海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/小笠原特派員ブログ

日本国内/小笠原特派員ブログ 村上義弘(よっしー)

日本国内・小笠原特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

fe991b3d-s.jpg


小笠原の父島にいらしたら

ぜひ訪れてほしいところがあります。


それは

ウェザーステーション。

三日月山展望台とも呼ばれます。


ここは小笠原一の、

いやひょっとすると日本一の

夕陽の名所です。

e2a5093b.jpg


ウエザーステーションとは

ちょっと変わった名前ですが、

ここに以前気象観測所があったので

こんな名前がついています。

夕陽ウォッチャーの方は

父島の北西にあるこの場所に

ぜひ行ってみてください。


父島の中心部からだと

歩いて30~40分ほどかかります。


もし可能ならレンタルバイクで行くと良いでしょう。

そしてこのウェザーステーション、

夕陽のほかに野生のクジラが生でウォッチングできます。


小笠原には冬~春にかけて

ザトウクジラが回遊してきます。


このクジラたちのジャンプやブロウ(潮吹き)などが

このウェザーステーションから見ることができるのです。


クジラは冬~春限定ですが、

夕陽は一年中ウォッチングできます。

ラッキーな方は

夕陽が水平線に沈むとき緑色に光る

グリーンフラッシュが見られるかも!

5cfc85a1.jpg


この三日月山展望台(ウェザーステーション)は

島民にも愛される素敵な場所です( ◠‿◠ )

980099fc.jpg



2017年8月 9日

hana2.jpg

前回は小笠原諸島へのアクセスは唯一、船しかなく、
しかもそれは24時間かかるというお話をいたしました。


これで行く気を無くした方もいらっしゃるかもしれません。


僕の知り合いも

「24時間も船に揺られる自信がない」

ということで、まだ来島していないです。

でもね、
去年までは25時間30分かかったんですよ。

今は船が新しくなり、パワーアップして

25時間半がなんと24時間に短縮されたのです!


え?

あんまり変わらない?


まぁそれはさておき、

小笠原へのアクセスのすごいところは所要時間だけではありません。


なんと唯一の船便が、

週に一便しかないのです!

つまり小笠原に人や物資が来るのは

週に一回ということ。

これにより、小笠原旅行は最低約一週間は必要になります。


2泊3日で小笠原とか日帰りで、なんてことは絶対できません。


今の日本の会社で、一週間まるまる休みが取れる方は

どれだけいらっしゃるでしょうか。


小笠原旅行がちょっと遠ざかりましたか?

○アクセスは船だけ、

○所要時間は24時間、

○船便は週に一便だけ。


こんなにハードルが高くても

この島にはたくさんの観光客が来て、

リピーターになる方も多いのです。


なぜか?


では次は小笠原諸島の魅力について語ってみます(^^)

021.jpg


2017年7月25日

hana.jpg


こんにちは!
小笠原諸島父島の特派員に任命されました、よっしーです。
どうぞよろしくお願いします!


さて小笠原諸島はもちろん日本国内なのですが、
ちょっとビックリするようなことがたくさんあります。
まずひとつは・・・


小笠原は地球の裏側ぐらい遠い!


ということです。


日本なのにどういうこと??


小笠原に行くには東京から船に乗ります。
おがさわら丸という船ですが、これが24時間かかるのです。


ogasawaramaru.jpg



⇒続きを読む"小笠原って地球の裏側より遠い?"

2017年7月20日
⇒すべての記事を見る

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 小笠原特派員

    小笠原特派員
    村上義弘(よっしー)
    20代に世界を放浪し、2001年から小笠原諸島に移り住む。父島で海と山と星空のガイド「たびんちゅ」を営みつつ、小笠原の大自然から教わったヨガを伝える。一年のうち2ヶ月は旅するという根っからの旅人。たびんちゅHP

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集