海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ニコシア特派員ブログ > No.2ニコシアへ行くには?交通手段を紹介します

キプロス/ニコシア特派員ブログ イェラリ彩夏

キプロス・ニコシア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年4月 8日

No.2ニコシアへ行くには?交通手段を紹介します


メール プリント もっと見る

No.2ニコシアへ行くには?交通手段を紹介します



ヤサス(どうも/こんにちは)!

今回は、ニコシアへの具体的な移動方法についてご紹介します。



■ラルナカ空港から

キプロスへの玄関口はほぼ空路のラルナカ空港(Larnaka International Airport)からでしょう。

そこからニコシアへ移動することになります。



2-1.jpg






<車で>

電車のないキプロスを旅行するには、車のレンタルがやはり便利です。
空港からレンタカーが借りられるよう、オンライン予約で事前に手配をしておくといいでしょう。
ラルナカ空港からニコシアへは、高速道路を使って50分ほど。高速道路使用料は無料で、

車は1日20ユーロからと、比較的安くレンタルできるのが嬉しいポイントです。

2-2.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

しかも、キプロスは日本と同じ左側車線です。




<バス・タクシーで>

車以外の選択肢としては空港バスとタクシーがあります。空港バスは、キプロスの主要地域と接続しています。


ラルナカ空港〜ニコシア中心地へはバスで1時間ほどです。
Kapnos Airport Shuttle Bus / 片道8ユーロ /およそ1時間に1本の頻度で運行 )


Kapnosバスでニコシアにいらっしゃる場合、

終点のニコシア到着後に、インターシティバスの 158番 か、160番 に乗り換えて

終点「Dionisiou Solomou Square」で下車すると、ニコシアの旧市街地に行くことができます。

バス停にはタクシーも待機していて、ニコシア内のホテルまでの距離なら、10ユーロほどで移動できます。



空港からタクシーを使う場合は空港〜ニコシア間で50ユーロほどかかります。



2-3.jpgのサムネイル画像

2-4.jpgのサムネイル画像

※写真はニコシアのバスターミナル




■他の空港から
また、ラルナカ空港以外の空路としては、パフォス空港( Pafos International Airport)や、

※北側地域のエルカン空港( Ercan Airport)があります。(※トルコ側/未承認国家 北キプロス・トルコ共和国)


パフォス空港は規模が小さいため、ロシアや欧州間の発着が主のようです。

パフォス(Pafos)からニコシアへは、車・バスで、2時間弱かかります。


エルカン空港からニコシアへの移動方法は、空港からバスかタクシーで北側のニコシア(1時間ほど)→

南側へは、パスポートコントロールを経て徒歩で入境、という方法です。

ただ、北側からキプロス島へ入った場合には、出国も北側でなければならなかったり、

未承認国家ゆえ日本大使館の援護が行き届かない可能性が高かったりします。

場合によっては、南側に入って来られないこともあるようですので、

旅行者にとって北側地域の往来には心配な点もあることをご留意ください。


それほど大きくない島の中にこのような状況があり、旅行者にとっては

治安や安全面が気になるところかと思います。特派員として、実体験をお伝えするならば、

出入境の際にはパスポートコントロールがあるため特有の緊張感があるものの、

これまでわたしが北側地域への出入りや北側地域でトラブルに遭ったことはありません。

2-5.jpgのサムネイル画像

たった数メートル歩くだけで、街が中東の雰囲気へと一気に変わる体験は

他ではなかなか味わえないかもしれません。




2-6.jpgのサムネイル画像


2-7.jpgのサムネイル画像

貴重な遺跡群も残されています。
長閑で落ち着いていて、お手頃にリゾート滞在できることから、
特にイギリスやロシアからの旅行者が多いようです。


■港から
最後に海路での入国方法もあることを付け加えておきましょう。
地中海クルージングの寄港先としても使用されるキプロスの港。
クルージングの着港は、ビジネスの街、リマソル(Limassol)やパフォスが多いようです。
リマソルからニコシアへは車で50分・バスで1時間ほどの距離です。


キプロスが初めての旅行者にはニコシアへ行く手段は、バスかレンタカーがオススメです!

ニコシアでお待ちしております〜!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2017年4月 8日
« 前の記事「3つの大陸交易地、キプロスの首都ニコシアからヘレテ!」へ
»次の記事「No.3 言葉は?インターネットは?気になるキプロス旅行のキホン。」 へ
おすすめ記事
    ニコシア特派員 新着記事
    No.21 お土産屋で!定番のキプロスのおみやげ。
    No.20 楽しい♪スーパーでのお土産さがし!
    No.19 身体に優しい!キプロス素材の手作りソープのお店
    No.18 キプロスでトルコ風呂!現存する貴重なハマムでリラックス。
    No.17 おみやげにも♪ナチュラルコスメのKORRES
    No.16 手作りの味がおいしい♪アイスクリーム
    No.15 現地のイベントをチェックするなら♪
    No.14 今年もキプロス・コミコンが開催されます!

    キプロス ツアー最安値


    2017/11/22更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    キプロス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■キプロスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニコシア特派員

      ニコシア特派員
      イェラリ彩夏
      ライター/日本語教師
      北欧・東欧・中国を経てキプロス共和国へ。趣味は民芸品の手習いとフォークダンス。世界文化遺産のキプロス・レフカラレースにも興味シンシン。 日本の方にとってキプロスがもっと身近な場所になるよう、情報サイト「キプロスのたのしみ方」などでも情報発信している。また、現地コーディネーターとしても活動中。 DISQUS ID @disqus_IDcd7kj9mZ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集