海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ミュンヘン特派員ブログ

ドイツ/ミュンヘン特派員ブログ 齋藤 恵理

ドイツ・ミュンヘン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

いやぁ〜、夏真っ盛りな晴天続きのミュンヘンです。
気温は高いですがからっと湿気もなく屋内にいるとおだやかに過ごせるので嬉しいですね。外出時は帽子やサングラスで日焼け対策を忘れずに!


さて本日はみなさんにミュンヘンのの現在の治安についてお知らせします。


1)旅行前には知っておきたいミュンヘンの治安状況
2)ミュンヘンで流行っている犯罪
3)ミュンヘンの危険エリア


1)旅行前には知っておきたいミュンヘンの治安状況
ミュンヘンはヨーロッパの中でも治安が良いとされてる都市で有名ですがここ数年そうでもないなぁと住んでいて多々思います。治安が良くないって一言にどういうことなのかみなさん捉え方が違うと思いますが、ただ、日中の街中の一人歩きなどは全く持って問題ないですし、今でも短い時間だけ自転車に鍵をかけずにショッピングを楽しんでいても自転車が盗難に遭うことはありません。そういう意味ではミュンヘンは治安が良いのでしょうかね。


2)ミュンヘンで流行っている犯罪
流行っているかどうかはわかりませんが、ここ数年は『東』から来る人たちの強盗が相次いでいます。
夏より秋から冬にかけての方が多いように思いますが、ミュンヘンでよく起こる強盗は2〜3人組で真昼間から小さな商店をナイフでおどしてレジのお金を持ち去るスタイルです。意外に街中より住民が普段生活している商店街などが多いようです。


先日、実際に私が偶然犯罪の場に居合わせたパターンは、スターバックスで4人の旅行客が上着を自分の座ってる椅子にかけていました。おそらくそのポケットにお財布が入っていたと思われますが、その背中合わせにすわった見るからにドイツ人の普通の学生っぽい男子二人組が着席するもほんの1〜2分で出て行っってしまったのです。その数分後、旅行客の一人が椅子にかけていた上着のポケットのチャックが開けられてて中に入れていた(だろうと思われる)お財布は取られていました。
ですので貴重品はいつも目のつく場所に。狙割れやすい時は何かに夢中になっている時、とほっとした時です。

ミュンヘンでは海外でよくあるワインボトルを落として割ってとか、急に始まった喧嘩に気をと取られている間に、とかそういったパターンは聞いたことがありません。


3)ミュンヘンの危険エリア
これも強いて言えばの程度ですが、中央駅の南側は気をつけたほうが良いかもしれません。
しかし、このエリアは同時にトルコ人が多く、その人たちが新鮮な野菜や果物、鮮魚を売っているお店も多いのでグルメなドイツ人が買いに行ったりすることもあるのです。またなぜかホテルが多く、中央駅へのアクセスがいいので旅行客も少なくないのですが、何かない限り行くのを避けるミュンヘンっ子は多いと聞きます。


補足情報
ミュンヘンでは去年の大型ショッピングエリアでの乱射事件や先日も鉄道駅での通り魔的乱射があったりしましたが、いずれもISによるテロ事件ではないのは明確に発表されています。テロがないのがなんとなんとなく安心できますが、テロのターゲットか否かと、通常の治安問題とは別のもので、旅行される方は自分の身は自分で守ることを忘れずに楽しく旅行していただきたいです。これは日本にいても同じことですので、行きすぎた好奇心や目立つ行動、周りの反感を煽るような行動などを控えるのがよろしいかと思います


〜簡単にできる身を守る方〜
バックは斜めがけで前に持ってくる 上着の中だとなお良い
人混みでのリュックは極力避ける または前側へかける
深夜や人気の少ない場所での一人歩きを避ける
お財布やお現金を人前でむやみやたらに出さない
知らない人や勧誘の人や旅行先で出会った怪しげな人についていかない
滞在先のホテルを必要以上言わない
カバンの中でも財布や貴重品はポーチなどに入れて二重にする。そのポーチを安全ピンで入れたカバンに止めてしまう
ある程度現金は小分けにして持つ
レストラン、カフェやショッピング中でも貴重品の入ったカバンは基本体から外さない。


今はどこに行っても安全ということがないと思います。
事前に気をつけることができれば観光は楽しめると思います。


それでも今の季節のミュンヘンは魅力的ですよぉ〜〜!
楽しんでくださいね!


2017年6月20日

いやぁ〜、もう直ぐ夏至ですが、ミュンヘン10時頃まで煌々と明るいです、ミュンヘンは比較的安全な都市ですが、それでもヨーロッパ全体の犯罪が減りいいですね!
気温も28度前後の晴天が続いています。暑いと言っても日本の湿気のある暑さとは全く違い、とても過ごしやすいのでどうぞご安心を。


さて、本日はみなさんにミュンヘン空港からの市内へのアクセス方法を紹介します。


1)タクシーでのアクセス方法(値段、時間)
2)バスでのアクセス方法(値段、時間)
3)電車でのアクセス方法(値段、時間)


1) タクシーでのアクセス方法(値段、時間)
-入国ロビーのドメスティック、国際線を問わずロビーを出るとたくさんのタクシーが待機していますので安易にタクシーに乗ることができます。
-タクシーを乗る前におおよその値段チェックをすることをお勧めいたします。
-ミュンヘン空港から市内までは70ユーロ位いが相場です。
-時間は渋滞でなければ20分程度です
-大きなトランクや荷物はタクシーの乗務員さんがトランクへ入れてくれます。
-貴重品の入ったバックは手放さずに!
-一人で乗車する場合はミュンヘンでは基本助手席に乗るのが習慣ですが、タクシーの助手席に乗り慣れない日本の方は後部座席でも問題ありません。
-ドアの開閉は自分でします。
-乗車前に行き先を伝えて確認作業をしましょう。乗ってからではメーターがまわされてる場合がありますので気をつけて!
-到着したら乗車金額とチップとして約10%程度のうわのせしたきりの良い数字で支払いましょう。


