海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


9月5日夕方、キタノホテル内のロビーにてマリベルのオープニングレセプションが開かれたので、トラベル関係者として出席した。マリベルは日本の東京、京都、沖縄の石垣島にも店舗があるニューヨーク生まれのショコラティエ。
オーナーのマリベル・リバーマンさんは中米ホンジュラス出身だ。ニューヨークのデザインスクール、パーソンズで学ぶうちにニューヨークに集まる様々な食に関心を持ち、ファッションからフードの方に興味が移ったそうだ。出身国が良質なカカオの産地であることに目を付け、農家に足を運び、選りすぐったカカオからヨーロッパ産に匹敵する上品なチョコレートを世に送り出した女性実業家である。日本びいきということから早い段階で日本にも支店をオープン。

マリべパンフ.JPG

ニューヨークではソーホーとブルックリンの2店舗のみであったが、この度3店舗目をキタノホテルにオープンすることとなった。
キタノホテルはグランドセントラルに近く、リムジンバスなどで空港に向かう時も最後のお土産買いに立ち寄るにはとてもべんりな場所だ。

マリべ外観.JPG

パーク街の42丁目を南方向に38丁目まで下ったところにホテルがある。ショーウインドウからも素敵な店内を垣間見ることができる。

マリべシャンパンとチョコのディスプレイ.JPG

入口にはチョコレートのエレガントなディスプレイ。そしてシャンパンサービス。

マリべお店の中食べ放題.JPG

ニューヨークに集まるオリジナルチョコレートの中でも超高級なマリベル。そのチョコレートの試食会はこのうえなく贅沢な時間であった。

マリべ集まったお客さん.JPG

招待客も日本人が多い。

マリベル壁の肖像.JPG

店内はそれほど広くはないが、ヨーロッパ調のエレガントさがあふれた気品あるレイアウトに仕上がっている。
どのパッケージも美しい。

マリべ箱詰め商品.JPG

ガナッシュは一つ一つのイラストがお洒落でカワイイ人気の一口サイズチョコだが、「お値段もちょっとお高い。」
そんな方には、豆チョコや板チョコがお勧め。抹茶やゆずを使った和風テイスト。お味はカカオと抹茶がミックスした繊細な味わいで一粒食べると止まらない!

マリベル豆粒タイプのチョコ (1).JPG

マリベル板チョコタイプ.JPG

オーナーのリバーマンさんが日本を気に入ってくれたということだが、逆にホンジュラスにも興味を持つ人は多いのではないだろうか。治安の悪さばかりが取り上げられるホンジュラスだが、田舎に行けばまだまだゆったりとした時間の中でカカオ栽培、収穫に力を入れている人たちがいるのだ。今後もますますバラエティーあふれるさまざまなチョコレートが生み出されることを期待したい。

MariBelle at The Kitano Hotel New York
66 Park Avenue, New York NY 10016
電話:(212)885-7177


2018年10月 1日

3か月ぶりの更新となってしまってすみません。
ブルックリン図書館でボランティアとして教えていた日本語クラスも終了しましたので、もう少しちょくちょくニューヨークの話題を取り上げられるようにがんばります!
         *               *                *

GOS 看板.jpeg

日ごろは会社も住居もあるミッドタウンを徘徊しているだけの私。地下鉄もめったに乗らない。
これではいけない、せっかくニューヨークにいるのだから、まだやっていないことをしなくちゃ。
と、知人でライター仲間の堂本さんが主催するゴスペル鑑賞とウォーキングのツアーに参加せてもらうことにした。

参加方法など詳細はこちら(↓)
http://www.harlemjp.com/t-07-gospel.html

集合場所は125丁目のハーレム目抜き通りーーではなくそこから南に下がった110丁目とレノックスアベニューが交差するところにあるダンキンドーナツ。ちょうどセントラルパークの北側にあたる。(ミッドタウンからは地下鉄の赤ラインで2番、3番のアップタウン方面に乗る。日曜日は、工事などでホームが変わったり、止まるところが違ったりとかなり苦労させられるので、乗る前に駅員に行き先を確認しよう。)

