海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/名古屋・愛知特派員ブログ

日本国内/名古屋・愛知特派員ブログ hossie

日本国内・名古屋・愛知特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

 こんにちは。「地球の歩き方」名古屋・愛知特派員ブログ担当のhossieです。
 名古屋には予約が取れないと言われているお店が幾つかありますが、その代表格とも言えるのがこちらの「賛否両論 名古屋」ではないでしょうか。
 私もこれまで何度か挑戦しましたが、何しろ電話が繋がりません。予約可能な時間が14~17時と決まっており、そこへ集中すると言うこともあるのでしょう。今まで40回くらい掛けて繋がったのは2回だけ。しかも「予約可能な2カ月先まですべて埋まっています」とのつれない返事でした。
 そんな賛否両論にようやく行けるチャンスが巡って来ました。営業担当者が「hossieさん、賛否両論の予約が取れましたから、お客さんと行きませんか?」と連絡をして来てくれたのです。
 もちろん二つ返事でOKし、取引先の社長と総務部長の方をご案内することにしました。
 
●賛否両論の入口です。付近には四川飯店などの有名店が軒を並べています。
IMG_20180605_183355.jpg
 
 お店に入り、早速4人で乾杯。期待に胸が膨らみます。
 この日オーダーしたのは、2つある「おまかせコース」のうちの高い方(8,900円)で、料理7品と食事、そしてデザートを好きなだけ選ぶことが出来ます。
 次々と運ばれてくるお料理、そのどれもが美味しかったのですが、中でも刺身をはじめとした魚料理がとても美味しかったです。
 
●和食の名店は何より汁物が美味しいです。とても美味しくいただきました。
IMG_20180605_193858.jpg
 
●料理はどれも美味しかったのですが、中でもお刺身が特に美味しかったです。
IMG_20180605_200702.jpg
 
●私の大好物の鮎が出て来ました。頭も含め全て食べることが出来ます。
IMG_20180605_201910.jpg
 
●こんな料理も出て来ました。ローストビーフも美味でした!
IMG_20180605_202828.jpg
 
●ご飯ものもまた美味しかったです。お代わりが自由だったので、思わずしてしまいました。
IMG_20180605_210600.jpg
 
●デザートは6種類から選べます(幾つでも可)。
IMG_20180605_212038.jpg
 
●もうお腹がいっぱいで、2個しか食べることが出来ませんでした。
IMG_20180605_212952.jpg
 
 オーナーの笠原将弘氏はホームページで『季節感を大切にし、素材を吟味した丁寧な手仕事で、味わいはもちろん彩りにいたるまで、最高の一皿をしかもお手頃な価格でご提供します。気軽に和食をお楽しみください。』と語っていますが、まさにその通りのお店だと感じました。
 食通の社長にもご満足いただけたようで、私も味・ボリュームともに大満足でした。
 さて、タイトルに書いた予約の取り方ですが、食事をした人は次の食事の予約ができる仕組みになっています。この権利を逃がす手はないので、私も次回の予約を入れることにしました。
 食事をしたお客さん用にある程度枠を確保しているようで、この方法なら、まず間違いなく予約が取れます。
 ただしお店に行くためには一度は電話で予約をしないといけませんから、根本的な解決にはなっていませんが…
 
●これが次回へのパスポートです。金曜日で予約が出来ました。
IMG_20180609_204525.jpg
 
 「賛否両論 名古屋」は、とても素晴らしいお店でした。まさに噂に違わぬと言った感じでしょうか。
 内容を考えるとそれ程お高い訳ではないと思いますので、是非皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
 
【お店の情報】
賛否両論 名古屋
住所:愛知県名古屋市千種区高見2-1-12 ナゴヤセントラルガーデン
電話:052-753-7677
営業時間:【ランチ】11:30〜、13:30~ 【ディナー】18:00~(ラストオーダー/21:30)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
価格:【ランチ】昼コース…3,800円と6,800円 【ディナー】おまかせコース…8,900円と6,800円
駐車場:有
ホームページ:https://www.ncg.jp/shop/shop02/
関連サイト1:名古屋グルメ美味しいお店INDEX
関連サイト2:おススメ名古屋めし掲示板
 


