20分強程度で、だいたい600-900ルーブル(1200-1800円)程度でおさまります。

エカテリンブルク (2).JPG


ロマノフ家終焉の地として知られる血の上の聖堂。
女性は頭をスカーフで隠す必要あり、また男性は半ズボン禁止となっています。入口で巻く用の布を無料でレンタルできます。


エカテリンブルク (7).JPG


エカテリンブルクで一番綺麗な建物といわれる、セワスティアノブの家

エカテリンブルク (3).JPG


イチセ川沿いのビル群の風景はまるでバンクーバーを彷彿させる美しさ。

エカテリンブルクには、ヨーロッパとアジアの境界線があることで有名ですが、残念ながらその記念碑まで足を延ばすことはできませんでした。

モスクワから片道約1万円程(時期により変動あり)で行くことができる、エカテリンブルク。是非機会があれば訪れてみてください。


Пока!


モスクワ生活のインスタグラムは下記にて公開中↓↓
https://www.instagram.com/mat_ryoshka87/


2018年6月27日
2018年6月23日
2018年6月16日
2018年6月 9日
2018年5月31日
⇒すべての記事を見る

ロシア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ロシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • モスクワ特派員

    モスクワ特派員
    maru
    大学卒業後は総合商社に勤務し海外を飛び回る仕事をしていたが、2017年より夫婦でモスクワ生活をスタート。大好きなことは食べること! DISQUS ID @disqus_BTKSTBzYJw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集