2)バスでのアクセス方法
ルフトハンザが運行する空港バス公式サイトをごらんください
-大人1人片道€10,50.- 往復€17,00.- 子供1人€5,50.- 往復€11,00.-  
-チケットはオンラインのみで購入可能 チケット購入ページはこちら!
-市内の乗り場はミュンヘン中央駅とシュワービング停留所の2箇所
-市内発=ミュンヘン中央駅(シュワービング停留所を経由)と空港間を早朝5:15から20:00間で15分毎に運行
-空港発=空港とミュンヘン中央駅(シュワービング停留所を経由)を早朝6:30から20:30間で15分毎に運行


3)電車でのアクセス方法(値段、時間)
ドイツ鉄道が空港と直結しています。
-S1は市内の右回りS8は市内の左回りです。
-オスト駅、ローゼンハイマー駅、イザール駅、マリエンプラッツ駅、カールスプラッツ駅、中央駅、ドナースブルッケ駅、ハッカーブルッケ駅は両車どちらも停車しますのでどちらに乗っても構いません。その他の駅の場合のみS1、S8を確認してください。
-所要時間は約40分から50分です
-エアポートチケットでミュンヘン市内へアクセス可能です。途中地下鉄に乗り換えても乗車賃は同じそのチケットが有効です。
-チケット購入後、乗車前に必ず刻印をしましょう。
-チケットを刻印せずに乗車してしまうと無賃乗車となり40ユーロの罰金をその場で支払わなければなりません。

またミュンヘン空港から市内には歩きで行く方法は遠すぎるのでほぼ不可能でしょう。
・タクシー、バス、電車以外での移動方法は今の所聞いたことがありません。ヒッチハイクも空港では見かけたことがありませんし、安全のことを考えるとおすすめできません。


ミュンヘン楽しんでくださいね!


2017年6月19日

いやぁ〜、5月半ばなのに5℃の雨が続き、ダウンが手放せないミュンヘンでしたが、本日5月10日からカラッと晴れています。しかし週末にはお天気崩れ雨模様になるとか。 気温はありがたいことに15℃を保つようですが、雨対策はしっかりと!そして今日と明日の2日間の晴天を楽しんでください。


さて、本日みなさんにお伝えするのはミュンヘンいち大人気のジェラート屋さん『BARTU』です。


bartu-fassade.jpg


写真はこちらからお借りしています


夏になると老若男女とわず食べたくなるのがアイスクリーム!そう、ミュンヘンではアイスは夏の風物詩なんです。
街歩きに疲れたとき、ちょっとブレイクするときに一度絶品アイスのBARTUに立ち寄るのも良いですよね!


1)BARTUって?
2)おすすめメニューとその値段、
3)おすすめ理由
4)アクセス、営業時間など


1)BARTUって?
BARTU 公式サイト
ミュンヘンのリピータやミュンヘンをよく知る旅行者はこのロゴを見ると、え?アイス?と思うはず。そう、BARTUはもともとドイツを誇る大手靴のメーカーです。カラフルな袋で有名ですよね。
ミュンヘンはそのオーナーが拠点を構える都市なんです。しかも優雅なシュワービング地区のカイザー通りに数年前からお店が開店されました。
完全BIOアイスと絶対的な美味しさが人気の秘密です!


2)最近ドイツをはじめ欧州では日本の抹茶が流行しています。このアイス屋さんにももちろん抹茶味があるのですよ。
本場の私たちのお口にもよく合う本物の味といってもいいほど美味しいです。
お値段は少し気になるお高めです。小さめのスクープに€1,80.-とはかなり上等。。。しかし美味しいんです。


3)おすすめ理由は前途の通り、完全BIOアイスと絶対的な美味しさが人気の秘密です!
他店では味わえない舌触りがなんともいえません。
それと面白いことに、『子供割引』があるのです。
子供が買うと同じ商品でもかなりお安めなのだとか。私たち大人には関係のない情報ですが、、。


4)アクセス、
U3,6でミュンヘンフライハイト駅下車 
徒歩5分。
レオポールド通りをマリエン方向に向かって歩き、一筋目のカイザー通りを右折したら一筋目の左角にあります。
営業時間:11:00-21:00
詳細はこちらのサイトへ!


2017年5月10日
2017年5月 2日
2017年4月28日
2017年4月25日
2017年4月19日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ミュンヘン特派員

    ミュンヘン特派員
    齋藤 恵理
    芸術家・華道家 (独国公認フロリストマイスター・華道 未生流師範 ドイツ支部長) ドイツ国立ヴァイエンシュテファン卒業 京都出身。2002年2月よりドイツ在住 エンポリオ アルマーニミュンヘン花造形部門プロデュース、ミラノZONA TORTONAの個展、ローマ法王ドイツ訪問時の教会デコプロデュース、日本の月刊デザイン専門誌の連載など ドイツでSAITO[恵]RIを起業しミュンヘンを拠点にヨーロッパ 日本に活動の場を広げています。ミュンヘンで風の吹くまま気の向くままノンストレスに楽しく生活しています。ご興味あればはコチラへどうぞ^^

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集