海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/岡山特派員ブログ

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


1.片上鉄道の鉄橋が残っている。IMG_3607.JPG


廃線となった片上鉄道が自転車道として復活した片鉄ロマン街道を歩いています。今回は駅から歩いて15分程の和気富士登山を楽しんでみましょう。
片鉄ロマン街道沿いに歩いて行くと金剛川に出ます。ここにかかる橋は、かつて片上鉄道の鉄橋でした。鉄橋の上、といっても今では橋を渡っている気分と変わりはないのですがね!


2.神社まで登っていく。IMG_3563.JPG


街道を外れて登山道へ。民家と民家の間の狭い道を歩くと赤い鳥居があります。
この鳥居をくぐると最上稲荷へと続く石段が始まります。


3.一般向けコースを登る。IMG_3569.JPG


石段を登りきり、神社に到着したらコースのルート案内図がありました。
あらら、Aコース以外は上級者コースですね。
普通のウォーキングシューズしか履いてないのでお手軽Aコースを選びます。


4.冬でもこんな感じ。IMG_3571.JPG


ここからは登山っぽい道になります。
冬でもシダ類が青々としています。歩きやすい道です。


5.吉井川と金剛川の合流地点。IMG_3573.JPG


展望の良い所で吉井川と金剛川が合流する地点を見降ろします。
山陽自動車道が東西に貫いています。
ここから、しばらく登ると和気富士の山頂です。


7 和気富士に到着。昔は城があった。IMG_3574.JPG


山頂に着きました!北曽根城という山城が戦国時代には建っていたようです。
石垣や廓などの遺構はあまり残っているようには見受けられませんでしたが
詳しい人が見ると興味深い場所なのかもしれませんね。


6.12.01.22-006 ふじみ橋を渡る。IMG_3560.JPG


この山が和気富士と呼ばれるのは、和気駅側から見た姿がこのように富士山に似ているからです。さて、和気富士の山頂から次は観音山に向けて歩きます。和気富士の北側は山々が連なり、最高峰の神ノ上山にかけての稜線を和気アルプスと呼んでいます。


2019年2月11日

P1063224.JPG


かつて備前市片上から柵原町まで片上鉄道という路線がありました。
柵原鉱山から採掘される硫化鉄鉱の輸送を主目的に開業しましたが、鉱山が閉山となったことから利用者が減り
沿線自治体などにより鉄道存続が模索されましたが、経営は改善せず廃止となった鉄道です。


2.JPG


地図で見ると、このような路線でしたが、今は片鉄ロマン街道として残されています。
風情のある田園風景や鉄橋を超え、和気町に入ると清流吉井川に沿うように走っています。
今月はこの片鉄ロマン街道を歩きながら街道沿いのスポットをご紹介します。
そうそう、自転車はJR和気駅や途中の鵜飼谷交通公園でレンタルすることもできるのでお手軽にサイクリングが楽しめます。


和気駅から金剛川の鉄橋を渡り、正面の和気富士を見ると先月ご紹介した題目岩も見えます。

4.JPG


この辺りは駅に近いので、民家の間を縫うように道は走っています。


4.JPG


マイ自転車を持ち込んで本格的なサイクリストですね。

5.JPG


山際に張り付くように建った建物が見えますね。
あれが和気観音です。
観音山の中腹にあり付近には和気富士、穂高山、竜王山、神ノ上山とあり
これらの山は縦走ができるので和気アルプスと呼ばれています。
人気のある山のようで県外からも登山者がやってきます。
次回はこの和気富士から観音山の山歩きをご紹介しますね。



2019年2月 1日

1.JPG
和気町で、ぜひともご紹介したいお店が「ピザキング」というピザ屋さんです。
日曜日の昼時はパーキングが満車なので時間をずらして2時ごろやって来ました。

3.JPG

外でも食べられるようにテーブルがセッティングされています。
イタリアンというよりアラビアな雰囲気のある設えです。
この日は風も強く寒かったのでここでは誰も食べていませんでしたが
ここのオリーブの花でお花見をしながらというのもいいですね。

5.JPG

店内に入ってまず目に入るのが、黙々とピザを作っているご主人と
その後ろで赤々と燃えている石窯です。

6.JPG

異国情緒あふれるインテリアも凝っていますね。
奥さまに聞いたらご主人はイランの方でこのインテリアもイラン風にまとめているとか。

7.JPG
イランというとペルシャ絨毯くらいしか思いつかないけど
電球の周りをワイヤーでグルグル巻いた照明も存在感があります。
「どこでもお写真をどうぞ。」と言われ物珍し気に眺めまわしました。

9.JPG
一つで二種類のピザが楽しめる
ハーフ&ハーフ:スペシャルとシーフードを頼みます。

10.JPG

出来上がったピザは、お皿からはみ出さんばかりの大きさです。
コストコのピザよりも大きいかも!
でもクリスピータイプなので2人でペロッと食べられます。
夫はモッチリした端の部分が気に入ったみたいです。

12.JPG

シーフードは海の幸が色々とのっています。
1枚で2種類のピザが食べられるのが嬉しいです。♪
もっちりとした生地で美味しい~。

11.JPG

スペシャルはサラミ、オリーブ、ピーマン、玉ねぎ、チーズ、ソーセージ。
どちらも美味しかったけど、野菜が美味しくてこちらに軍配を上げます。

13.JPG

飲み物もジョッキのようなたっぷりサイズです。
ピザ以外ではグタンメニューが豊富で次はこちらも食べてみたいです。



2019年1月28日
2019年1月17日
2019年1月10日
2019年1月 2日
2018年12月30日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都別府和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集