GOS 地下鉄.jpeg

ここで簡単なツアーの説明を受け、さあ出発。

ところでハーレムと言っても、今は大規模な再開発が進み、あちこちでコンドミニアムや商業用のビルが増えてきている。ゴミゴミしたミッドタウンを避け、まだ閑静さの残るこのハーレムエリアに居を構える有名人も多数いる。

GOS いちろー.jpeg

ちょうど待ち合わせ場所で、見上げたところにあるこのビルもラグジュアリーなコンドミニアム。ヤンキース時代のイチローもここに住んでいたそうだ。(巷では1か月の家賃が250万円とか!)まさにハーレムの再開発を目の当たりにできるロケーション。
再開発はここから125丁目の目抜き通りにかけて、ありとあらゆるところで進んでおり、数年もすればさらなる変貌を遂げていると想像できる。

GOS バイク.jpeg

天気も良くブルーカラーのシティバイクと白い花が空の青さに映えている。1区間30分ごとの貸し出しバイクだが、ここからセントラルパークを走り回ってみるのは爽快だろう。

GOS グラフティー.jpeg
グラフティーの前でワンポイント解説をする堂本さん。

開発が進む中で、昔ながらの低所得者用のアパートも立ち並ぶ。お金持ちと貧困の共存している実に不思議なエリアだ。

GOS  教会景観.jpeg

ツアーは110丁目から北上して徒歩でゴスペル礼拝堂へ向かう。周辺に立ち並ぶ、無数の教会や東海岸特有の重厚なブラウンストーンの家々は相変わらずため息が出るほど美しい。ハーレムには大小合わせて200以上の教会があるとのこと。

GOS ブラウンストーン景観.jpeg

再開発の高層コンドミニアムも良いが、昔ながらのこのブラウンストーンの家に住み、古き良き時代のニューヨークを偲ぶ生活にもあこがれる。

GOS ブラウンを歩く.jpeg

素敵な窓(↓)
GOS 素敵な窓.jpeg

さて、いよいよゴスペル鑑賞の時間。
ゴスペルはミッドタウンの教会でも聴けるが、ここはやっぱりハーレムでローカルの信者と時間を共有してみたい。
今回の鑑賞場所は、「ベッセル・ゴスペル・アセンブリー」。堂本さんと同様、10年以上もハーレムに住み、ゴスペルやスピリチュアル系の音楽プロデューサーとして国内外で活躍している打木希瑤子さんの計らいでツアーが実現したそうだ。

GOS 正面.jpeg

(↑)正面からみた建物。プロテスタントの流れを組みいたってシンプル。ドイツ人によって運営が始まったものの、最近はフランスから聴きにくる観光客も多いとか。ゆえに英語、スペイン語の他、フランス語でのスピーチもあり。

GOS  聖書 日本語.jpeg

さすがに、日本語のスピーチはないが、日本人にはこの新約聖書日本語版が貸し出される。分厚い!

GOS 座っていく.jpeg

みるみる人が埋まっていく。教会というより、近代設備を備えた講堂のような仕様。実は、もともとの礼拝堂は別にあり、日曜日朝8時と11時の2回にわけてゴスペルとミサを行っていた。が1回の収容人数は800名。2回で1600名。実際はそれ以上の人が押し寄せ外まであふれ出たために、この新しい礼拝堂を設立したそうだ。ここでの収容人数は2000名近くとのこと。いかに地元信者と、ゴスペルに興味のある観光客が多いかを物語っている。

GOS 横の席の人.jpeg

ゴスペルの時間が着た。初めてゴスペルを聴きに来た人は一様に起立し皆と抱擁したり握手したりする。ひとときの親交の時間だ。

GOS パフォーマンス.jpeg

パフォーマンスは決して派手ではないが、教会での定番である賛美歌やオルガン、チェンバロの旋律しか聞いたことのない私には別の角度から「ハレルヤ」と「キリスト教」を体感できた貴重な時間だった。ゴスペル終了後、退出時には封筒に献金し(ツアー参加者は費用に含まれている)、静かに出ていく。(信者の方々はこれから礼拝の時間にはいる)

