海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/名古屋・愛知特派員ブログ

日本国内/名古屋・愛知特派員ブログ hossie

日本国内・名古屋・愛知特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


 こんにちは。「地球の歩き方」名古屋・愛知特派員ブログ担当のhossieです。
 先日、東京からお客さんが来た際に、「折角ですから名古屋飯でも食べに行きませんか?」とお誘いしたところ、「そうですねぇ、ひつまぶしもきしめんも食べましたし、味噌煮込みうどんも食べたので、他に何かお薦めの名古屋めしはありますか?」と逆に質問を受けてしまいました。
 ならばと言うことで、「味仙に行かれたことは有りますか?」と尋ねたところ、「そう、それこの間テレビで見て行きたいと思っていたんです!」と言うことで話が盛り上がり、早速訪問してみることにしました。
 
●味仙今池本店です。画質が悪く申し訳ありません。
misen01-260328.jpg
 
 味仙と言えば、やはり台湾ラーメンです。ご存知ない方がいらっしゃるかもしれませんので、台湾ラーメンについて簡単に解説をしたいと思います。
 台湾ラーメンは名古屋で生まれ、主にこのエリアだけで食されている、所謂ご当地ラーメンです。最近はテレビの全国放送で取り上げられることも多くなり、知名度が上がって来ました。
 麺の上に炒めたひき肉とニラがどっさり乗り、スープは鶏ガラ。そして、たっぷりの唐辛子。店によって差は多少あるものの、これが台湾ラーメンの標準的なスタイルです。そしてその台湾ラーメン発祥のお店が、味仙さんなのです。
 
●名古屋のご当地ラーメンの台湾ラーメン
IMG_20180704_185129.jpg
 
 台湾ラーメンを開発した同店の主人が台湾の出身であったため、台湾ラーメンと命名されたものです(ちなみに台湾には似た麺はあるものの、同一の激辛ラーメンは存在しないようです)。
 元々は賄いとして作られ、その後一部のお客さんの間だけで愛されいたこの麺が、激辛ブームに沸いた1990年頃から急速に広まって行きました。
 台湾ラーメン、かなり辛いです。それもしびれるような辛さなので、最初から台湾ラーメンを頼むとその他の料理の味が分からなくなるため、私は最後の締めとして台湾ラーメンを注文しています。
 
●その他のメニューも美味しいです。画像は青菜炒めです。
misen07-260328.jpg
 
●酢豚も美味です。
misen10-260328.jpg
 
 辛いのは苦手だけれども、食べてみたいと言う方は、裏メニューに辛さ控えめのアメリカンと言うのがありますので、そちらを頼んでみても良いかもしれません。また、締めの締めの杏仁豆腐もお薦めです。
 
【お店の情報】
味仙今池本店
住所:愛知県名古屋市千種区今池1-12-10
電話:052-733-7670
営業時間:PM5:30~AM2:00(ラストオーダーAM1:30)
定休日:年中無休(※ 12/31、1/1は除く)
価格:台湾ラーメン630円
駐車場:有(8台)
ホームページ:http://www.misen.ne.jp/
関連サイト1:名古屋グルメ美味しいお店INDEX
関連サイト2:おススメ名古屋めし掲示板
 


