海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブラジル/ナタウ特派員ブログ

ブラジル/ナタウ特派員ブログ ayukinha

ブラジル・ナタウ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る


ここNATALに来たらまず絶対に外せないのはエビやロブスターなどの新鮮な魚介類。
魚屋や行商の魚売りは町のいたるところで見られ、大通り沿いには路上魚市場もあり、さすがは海の町です。

ポンタネグラやPIPAなどの観光客の多いビーチでは、オイスター売りがそれぞれの客席までやってきて、新鮮な生のオイスターの殻をむいてレモンを絞りその都度手渡ししてくれます。粒は小さめですがクリーミーでおいしいので私たちは一人10個づつぐらいぺろりと食べてしまいました。値段は忘れてしまいましたが、支払いを気にせず食べまくったぐらいなので高くは無かったはずです。
生オイスター売りP1000257.JPG


⇒続きを読む"Natalに来たら食べずには帰れない!"

2014年6月 9日

NATALは美しいビーチがたくさんあるリゾート地ということで有名ですが、熱帯のカラフルな魚がたくさん見られるサンゴ礁の海はビーチからちょっと離れているため、自力では行けません。
なので私達はいちばんキレイなサンゴ礁が見られるというシュノーケルツアーに参加しました。
スキューバーダイビングも可能なのですが、水深3mほどらしいのでシュノーケルで十分だろうという判断です。

IMG_5635_R.JPG


⇒続きを読む"ブラジル屈指のシュノーケルスポットで魚になろう!"

2014年5月15日

ブラジルのスポーツというとサッカーやブラジリアン柔術、カポエラなどが知られていますが、サーフィンもとても盛んです。
日本ではあまり知られていないかもしれませんが、ブラジルはプロサーファーの数、サーフィン産業、サーフィン人口などいずれも世界トップクラスなのです。

12_01_2014_999_25.jpg

ブラジル沿岸部には素晴らしいサーフィンスポットがたくさんあるのですが、ワールドカップの行われる6月は秋ですので、リオデジャネイロなどブラジル南部はちょっと寒いです。
しかしここ常夏ナタルは秋でも水温28度ぐらい。ウェットスーツは必要ありません。
また、海からの強い風が年間を通して吹き付けるため、いつでもサーフィンが楽しめます。冬にあたる7,8月は雨が多く天気はあまり良くないことが多いのですが、非常に風が強いため、最も大きな波が来ます。


⇒続きを読む"常夏のサーフィン天国でファンウェーブを独占する!"

2014年5月 1日
2014年3月26日
⇒すべての記事を見る

ブラジル旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブラジルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ナタウ特派員

    ナタウ特派員
    ayukinha
    年に1~2度の帰国時には電化製品、衣類などの他、味噌、醤油、日本酒、鰹節などの乾物をたんまり持ち帰り、ブラジルでも味噌汁や刺身など日本食中心の生活を送っている生粋の日本人。そのため今でもブラジルとブラジル人にカルチャーショックを受けることが多い。
    毎朝新鮮なフルーツジュースを絞るのが日課。
    趣味はスキューバ-ダイビング。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集