海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > ニセコ・北海道特派員ブログ > え~!蝦夷(えぞ)梅雨(つゆ)って何(なに)!?

日本国内/ニセコ・北海道特派員ブログ 寅さん

日本国内・ニセコ・北海道特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月13日

え~!蝦夷(えぞ)梅雨(つゆ)って何(なに)!?


メール プリント もっと見る

え~!蝦夷(えぞ)梅雨(つゆ)って何(なに)!?

今回から、ニセコ地域の特派員にならせていただきました、自称(寅さん)です。


これから、羊蹄山麓およびニセコ連峰を中心にした季節の移ろいや人々との交流、地元の人々との交流を通じた田舎暮らしの情報をご紹介いたします。どうぞ、よろしくお願いいたします。


近年、異常天候が続いています。内地では既に、真夏日を経験して、そろそろ(梅雨明け)の季節を迎えようとしている頃かと思います。汗だくで、満員の通勤電車に揺られて、働き蜂のようになって過ごした日々にお去らばして、10数年前に、北海道のニセコに移住し、田舎暮らしを始めた私達老夫婦にとって、北海道暮らしの大きな魅力の一つは、もちろん、北海道にはあのジメジメした「梅雨」がない、爽やかで、きれいな風が、北の大地に吹き渡るということでした。


しかし、しかし、実は北海道にも、数日間のことですが、あのハッキリしない「梅雨」のような天気が続くことがあります。この数日間を「蝦夷(えぞ)梅雨(つゆ)」と云うのだそうです。半年以上にも及ぶ雪との格闘の後、硬く凍った田畑を耕し、田圃に水を引き入れて、田植えも終わり、次に畑作業を始めようとする頃になると、農家の人達は、山の残雪でできる雪形を見上げ、またもうカッコウが鳴いたか!?と思案顔になります。


01.jpg

ナスタチウムの水玉

02.jpg

ニセコ連峰と田植えの


03.jpg

逆さ羊蹄山と田植えの頃


畑に苗や種を撒く時期を案じているのです。特に、蝦夷梅雨と云われる長雨が続かないか?霜が降りないか?と、気が気ではないのです。
内地では、明確な四季の移ろいを感じなくなりつつあります。しかし、北海道は鮮やかに、四季の移ろいを感じることができます。


04.jpg

白馬の雪形


05.jpg

萌え立つ大地


06.jpg

羊蹄山と若芽の頃


これから、ニセコの四季・人々の生活情報などを発信していきたいと思っています。どうぞ、よろしくお願い致します。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温 自然・風景
2017年7月13日
»次の記事「まるで外国にいるような超セレブな夏休みの過ごし方!?」 へ
おすすめ記事
    ニセコ・北海道特派員 新着記事
    ジャガイモの収穫作業
    かぼちゃの出荷作業
    秋の訪れ
    悲哀のひまわり
    (我里は 月と仏と おらが蕎麦)一茶
    初夏の風景 真夏の夢
    牧草ロールのある風景
    夏の北海道に雪だるま!?

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニセコ・北海道特派員

      ニセコ・北海道特派員
      寅さん
      10数年前に神奈川県からニセコに夫婦で移住。以来、ワイフと共に写真撮影、スキー、ゴルフ、コーラス、家庭菜園などを趣味として、田舎暮らしを愉しんでいます。ニセコは海外から訪れる人達も年々増加しています。羊蹄山麓やニセコ連峰を中心に、ニセコ地域の自然の移ろいや、人々との交流をご紹介できればと思っています。 DISQUS ID @disqus_nItAZzBWjM

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集