海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ミュンヘン2特派員ブログ

ドイツ/ミュンヘン2特派員ブログ トモリス

ドイツ・ミュンヘン2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

日本では馴染みが薄いと思いますが、ドイツはカーニバル・ファッシング期間真っただ中です。


が、例によって体調不良の我が家は、パレードを見に行くわけでもなく・・・(--)


このカーニバル、ミュンヘンではファッシングと呼ぶ行事の起源はといいますと。


キリストが復活する日から46日前を「灰の水曜日」と言い、この日から復活祭までの日々はキリストを想いつつましやかに過ごさなければならないという習慣があり。その前に出来るだけバカ騒ぎをしておこうというのが一説。

旧市街のど真ん中やビクトリアンマルクとでは盛大な仮装パレードが行われますし、各地域でも小さい大小様々なパレードが行われ、子供達は山車からばらまかれるお菓子を集めるのが楽しみ(^^)


幼稚園では、ファッシング休暇の前に仮装パーティーが開かれるのが普通。
男の子に人気なのは警察官や消防士、スパイダーマン等。
女の子は妖精やプリンセス。

我が子の通う毎年ちょっと変わったテーマがあり、それに沿った仮装をしていくのですが・・・
初年度は「氷の国」、二年目は「ミュンヘン」とちょっと難しく・・・
今年は、「カラフルな衣装、もしくは 建築関係の仕事のコスチューム」(年間行事テーマが建築な訳で。)

まさかの工事現場のおっちゃんの恰好・・・と頭が???になりましたが。
さすが工業大国ドイツ、探せばちゃんとありました。
子供用のヘルメットや、おもちゃの工具を差して腰に巻くベルト(Bosch製)
ちょっと早いお誕生日プレゼントという名目で購入し、喜んでくれたので良しとします。

ファッシング期間は、毎日面白い名前が付いていて。


・今日は Rosenmontag:ローゼンモンターク(薔薇の月曜日)
・本番が、Faschings Dienstag:ファッシング ディーンスターク(ファッシングの火曜日)
・翌日が Asche Mittwoch:アッシェ ミットヴォッホ(灰の水曜日)燃え尽きたってことでしょうか(苦笑)

この期間は、終日もしくは午後がお休みになるお店や会社が多いです。
子供達の幼稚園は、明日火曜日が休園日。水曜日がお休みになる園の方が多いみたいですが。

お出掛けしていないので、華やかな写真がなく申し訳ないのですが。

ファッシングに欠かせない食べ物を紹介します。
こちらの Krapfen(クラプフェン)、揚げドーナツです。

_20180212_140659.JPG

オーソドックスなクラプフェンは通年パン屋さんで売られていますが、このファッシング前の期間はたくさんの種類が並びます。
この写真は Bio(オーガニック)のパン屋さんで撮ったので地味ですが、普通のパン屋さんだと赤青黄色、ちょっとギョッとする色とデコレーションのクラプフェンが並びます。


味も様々!基本はジャム、杏ジャムかラズベリージャムが多いかな。他にはクリーム、チョコレート、ヌガー、リキュールの入ったクリーム等々。

色々試した結果、わたしは一番普通の杏ジャムが一番好きですが(笑)

そうそう、この揚げパン専門店のクラプフェンが絶品なのです。
熱々の揚げ立てが最高!!寒い冬にぴったりなので、お出掛けできるようになったら紹介しますね。


2018年2月12日

昨日、Universitat(aはウムラウト)の辺りを歩いていて、素敵なお店を発見しました。

DSC_2969.JPG


OHNE der verpackungsfreie Supermarkt

http://www.ohne-laden.de/

ohne はドイツ語で~無し、英語のwithoutに相当します。
包装容器無しのオーガニックスーパーマーケット。


DSC_2970.JPG


中に入ってみると。


DSC_2963.JPG


ドイツには量り売りのお店がたくさんありますが、ここのお店の特徴は「使い捨て容器を使わない」こと。
“ZERO WASTE”(=廃棄物ゼロ)の理念に基づいて経営されています。
HPによると、オーナーはクラウドファンディングで資金を集め、2016年にこのお店をオープンしたそうです。


DSC_2961.JPG

だからお店で販売している容器は、ガラス、缶、瓶の物でプラスチック容器はありません。
購入者は、自宅から容器を持参することも出来ます。
まず空の容器の重さを計量し、そこに買いたいだけの商品を入れ、レジに持っていきます。


DSC_2966.JPG


食品だけでなく、洗剤や持ち手が木で出来た歯ブラシも売っていました。
デザインと色がとっても可愛い。


DSC_2967.JPG


レジ横にあった今日のおすすめは、アーモンドバター。絶対美味しい!!
買いたかったのですが、容器を購入するのが勿体なくて。
(なるべく無駄な物は買いたくないと思っています。)