最後に別の部屋で打木さんより簡単な聖書にまつわるお話を聞く。世界史に登場するマルチン・ルターの宗教改革とその意義、また日本にまつわる話ではイエズス会の布教活動と信者の葛藤など私たちの国での実話もあり。

GOS 聖書の話.jpeg

その中で興味深かったお話は、「祈れば救われます」という儀式だけで解決に導くのではなく、地域の人々の生活に関わり、悩みを聞き、共に考える。そして皆で協力し、学び、お互いに役立つような行いへと繋いでいく、いわば地域密着型の社会・文化交流が教会の目指すものということだ。
ゴスペル+礼拝に参加して何を感じるとるかは人それぞれだ。この体験によって、人生をもう一度見つめなおそうという人も中にはいるのかもしれない。

ゴスペル/スピリチュアル音楽プロデューサー打木希瑤子(うちききょうこ)さんのサイトはこちらから(↓)
http://gospelnow.org/gospel-now-kyokouchiki/


2018年7月16日

PR 要塞からの海.jpeg

昨年は、家族マターと仕事と合わせて5回日本へ帰国した。
さすがに年末年始は、ニューヨークでおとなしくしていようかと思ったが、「旅に行かないと落ち着かない病」の私はじっとしていられない。やっぱりどこか温かいところへ行きたい!

カリブ海エリアはアメリカ人の避寒地のひとつ。クリスマスや年末年始などは飛行機代もお高い。
そんな中で航空運賃を調べていると、プエルトリコに行くジェットブルーやデルタ航空がなぜか安い。空いている。ニューヨークから往復でUS300ドルくらいだ。これは行くしかない。と、WEBサイトでホテルとまとめて予約した。

「年末年始はプエルトリコよ~」と知人に話すと「ハリケーン被害大丈夫? よく調べた方が良いよ。」
夏~秋ににかけてカリブを襲う「ハリケーン」。今回の「イルマ」→「マリア」のWパンチを受けたプエルトリコは多大な被害を被ったのだ。どうりで皆が敬遠しているわけだ。
そうこうするうちに予約したホテルから、「到着日まで水も電気も使えないのでクローズします」とのお知らせが。。
「えーっ。」使えるホテルは限られるので、かえってホテルのレートは高くなってきている。
やむなく、2泊はホステル、2泊は海辺の近く安ホテルを予約しなおした。

かくして年末。JFKからデルタ航空で一路プエルトリコへ。雪などの天候による影響もなくほぼ順調に飛行を終えた。ニューヨークからの所要時間はおよそ4時間。バハマよりもさらに南のドミニカ共和国の東に位置するこの島は、米国の統治下にあるためUSドルが使える。
米国からの入国だとパスポートのチェックもなく(しかしパスポートは常に携帯するほうがよい)するすると外へ。

空港は普通に電気が通じている。観光センターに行って状況を聞いてみると、
「サンファンエリアはだいたい復旧した。田舎はまだ水や電気といったインフラ設備に問題があるけど、都会はほぼ問題なし。すでにクルーズ船も寄港を再開した」とのこと。

ここでかなり安心できた。しかも、お目当ての世界NO1のラム生産を誇る「バカルディ」は12月31日も営業しているとのこと。
早速バスでホステルのあるCONDADO地区へ。
教えてもらった「D53]のバスに乗ろうとしたが、バスを待っていた人がその前に到着したバスでもCONDADO方面に行くと教えてくれたのでそのまま乗車。(結果的にはわかりにかったのでD53が無難そうだ。ただしパンフレットはスペイン語、停留所には時刻表もないので行く先などは聞くしかない)

PR バス停とスペイン語.jpeg

到着時は少し雨が降っていたが、翌日12月31日は晴天。寒いニューヨークを離れて今は常夏の島。青い空に鳥のさえずり。あまりハリケーンの影響も見られずレストランやカジノもオープンしている。気分が高揚する。
さて、ここから旧市街地、オールドサンファン方面へ歩き(1時間半くらいかかった)南側の船の停泊地までたどり着く。
対岸のカターニョまでフェリーに乗船、(50セント、安い!)バカルディ工場まではシャトルバスーー
ってシャトルバスがない。普通のバスもない。うろうろしていると、歩いていた人がタクシーを見つけてくれてやむなく10分はタクシー移動(一挙に10ドル!)