2018年6月 9日

 こんにちは。「地球の歩き方」名古屋・愛知特派員ブログ担当のhossieです。
 名古屋飯と言えば味噌カツを連想される方も多いと思いますが、今回は味噌カツ丼の元祖と言われている、栄の「味処叶」さんをご紹介致します。
 こちらのお店は、昭和24年創業の老舗で、開店当時は割烹料理を主にしており、お昼のランチ限定用として味噌カツ丼を提供するようになりました。
 かつてお店の近くに日活映画館があり、石原裕次郎さんやフランキー堺さん、南田洋子さんら、多くのスターが来店していたようです。現在でも多くのメディアで取り上げられ、お店は常に混雑しています。
 
●店内には沢山のサインが貼ってありました。
IMG_20180601_115748.jpg
 
 「味処叶」さんの味噌カツ丼には、一口大(かなり大きな一口ですが)にカットされた味噌カツが、所狭しと盛ってあります。真ん中には半熟の卵が乗せられており、トロンとした黄身を崩してカツやご飯にまぶして食べるのですが、これがたまらない美味しさなのです。
 また、特別にブレンドした植物性油を使用しており、味噌の甘さは控えめなので、見た目とは違ってあっさりしているのが特徴です。
 先日、お昼に少し時間があったので、若手社員くんと二人で久しぶりに「味処叶」さんを訪ねてみましたが、相変わらずの人気で、ひっきりなしにお客さんが来ていました。
 
●メニューの画像です。味噌カツ丼の「大盛り」の字に炎が被せてありましたが、その理由は頼んでみて分かりました。
IMG_20180601_115635.jpg
 
 私は定番の味噌カツ丼を頼みましたが、このお店が初めてだった若手社員くんは「僕は大盛りを食べます!」と言って、無謀にも大盛りをオーダーしました。
 実はこちらのお店の大盛は、かなりの巨大サイズで、私はとても頼む勇気はありません。まあ大食いの彼なら大丈夫だろうと思い、制止せずにそのまま流すことにしました。
 程なく運ばれてきた味噌カツ丼を見て、さすがの若手社員くんも衝撃を受けていました。本当に凄いんです。しかも値段は普通盛り1,320円に対して1,680円と大して変わりません。
 
●私は普通盛りに「あさりの味噌汁(200円)」を追加しました。
IMG_20180601_121013.jpg
 
●普通盛りのアップ画像です。普通盛りでも結構ボリュームがあります。
IMG_20180601_121034.jpg
 
●並べて比較すると大盛りの凄さが分かると思います。これは半端ではありません!
IMG_20180601_121059.jpg
 
 「休むと辛くなるから」と、無言でひたすら食べまくった若手社員くんでしたが、大食漢の彼をもってしても、かなりハードだったようです。お腹が減っていたとしても、大盛りの選択には注意が必要です。 
 「味処叶」さんは地下鉄栄駅から徒歩5~6分の所にあります。細い路地を入ったところにあり、やや分かりにくい感じですので、不安な方はgoogle map等で確認をされると良いと思います。
 
【お店の情報】
味処叶
住所:愛知県名古屋市中区栄3-4-110
電話:052-241-3471
営業時間:[昼]11:00~14:00 [夜]17:00~20:00
定休日:月曜日
価格:味噌カツ丼1,320円
駐車場:なし
その他:予約不可
ホームページ:https://www.misokatu-kanou.com/
関連サイト1:名古屋グルメ美味しいお店INDEX
関連サイト2:おススメ名古屋めし掲示板
 


2018年6月 3日

 こんにちは。「地球の歩き方」名古屋・愛知特派員ブログ担当のhossieです。
 最近、本でモネの池なる美しい池が岐阜県関市にあると知り、GWに家族と出かけて来ました。
 行く前に下調べをと言うことで、岐阜県観光連盟のホームページで調べてみたところ、
 
「口コミで広がった話題の池を紹介!! 岐阜県関市板取にある名もなき池(通称 モネの池)
透明度の高い湧水に咲く睡蓮がとても美しく、まるで絵画の「モネの池」よう。
池には錦鯉が泳いでおり、まさに『和風モネの池』
初夏の睡蓮の花が咲く時期は、絶景ですので、是非、お越しください!」