2018年7月 7日

 こんにちは。「地球の歩き方」名古屋・愛知特派員ブログ担当のhossieです。
 名古屋への出張が楽しみになる居酒屋として、前回は千種区にある「ききや」さんをご紹介しましたが、今回は栄の繁華街にある居酒屋「海の日」さんをご紹介いたします。
 こちらのお店は、名古屋の有名ブロガーの方が「美味しいお店」として紹介していたお店で、私自身は通い始めてからまだそれほど時間は経っていませんが、もうその魅力に取りつかれています。
 お店の特徴として挙げられるのは、とにかく魚が美味しいこと。特に刺身が美味しいですが、鯛のカマ焼きなども絶品の美味しさで、新鮮でおいしい魚を食べたいという方には特にお奨めのお店です。
 お値段は決して安いという訳ではありませんが、料理の内容を考えると、とても安いと思います。そのため私は、東京などからの客人で、「食べるのも飲むのも好き!」という方と飲みに行く際によく利用しています。
 この日は、鹿児島出身の会社の同僚と出かけて来ました。鹿児島も料理が美味しいところで、彼に喜んでもらえるとしたらこのお店だろうということで、連れて行ってみました。
 まず必ず食べて欲しいのが刺し盛りです。予約の際に「刺し盛りを予約しますか?」と聞かれますので、迷わずお願いした方が良いと思います。その日お奨めのお値打ちの魚を予約のお客さんに優先的に割り振るため、お店に行ってからオーダーすると、高い魚しか残っていないことがあるからです。
 この日が初めてだった鹿児島県出身の同僚は、「hossieさん、このお店最高です。特に魚が目茶目茶美味しいです!」と言っていました。
 鹿児島県人にも認められた、とても美味しい居酒屋「海の日」さんに是非一度足を運んでみていただけたらと思います。
 
●まず食べて欲しいのが刺し盛りです。この日は予約をしなかったため、少し高めのお魚になりました。
IMG_20180606_190047.jpg
 
●酒の肴も充実しています。画像はエイヒレです。
IMG_20180606_185415.jpg
 
●鹿児島県人の彼のために「さつま揚げ」を頼んでみました。とても美味です!
IMG_20180606_192600.jpg
 
●続いてはアジのフライ。これが肉厚で目茶目茶美味しいんです。
IMG_20180606_194318.jpg
 
●酒の肴でカニ味噌の味がついていますが、料理の名前を忘れてしまいました。
IMG_20180606_195124.jpg
 
●我々の胃袋を完全に満腹にした鯛カマの塩焼きとカマ煮。最高です!
IMG_20180606_201003.jpg
 
●カマは食べるところがたっぷりあり、一同大満足でした。
IMG_20180606_195510.jpg
 
●日本酒のメニュー
IMG_20180606_183550.jpg
 
●焼酎のメニュー
IMG_20180606_183611.jpg
 
●料理メニューその1
IMG_20180606_183633.jpg
 
●料理メニューその2
IMG_20180606_183638.jpg
 
●料理メニューその3
IMG_20180606_183648.jpg
 
【お店の情報】
熟成刺身や自家製干物の海鮮やお米や豆富「海の日」
場所:愛知県名古屋市中区栄4-15-14 栄ハイホーム 1F
電話:052-265-5262
営業時間:[平日]18:00~23:30(L.O.22:30)[土・祝]18:00~23:30(L.O.22:30) 日曜定休
駐車場:無
価格:5,000円~7,000円程度
ホームページ:https://www.facebook.com/uminohi.himono
 
関連サイト1:名古屋グルメ美味しいお店INDEX
関連サイト2:おススメ名古屋めし掲示板
 


2018年6月23日

 こんにちは。「地球の歩き方」名古屋・愛知特派員ブログ担当のhossieです。
 名古屋には予約が取れないと言われているお店が幾つかありますが、その代表格とも言えるのがこちらの「賛否両論 名古屋」ではないでしょうか。
 私もこれまで何度か挑戦しましたが、何しろ電話が繋がりません。予約可能な時間が14~17時と決まっており、そこへ集中すると言うこともあるのでしょう。今まで40回くらい掛けて繋がったのは2回だけ。しかも「予約可能な2カ月先まですべて埋まっています」とのつれない返事でした。
 そんな賛否両論にようやく行けるチャンスが巡って来ました。営業担当者が「hossieさん、賛否両論の予約が取れましたから、お客さんと行きませんか?」と連絡をして来てくれたのです。
 もちろん二つ返事でOKし、取引先の社長と総務部長の方をご案内することにしました。
 
