海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/ニセコ・北海道特派員ブログ

日本国内/ニセコ・北海道特派員ブログ 寅さん

日本国内・ニセコ・北海道特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

 ニセコでは今月10日頃から雪が降り始めて、19日、20日と大雪となり、一面銀世界になってしまいました。倶知安町の気温は-7℃、積雪量も今朝は50㎝程になりました。そして、待ちに待ったスキー場オープンの予定が一斉に報じられています。

 7W5A5268プレリュード+1.JPG

 写真は大雪前のスキー場。コースがくっきりと見えていました。
ニセコグランヒラフスキー場のオープンは、11月23日(木)の予定で、HANAZONOスキー場は12月2日(土)、アンヌプリ国際スキー場は11月25日(土)、ニセコビレッジコースは12月1日(金)の開業が予定されています。

  2)スキー場の羊蹄山3.JPG

 写真は羊蹄山を望めるヒラフスキー場です。リフトは初めのうちはセンターフォーから1000m付近を中心に稼働し、積雪が増えるとともにリフトの運行が広がります。
 昨年は12月の積雪も多くて、雪質が良好で、楽しく滑ることが出来ました。リフト料金は昨年とほぼ同じのようで、グランヒラフ、HANAZONO共通リフト料金は、5時間券で4200円、シニアは3200円となっていますが、オフシーズン(11月23日ー12月8日)料金は5時間券で3400円と、雪さえあればお得です。

 5)IMG_0986.JPG建築中のホテル.JPG


 ニセコ周辺では、数年前から世界的なホテルチエーンの開業や建設計画の発表が相次ぎ、現在も豪華なコンドミニアムがあちこちに建設されています。先日の新聞では、ニセコグラン・ヒラフスキー場に繋がる、ひらふ坂の最上部の好立地条件で、400人規模の高級コンドミニアム⦅スカイ ニセコ)が、2018年秋に開業されると報じられていました。

 HANAZONOスキー場のスキーイン・スキーアウトが可能な場所にも、2019年開業予定で、パークハイアットニセコHANAZONOがホテル、コンドミニアム共に建設中です。

 外資系の高級コンドミニアム等の進出で、ニセコのスキー場が国際的なスキー場として広まるのはうれしい事ですが、日本人の一般庶民向けの宿泊施設が年々、無くなっているのは残念なことです。今年のスキー客の予約も好調のようで、クリスマスシーズンから1月・2月にかけて、どこも満室状態になりそうです。

7)_MG_1330スキー場の灯り.JPG

 気温が下がるとナイタースキーを愉しむことができます。今年のナイター営業の予定は、12月19日(土)~2018年3月18日(日)となっています。

4)12月の花園第3リフト周辺樹氷.JPG
 
 HANAZONOスキー場の第3リフトを上がるとニセコアンヌプリが見え、スキーコースのどこからも羊蹄山を望みながら滑降できるのが、ここのスキー場の醍醐味です。

6)樹氷と羊蹄山.2JPG.JPG

 冷え込んだ晴れ間には、樹氷と羊蹄山の美しい景色を見ることができます。
皆さん、パウダースノーのニセコスキー場に是非、お出かけください。


2017年11月20日

 10月に入ってニセコの秋は日毎に深まって、今日は遂に初雪となってしまいました。周辺はすっかり晩秋の気配ですが、今年の秋は美しい紅葉で我々を愉しませてくれました。ニセコの秋をご紹介したいと思います。

  007.JPGウルシの紅葉.2JPG.JPG


IMG_7718.JPGイチョウの紅葉2.JPG


P1140440.JPGカエデの紅葉2 .JPG


IMG1357.JPGカエデの紅葉2 .JPG


 色鮮やかな紅葉は、まず「漆」や「ツタウルシ」から始まり、公孫樹やカエデの紅葉や黄葉に広がります。


IMG_7812.JPGイタヤカエデの黄葉2 .JPG

IMG_7800.JPGイタヤカエデの黄葉2 .JPG

P1140385.JPGイタヤカエデの黄葉2.JPG


 イタヤカエデの黄葉が林を埋め尽くすと、とても華やかで錦の彩となります。今年は、前回ご紹介した「神仙沼」の紅葉がとても美しくて、大勢の観光客で木道を歩く人の列がずっと繋がっていたと報じられていました。