ここは、週1~2回のペースで足を運ぶエリアなので、来週購入しようと思っています。
Weckのガラス容器持参で。


DSC_2965.JPG

代わりにこちらを買いました。
金属製のストロー。食品をジッパー付きの袋に入れた時に空気を抜くために欲しいと思っていたので。


エコ大国と評されることの多いドイツ。(実際住んでみると??なこともありますが・・・(笑))
環境に興味のある方も無い方も、ぜひ足を運んでみて欲しいです。

イートインスペースもあったので、次回はランチかお茶を頂きたいです(^^)


2018年2月 1日

また更新が空いてしまってすみません。

自分も体調を崩していたところに、次男も胃腸風邪をこじらせてしまい。
冬って本当に怖いですね。。。

少し前ですが、気になっていた珈琲のお店に行ってきました。
珈琲ネタが続きますね(苦笑)珈琲好きなんです。あの香りがたまりません。

Kaffeerösterei Viktualienmarkt GmbH
Viktualienmarkt
Abteilung III / Stand 3/26
80331 München


お店は Viktualienmarkt の南側、Frauenstrasse(フラウエン通り)に近いところにあります。
★上のHPのHOMEのページの一番下に、分かりやすい地図が出ていました。


ミュンヘン市内の観光スポットの1つ Vikutualienmarkt の中にあるので、街歩き中の一杯におススメです。
スタンドなので立ち飲みがメインなのと、残念ながら日曜日はお休みですが。

ではさっそく、横開きのドアから店内に入ります。
DSC_2731.JPG

マルクトのスタンドとは思えない明るい内装。
クラシカルなシャンデリアと天井が素敵です。

ガラスのカウンターの左のボードには、「珈琲豆はここで売ってます。」と書いてあります。
右手に、珈琲豆が入った袋や量り売りのための棚が見えますね。


左側にはこんな看板が
DSC_2732.JPG

「わたしたちのフロレンティーナーは、ナチュラルな材料を用いて手作りしています。」
「お持ち帰りや贈り物にどうぞ!」
「大きいサイズのカプチーノとフロレンティーナーのセットで5.10ユーロ。」

フラペチーノが入っている容器で売られているフロレンティーナーたち。
食べ歩きに便利(・▽・)


お店の一押し、フロレンティーナー
DSC_2733.JPG

こういう長細い形で売られているのは珍しい。


立派なマシーンの前でエスプレッソを入れるおじさん
DSC_2734.JPG

写真では見えないのが残念ですが、その後ろでミルクを泡立てているお兄さんが面白くて。
アフリカンな音楽に合わせてノリノリで踊っていました。珈琲、暑い国から来てますしね。


DSC_2735.JPG

小さいサイズのカプチーノをテイクアウトしました。(写真が妙に大きくてすみません。)

値段で分かると思いますが、
Gross(グロース) が大・ラージサイズ、klein(クライン) が小・スモールサイズです。

なめらかなミルクのフォームと酸味のないエスプレッソがとっても美味しかったです。


わたしのドイツ語の読解が間違っていなければ、こちらのお店は2014年にここ Viktualienmarkt にオープン。
環境への意識が高く、新エネルギーを100%使用し、テイクアウト用のカップや珈琲豆の袋には石油を使わない紙やリサイクルペーパーを使用しているようです。

そういう点からも、応援したくなります❤


次は珈琲豆も購入してみようと思います。
皆様も、お近くを通った際にぜひ覗いてみて下さい。
朝8:00~オープンなので、ここの美味しい珈琲とフロレンティーナーで1日をスタートさせるのも素敵ですね(^^)


2018年1月21日
2018年1月10日
2017年12月19日
2017年12月18日
2017年12月 6日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ミュンヘン2特派員

    ミュンヘン2特派員
    トモリス
    はじめまして。日本人の夫を持つ2才と5才の男の子ママです。2012年に、夫の海外赴任に伴いドイツ・ミュンヘンに引っ越してきました。生後4か月だった長男を抱えての新しい生活は、想像以上に過酷なスタートでしたが、簡単なドイツ語を覚え、6年目となった今ではそうそう普段の生活で困る事もそうそう無く割と平和に過ごしています。それでもびっくりさせられることがまだまだあるドイツ(苦笑)期間限定のドイツ生活もあと1年少し。特派員をやらせていただくことになり、旅行者の目線で観察してみたミュンヘンをお届けしたいと思います。趣味がお菓子作りなので甘い記事が多くなるかも?個人で書いているブログ「ミュンヘン発 わたしのお菓子な毎日」はこちらDISQUS ID @disqus_yKOBo3bdgp

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集