●賛否両論の入口です。付近には四川飯店などの有名店が軒を並べています。
IMG_20180605_183355.jpg
 
 お店に入り、早速4人で乾杯。期待に胸が膨らみます。
 この日オーダーしたのは、2つある「おまかせコース」のうちの高い方(8,900円)で、料理7品と食事、そしてデザートを好きなだけ選ぶことが出来ます。
 次々と運ばれてくるお料理、そのどれもが美味しかったのですが、中でも刺身をはじめとした魚料理がとても美味しかったです。
 
●和食の名店は何より汁物が美味しいです。とても美味しくいただきました。
IMG_20180605_193858.jpg
 
●料理はどれも美味しかったのですが、中でもお刺身が特に美味しかったです。
IMG_20180605_200702.jpg
 
●私の大好物の鮎が出て来ました。頭も含め全て食べることが出来ます。
IMG_20180605_201910.jpg
 
●こんな料理も出て来ました。ローストビーフも美味でした!
IMG_20180605_202828.jpg
 
●ご飯ものもまた美味しかったです。お代わりが自由だったので、思わずしてしまいました。
IMG_20180605_210600.jpg
 
●デザートは6種類から選べます(幾つでも可)。
IMG_20180605_212038.jpg
 
●もうお腹がいっぱいで、2個しか食べることが出来ませんでした。
IMG_20180605_212952.jpg
 
 オーナーの笠原将弘氏はホームページで『季節感を大切にし、素材を吟味した丁寧な手仕事で、味わいはもちろん彩りにいたるまで、最高の一皿をしかもお手頃な価格でご提供します。気軽に和食をお楽しみください。』と語っていますが、まさにその通りのお店だと感じました。
 食通の社長にもご満足いただけたようで、私も味・ボリュームともに大満足でした。
 さて、タイトルに書いた予約の取り方ですが、食事をした人は次の食事の予約ができる仕組みになっています。この権利を逃がす手はないので、私も次回の予約を入れることにしました。
 食事をしたお客さん用にある程度枠を確保しているようで、この方法なら、まず間違いなく予約が取れます。
 ただしお店に行くためには一度は電話で予約をしないといけませんから、根本的な解決にはなっていませんが…
 
●これが次回へのパスポートです。金曜日で予約が出来ました。
IMG_20180609_204525.jpg
 
 「賛否両論 名古屋」は、とても素晴らしいお店でした。まさに噂に違わぬと言った感じでしょうか。
 内容を考えるとそれ程お高い訳ではないと思いますので、是非皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
 
【お店の情報】
賛否両論 名古屋
住所:愛知県名古屋市千種区高見2-1-12 ナゴヤセントラルガーデン
電話:052-753-7677
営業時間:【ランチ】11:30〜、13:30~ 【ディナー】18:00~(ラストオーダー/21:30)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
価格:【ランチ】昼コース…3,800円と6,800円 【ディナー】おまかせコース…8,900円と6,800円
駐車場:有
ホームページ:https://www.ncg.jp/shop/shop02/
関連サイト1:名古屋グルメ美味しいお店INDEX
関連サイト2:おススメ名古屋めし掲示板
 


2018年6月 9日
2018年6月 3日
2018年5月26日
2018年5月 6日
2018年4月30日
⇒すべての記事を見る

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■愛知県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 名古屋・愛知特派員

    名古屋・愛知特派員
    hossie
    名古屋に住む窓際サラリーマンです。かつて九州に10年(福岡3年、熊本5年、宮崎2年)勤務していた時に美味しい物に目覚めてしまい、お店探しに奔走しました。今住んでいる名古屋でも日々美味しお店を探して彷徨っています。名古屋に訪れて下さった方に満足していただけるような情報(グルメ情報や名所旧跡など)を全力でご紹介したいと思いますので、参考にしていただければ幸いです。 DISQUS ID @disqus_06hx6BG2FP

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集