海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/新潟特派員ブログ

日本国内/新潟特派員ブログ 野村 ひと美

日本国内・新潟特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

東京から新潟へ越してきて初めてのお正月。
神社へ初詣に行ったところ不思議な光景に出くわしました。

1.jpg

火の中に次々と釣り竿のようなものを投げ入れる人たち。

2.jpg

どんどん人が増えていきます。
そしてその竿の先にあるものは…

3.jpg

???

4.jpg

なんとスルメです!スルメが火の中を泳いでいます!!そして周囲にはいい香りが~。

「一体どこで買えるんだろう」と周囲にお店を探したのですが、この神社の場合
多くの方はお家から持ってくるとのこと。みんな家でMY竿MYスルメを準備し、
初詣に備えるなんて!私にとっては斬新な年越しです!!

周囲の新潟県人に聞いたところ、これは県内では常識らしく
逆に知らないことを驚かれました。
他の地域でもスルメを燃やす習慣のところはあるんでしょうか。
来年は私もぜひMYスルメ持参で初詣に行こうと思います!


1月お題”2014年 祝祭日”


2014年1月 1日

東京で見かけるいちごといえば、「とよのか」「さちのか」「女峰」
あとはなんといっても「あまおう」でした。

こちらのスーパーに来て驚いたのが、この季節並んでいるのが
上記品種ではなく「越後姫」だということ。
新潟県観光情報サイトによると
「可憐でみずみずしい新潟のお姫様のようだ」ということから
「越後姫」と名付けられた、との読んでいて何ともメルヘンチックな気分になるエピソードが。

そしてその見た目がほんと~にみずみずしい。

echigohime1.jpg

自然光かつ携帯画像でこのツヤなのです。
そして柔らかく香りも甘みも強いです。
さくさくとして酸味の強いタイプのいちごがお好みの方には
ちょっと合わないかと思いますが、これ単品で楽しむには
十分な食べごたえと豊かな甘みのまさにフルーツの女王様な雰囲気が漂います。

echigohime2.jpg

新潟は都道府県別の自給率が高い県としても知られています。
ということは、まだまだ他の地域では流通していない隠れた一品
幻の味が眠っている可能性も高いというわけです。

ちなみに、新潟の中でもフルーツの産地として有名な白根では
いちご狩りをはじめとするフルーツ狩りが年中通して楽しめます。
>>白根フルーツランド
http://www.kudamonogari.com/index.htm

まだまだ新潟でしか食べられない品種のフルーツや
一足先にこれから来るフルーツを探しに行ってみても楽しいかもしれませんね。


4月お題”この街で食べておきたいフルーツ”にちなんで投稿しました。

2013年4月30日

立春を過ぎましたが、こちらは一向に春の気配がない新潟栃尾です。

そんなまだまだ冬が終わらない長岡では、一部終了してしまってはいるものの
越後長岡6大冬まつり」と題して
各地で様々な雪まつりが催されています。
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kankou/stamp-rally.html
雪遊び満載で特にお子さん連れにオススメです。


さて、もちろんそちらも素敵なのですが
混雑するイベントに行くのはちょっと…という方に
オススメしたいのが今回ご紹介する新潟除雪アートです。
※ちなみに、除雪アートというのは勝手につけた名称で正式な名前があるのかどうかも不明なのですが
各地域の除雪車を運転する方々の熟練したテクニックと日頃の鍛練から生み出される、
雪地帯ならではの風景です。

まず、その主人公ともいえる除雪車がこちら↓
画像 020.jpg

みているだけでウィーンと音がしそうなマッチョな機体
働く車好きにはたまらないのはないでしょうか。

画像 021-1.jpg

快適に走行できそうです。

そして壁面にご注目を。 
ストライプ.jpg










除雪車が偶然描いた模様たち。 半円を描いたようなものもあります。
また車を走らせるとこんな雪回廊のような道に出会ったり

画像 027.jpg



















つららが鉱石のように輝く道もあります。
 (※写真だとちょっとわかりにくいです。すみません。) 
画像 029.jpg


私はこれを例えようとすると、大抵ラフティかブロックベーコンに見えてしまうのですが
この土地の先輩いわく、最上級にキレイに除雪してあるとバームクーヘンのような美しさなのだとか。

 そして探しに行くと確かにありました!雪のバームクーヘンが。

画像 030.jpg


















まるで鏡面仕上げのような美しさです。

また山の斜面からの流れるフォルムが美しい場所も。

画像 031.jpg

もちろんこれはイベント化されているわけでもない日常の風景ではありますが
見る側の想像力に委ねられた除雪アートはこの時期の秘かな楽しみの一つかなと思います。

もし機会があればお子さんやご家族と「あれは何に見えるかな~」などと会話しつつ
冬のドライブを楽しんでみてはいかがでしょう。そしてくれぐれも雪道運転にはご注意くださいね。


2013年2月12日
2013年1月28日
⇒すべての記事を見る

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■新潟県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 新潟特派員

    新潟特派員
    野村 ひと美
    会津若松市出身。地域コンサルとして全国各地を訪れるうち、 自分も地方で暮らしその中で実践できることを見つけたいと 2012年農家と結婚し 新潟県栃尾へ子連れ移住。風情ある城下町・栃尾から、 地域の人の魅力、雪深い自然環境の中、育まれた豊かな暮らしを 掘り起こし発信していけたらと思います。ご質問等もお気軽にどうぞ。 DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集