と書いてありました。
https://www.kankou-gifu.jp/spot/5094/
 
 モネの池までは、名古屋市街地から80㎞以上あり、ここだけに行くのはもったいないので、まだ早いとは思いましたが、板取川洞戸観光ヤナに寄って、鮎を食べることにしました。
 板取川の観光ヤナは、私の行きつけの天ぷら屋の大将が「自分は此処の鮎が一番美味しいと思う」と太鼓判を押していたこともあり、まだ養殖ものしかないことも分かっていたのですが、行ってみました。
 一時間ちょっとでヤナ場に到着。さすがに5月はまだヤナはやっていませんでしたが、鮎は食べれるとのことだったので、一番安い3,100円のコースを注文しました。
 洞戸観光ヤナの鮎は養殖ではありましたが、とても美味しかったです。その美味しさの理由は超新鮮だったからでしょう。完璧な骨抜きが出来ました。
 これまで色々なところで鮎を食べて来た嫁さんと娘も、「これは美味しい!」と言って食べていました。
 
●洞戸観光ヤナのメニューです。Aコース(3,100円)を頼んでみました。
IMG_20180428_130727.jpg
 
●鮎は自分で焼きます。案外自分でもうまく焼けました。
IMG_20180428_133202.jpg
 
●お店の前を流れる板取川。驚くほど透き通っていました。
IMG_20180428_140602.jpg
 
 満腹になったところでモネの池に向かうことにしました。モネの池へは車で15分程度と至近で、程なく到着。モネの池に着くまでの道沿いには、目立ったものは何もなかったのですが、現地に着くと駐車場にかなりの数の車が停まっていました。
 よく見ると人が沢山います。モネの池は、私の予想を遥かに超えた観光地でした。
 駐車場から池までは2~3分で到着します。大きな期待を抱いて池を覗いてみましたが、まさに期待を裏切らない美しさでした。私見ですが、私にはモネの池の絵よりも美しく感じました(後日、国立新美術館でモネの絵を見ての感想です)。
 モネの池は、スイレンの花が咲き乱れる5月下旬~7月中旬が見頃ですので、6月の鮎の解禁以降にヤナとセットでの訪問がお薦めです。是非どうぞ!
 
●モネの池の案内板がありました。
IMG_20180428_150613.jpg
 
●モネの池です。実際に見ると、この画像よりもさらにキレイです。
IMG_20180428_144527.jpg
 
●モネの池の絵(2018年5月2日に新国立美術館で撮影)。※撮影は許可されています。
IMG_20180502_164355.jpg
 
●沢山の人がモネの池に訪れていました。
IMG_20180428_144851.jpg
 
【お店の情報】
■板取川洞戸観光ヤナ
住所:岐阜県関市洞戸小坂1712
電話:0581-58-2217
営業時間:5月下旬から11月まで 10:00~19:00 (5、6、10、11月は、10:00~18:00) 日曜営業
定休日:週金曜日休み ※木曜はランチのみ営業
価格:¥3,000~¥3,999
駐車場:有
ホームページ:http://www.horado.net/kankoyana/

■モネの池
住所:岐阜県関市板取上ケ瀬1643−17
電話:0581-57-2111(板取事務所)
価格:無料
駐車場:15台
 
関連サイト1:名古屋グルメ美味しいお店INDEX
関連サイト2:おススメ名古屋めし掲示板
 


2018年5月26日
2018年5月 6日
2018年4月30日
2018年4月22日
2018年4月14日
⇒すべての記事を見る

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■愛知県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2渋川湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 名古屋・愛知特派員

    名古屋・愛知特派員
    hossie
    名古屋に住む窓際サラリーマンです。かつて九州に10年(福岡3年、熊本5年、宮崎2年)勤務していた時に美味しい物に目覚めてしまい、お店探しに奔走しました。今住んでいる名古屋でも日々美味しお店を探して彷徨っています。名古屋に訪れて下さった方に満足していただけるような情報(グルメ情報や名所旧跡など)を全力でご紹介したいと思いますので、参考にしていただければ幸いです。 DISQUS ID @disqus_06hx6BG2FP

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集