P1180024.JPGナナカマド3.JPG

 ナナカマドの葉も実も真っ赤になり、街路樹や山肌を赤く染めていました。

IMG_7735.JPG羊蹄山の秋2.JPG

IMG_0862.JPG羊蹄山と黄葉3.JPG

IMG_0875.JPG夜明けの羊蹄山3.JPG


 やがて晩秋になると、羊蹄山の麓のカラマツ林が黄金色になり、いつの間にか山頂は冠雪となっていました。


P1180013.JPG白いスキーコース.JPG

P1180007.JPG今朝の冠雪2.JPG


 ニセコアンヌプリにも雪が積もり、スキーコースがくっきりと白く見えていました。いよいよスキーシーズンが近づいてきたという感じがします。


IMG_0872.JPG小豆畑3.JPG

P1180018.JPG緑のカーテン.JPG

IMG_0709.JPGシュウメイギク2.JPG


 麓の畑では小豆が収穫を待っていました。特産品の長芋も緑のカーテンのように奥に広がっていました。今年はジャガイモやカボチャ、玉ねぎ、ビートなどまずまずの収穫だったようです。我が家の「シュウメイギク」も、秋風に吹かれて美しく咲いていましたが、そろそろ花がしぼみつつあります。


2017年10月23日

 9月の20日過ぎた頃から、ニセコ地域はあちこちで紅葉が始まりました。朝の気温も10℃以下になることが多くなっています。わが羊蹄山も薄っすらと色づいてきました。
 数日前、羊蹄山登山の為に我が家に来訪された友人達は、4時半に登山口を出発したものの、先日の台風の影響で半月湖周辺から1合目までは倒木が多くて、木を跨いだり、藪漕ぎをしたりで、かなり苦戦を強いられたそうです。更に9合目に着いた途端、強風で吹き飛ばれそうになり、視界も悪くて、ここで敗退してしまったようです。

  IMG_0613.JPGススキと羊蹄山.JPG ススキと羊蹄山

 IMG_0622.JPG小豆畑.JPG 小豆畑

  IMG_0570.JPG蔦ウルシ2.JPGツタウルシの紅葉

  IMG_0546.JPG紅葉の葉.JPG クレマチスの葉

 
 我が家の周辺ではススキが白くなって秋風に揺れ、小豆畑は黄金色の豆が広がっています。ツタウルシや蔦アジサイの紅葉が目立ってきました。クレマチスの葉も黄葉になっています。秋の訪れです。

 IMG_0624.JPGイワオヌプリの紅葉3.JPG

 
 IMG_0625.JPGイワオヌプリの紅葉3.JPG イワオヌプリの紅葉
 

  数日前、友人7人で神仙沼散策へ出掛けてみました。五色温泉方面に車で細い山道を上っていくと、右側にイワオヌプリが表れてきます。ここは紅葉シーズンになると山肌が一番美しいポイントですが、まだ1週間ほど早いという感じでした。それでも赤・黄・緑の装いが始まって輝いていました。
  
  IMG_0641.JPG木道3.JPG 木道の遊歩道
 
  IMG_0633.JPG蔦ウルシ3.JPG    
蔦ウルシの紅葉

  IMG_0642.JPGカエデの紅葉3.JPG カエデの紅葉 

  IMG_0636.JPGムシカリの紅葉と実3.JPG ムシカリの紅葉と赤い実

 IMG_7622.JPGナナカマドの実2.JPG ナナカマドの実

  IMG_0641.JPG木道3.JPG

 神仙沼の駐車場から神仙沼までは往復それぞれ20分ほどの木道の遊歩道になっています。ツタウルシやカエデ、ムシカリ。ナナカマドの実など赤く染まっている中を歩き、黄葉のトンネルを抜けていくと、急に視界が開けて湿地帯に出ます。

 IMG_0643.JPG湿地帯の遊歩道3.JPG 草紅葉

  IMG_0658.JPG草紅葉3.JPG

 IMG_0646.JPG池塘のトンボ.3 JPG.JPG 池塘のトンボ


 IMG_0650.JPG紅葉の神仙沼3.JPG  神仙沼
  

IMG_0653.JPG神仙沼の紅葉3.JPG

 湿地帯には細い草が一面に生えており、赤くなると「草紅葉」と呼ばれていますが、だいぶん赤くはなっていました。湿地帯の中には池塘と呼ばれる池が沢山散在して、水草の中はイトトンボやトンボの住処となっており、青空と白い雲が写り込んで綺麗でした。
 湿地帯を突き抜けると静寂とした「神仙沼」に到着です。標高750mの高原の中の神秘的な沼で、「神々や仙人の住むような場所」ということから、この名が命名されたそうです。
 これから1~2週間もすると、紅葉が一段と映え、多くの人達が訪れるようになることでしょう。

 


2017年9月27日
2017年9月16日
2017年9月14日
2017年9月 7日
2017年8月20日
⇒すべての記事を見る

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北杜・山梨北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ニセコ・北海道特派員

    ニセコ・北海道特派員
    寅さん
    10数年前に神奈川県からニセコに夫婦で移住。以来、ワイフと共に写真撮影、スキー、ゴルフ、コーラス、家庭菜園などを趣味として、田舎暮らしを愉しんでいます。ニセコは海外から訪れる人達も年々増加しています。羊蹄山麓やニセコ連峰を中心に、ニセコ地域の自然の移ろいや、人々との交流をご紹介できればと思っています。 DISQUS ID @disqus_nItAZzBWjM

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集