海沿いを少し上がると、大邸宅風の門構えのラム酒の「名門」、バカルディへ。

PR BACARDI の外観.jpeg

あろうことか、タクシーは門手前で引き返してしまったのでそこからは徒歩で中へはいる。セキリュティに教えてもらってパビリオン風の屋根が見える受付センターまでぶらぶらと歩く。ほんとうにここで生産されているのだろうか。まるでお金持ちの豪邸だ。

PR パビリオンの下で.jpeg

受付では3コースの説明がある。一般的なバカルディの歴史を聞くツアーは15ドル、テイスティングは49.99ドル、ミクソロジーは$59.99。

迷った末、テイスティングツアーに決めた。
ツアーまで待つこと、1時間。ウェルカムカクテルを飲みながらまったりと過ごす。青い空に白い風力タービン。海の向こうにそびえるエル・モロ要塞。ほんとうに今は冬?

風力タービング.JPG
PRウエルカムドリンク.JPG

この日はのテイスティングツアー参加者は私ともう一人の女性のみ。カートに乗って、敷地内を見学した後、正面のホールへ。

フロントのロゴのオブジェ.JPG
バカルディ―フロントの絵.JPG

バカルディのシンボルであるロゴマーク、蝙蝠のオブジェ。1862年、スペイン出身のドン・ファクンド・バカルディが当初キューバに立ち上げたラム工場は、今や世界で最も知られるラム酒の代表格となった。ここプエルトリコの蒸留施設は年間を通して訪れる人が絶えない。

ミニシアター、当時の写真、器具などの様々な展示品を眺めながら説明を聞く。熟成期間の異なるラムの香りをかぎ分けるコーナーもあったりと興味深い。(私にはそこまでの区別がつかなかったのが残念)

最後はダイニング様式の部屋で6種類のラムのテイスティング。カクテルではないので、ウイスキーのような渋みもあり、コクの深い味わい。人気の8年熟成の「RON 8 ANOS」などは店内でも売られている。これ全部飲むと、ホテルに帰れないかも。ということで本当に味わう程度にとどめておく。

6種類のテイスティング.jpeg

すべてが終わると記念のテイスティングツアー修了証書をゲットできる(あらかじめ自分の名前が印字されている)

テイスティングツアー修了書.JPG

プエルトリコ旅行はこのバカルディ工場に行くだけでも十分価値のあるものだが、その他にもオールドサンファンの先端にそびえる要塞の散策などはお勧めだ。私は2回目の訪問だったが、それでも改めて要塞から見下ろす空と海と陸地の展望は圧巻だ。

PR要塞の外観と空.jpeg

南国の香りとスペイン、ギリシャをミックスしたような景色が続く。家々のパテオから聞こえる家族の声。
一日中日向ぼっこをしているそこかしこの猫

PR猫がいっぱい.jpeg

PRプエルトリコ風置物.jpeg

観光客向けの土産物店にフルーツマーケット。憩いの広場で食べるシャーベットは最高の味だ。

PR 土産物店ブースが並ぶ.jpeg

PR 土産物アクセサリーなど.jpeg

PR 憩いの広場.jpeg

連日クルーズ船からの観光客も到着し、島は1年を通して賑わいを見せる。

PR クルーズ停泊.jpeg

PR OLD SANJUAN 風景.jpeg

もちろん、常に災害の危機に見舞われる心配もあるが、それでもラテン系の人々は明るい。
皆、節度をまとってその日をしっかり生きている印象を受けた。

PR カラフルな家々.jpeg

社会を引退したらプエルトリコに隠居も悪くない? しかしスペイン語をもうちょっと勉強したほうがよさそうだ。


2018年3月17日
2018年1月 9日
2017年12月17日
2017年11月13日
2017年9月 4日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ニューヨーク特派員

    ニューヨーク特派員
    青木 多佳子
    大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集